fc2ブログ

食べたくない…けど、食べられたくない!

ロン爺ちゃんは、
この頃、食欲がありません。・・・


食べたくない・・・って顔されます・・・

少し前までは、ちくわとご飯タイムが異なっていたので、

ちくわの眼の届かない場所でロン爺ちゃんにご飯を上げていました。


でも食べたくないとなったら、朝も昼でも夜までも食べたくないんです・・・



食べないと痩せるし、現在も充分痩せているのに・・・



どうにか食べさせたくて、おいしいおやつを一緒に入れたりしていたのですが、

ロンの一番嫌な事すれば食べないではいられないだろうと
始めた2頭のご飯タイムは、

何でも食べたい食欲旺盛なちくわの目の前で
食べたくないロン爺ちゃんを一緒にして食べさせることにしたのです。


最初はちくわが圧倒的に早くご飯が無くなります。

ロン爺ちゃんはそれでも食べたくないので、座ったまま・・・


でもご飯の前から動きません。

別な所で食べさせている時は、
食べたくないと、すぐご飯をほったらかして何処かへ行ってしまうのですが・・・


じっとロン爺ちゃんは動きません。


そう・・・

ロン爺ちゃんは、自分が動くとちくわに取られてしまうと思っているのです。

食べたくないけれど、ちくわにだけは取られたくないのです。
食べられたくないのです。


5分以上、ちくわも動きません。
ご飯の入った容器から目を離さないちくわ・・・

座ったまま、動かないロン爺ちゃん・・・

険悪な雰囲気に感じられるでしょうが、
そうではないんですよ。

ちくわも距離を持って立っているし、うなったり吠えたりしないし、

ロン爺ちゃんもうつろな目でボーッとしたままなのです。

でもね、この2頭がケージ越しだからそうなんだと思いますけどね。
自由になっていたらこの状態は相当危ないですよね。・・・




10分後、ロン爺ちゃんはしぶしぶご飯を食べ始めました。


私:しめしめ・・・・・・食べ出したわ・・・

ゆっくり  ゆっくり食べる・・・


この2頭はケージ越に居るので、
ちくわにご飯を食べられてしまう事はないのですが、

ロン爺ちゃんは、食欲ないけれど、
食べられてしまうと思っているようで、
頑張って今朝も完食しましたよ。



ちくわのお蔭で、この作戦でロン爺ちゃんは生きて行けます。


ちくわ、ちくわは辛いだろうけど、
毎回ロン爺ちゃんがご飯食べてくれるように
見守っていてね。





ロンと奇妙なドライブして来ましたぁ~

今日は、昨日の強風と打って変わり、
穏やかないいお天気。


今年のお彼岸のお参りに急遽出かける事にしました。

今日行かないでいつ行く!

「今でしょ!」

って、テヘッ

あのコマーシャルの方、
この頃静かな物言いのコマーシャルに変わりましたけど、
最初の方がインパクトありましたよね。

ま、色々、苦情があったとやら聞いています。。。


とやかく言っている間にロンを連れて
さぁ、シュッパ~つ(出発)



所が、いつもの下痢が始まってしまいました。・・・・・
出がけに、もっこり、普通便を出してきたばかりなのに。・・・




出がけに、下痢だけは勘弁よ・・・お願いだよ・・・とロンに
頼んだのですが、出てから10分後に、大量の下痢・・・

車を止めて処理。・・・



まだ本通りに出ていなかったので良かったです。


そして結構車が走っている国道を走って、約10分。

実父のお寺に到着。

ドアを開けると・・・

またまた、下痢便を発見・・・


どうしてなのぉ~  お母さんそばに居るのに・・・


そして、再び、20分のドライブ、

雪が融けて水しぶきを上げる対向車に一瞬目前が泥水で見えなくなる・・・

ワイパーを掛けながらの走行になって、

真剣な運転になった。・・・

ラジオはかかっているものの、私は一言もしゃべらず
我家のお寺に到着。


ドアを開けた途端、
大量の下痢便が再びあった・・・

う・・・ん・・・・どうしてなのかなぁ・・・





これなら置いてきても同じことだったかもしれないなと、
後悔した・・・



でも持って・・・

運転中は無口になるお母さん・・・

私が背中を向けて運転している姿はロンには見えていないんだよね・・・

これは、駄目よね。


詳しく書くと、
私の車の後部座席を平らにして、
ゴムマットを敷きつめていて、
そそうをしても大丈夫な状態にしているんです。

そして、運転席にも入って来れないようにガードを張っています。

ロンは度々そのガードに手を掛けて、私の顔を覗きに来ていました。
「お母さんいるんだね」みたいな顔してましたよ・・・


ロンは小さな時から車酔いはしないので、良く乗せてあるきました。

でもこの所めっきりそんなドライブ的な事も無く、
病院行くくらいしか乗せていませんでしたので、
また病院かと興奮するんですよね・・・


今日も、何度となく、「病院じゃないからね~」と
声をかけていました。


でも、何度も下痢便状態なので、

帰る時にどうすればいいかと、少し考えたんです。・・・



・・・



そうだぁ、

帰り道の30分、ずっとロンに話しかけて行こうって。

キット、私が無言でいるから家にいる時と同じ
留守番状態になるのだと思ったんです。


でもさ、何話そうかな・・・


何でも構わない、歌を歌ったり、
ロンとボブの想い出話などもしてあげたりしていたけれど、
話が途切れて、こりゃいかん・・・
この頃は、走ってから10分を過ぎていました。

何でもなんでもいいから話をしてやらないと、また下痢するかもしれない。
いや、もう下痢しているかもしれないよね・・・


でも確認は出来ないから、
話は途切れない様に続けないと。・・・

変な歌を歌って見たり、誰も居ないんだからなんだっていいさ!
私の声を聞かせてやれば絶対下痢は止まる。と
信じて、話し続けていました。


30分間、相手から帰って来る言葉も無い会話のつまらなさ・・・

「ロ~ン、何か言ってよぉ~」って何度言っただろうか。


そんな話をしていると、
ロンは、ずっと、私の方を見ていました。

そうなんです。

斜め後ろの助手席側の後ろに立っていて、
椅子の間から私の姿を確認していたようで、
ずっとそこに立っていました。
調子はよさそうな顔でした。

行きは、運転する私の真後ろにいて、私の姿は見ていなかったんですよ。



いつも下痢はしていても、具合が悪そうではないのですが、

今日はそれにもまして、
眼が生きいきとしてましたよ。

この顔は、大丈夫だよね。




自宅へ着き、後部座席へ目をやると、
何処にも下痢した痕跡はありませんでした。

やっぱり!!!

ずっと、私がここに居るよと主張していると、
ロンは安心できるんだね。

そっかぁ~


でもさ、一人おしゃべりは疲れるよぉ~


今年の春のお彼岸のお寺参りはこれにて無事終了しました。

ホッとひと安心。・・・

本当に疲れた・・・

最後になりましたが、
ロンの下痢便は、なぜか、

なぜか、臭いの無い物なんです。

始めは少しはありますけどね、
回を重ねると、ほとんど臭いがありません。

私、臭いには敏感な方ですよ!



普通の下痢便って臭いは酷いですよね!

そんな臭いだったら、車のような
密室の中で3回も4回もされていたら、
死んじゃうよ、臭くて

でもそうじゃないんです。


これってなんなんだろって思っちゃうよ。・・・


ロンの優しさからでしょうか?

家で下痢してもそうなんですよ。
下痢下痢って汚い話で本当に申し訳ありません。


老犬介護

ミニチュアダックスのロン爺ちゃんは、
体調がよく元気だったのですが、

以前から私が留守をすると、

血混じりのゼリー状下痢が続き、翌日まで影響していました。


留守と言っても30分から4時間ほどといつもきまっている訳ではないのですが、

家族の話によると、

短時間でもダメなようです。

先日は、私が出かけるまじかに、正常な便をしたので、

今回は下痢はしないと思うよと家族に告げて、
3時間ほど留守にしたら、
携帯にメールが入って、

「下痢が酷いから早めに帰宅して!」

と・・・・・


帰宅したら、下痢は8回ほどあって、
まだ収まっていないようだと言うので、

あちこち見て回っていると、

少量の下痢を4か所・・・・・


そうなると12か所・・・・・。


そして、翌日も昼頃まで下痢が続いていました。



家族には、こういわれました。

「ロンが死ぬまで出かけない事だね」

って・・・



それからは、買い物は、30分以内、
友達との映画は止めにしました・・・

ずっと行けないかもしれないと話しました。

ロンが居なくなるまでね・・・


明らかに、私が留守になると始まるゼリー状血便・・・

少しでも安らかに迎えさせたい老後なので、
私は我慢しようと思っています。

私の仕事は、自宅で出来る事なので、問題はない。
趣味は昨日書いた、多肉植物とサボテン栽培。
これも自宅で出来る事。

ロン、何も問題ないよ。
お母さんはいつもそばに居るよ。





ロンの震え

今日は朝から良いお天気で、
朝7時に本日最低気温の-13.9℃を記録しています。

雪がやむとやはり寒さは戻って来ます。・・・

3月ですが、例年通りの寒さなんですからびっくりしないです。


ことろで、先週歯槽膿漏を再発したロン爺ちゃんですが、

1週間薬を飲み、化膿した鼻汁は先週から比べると、
随分良くなっているようです。

クシャミもあまりしないので、鼻汁を垂らしている事を
確認していません。

でも薬は少し続けなければ、また悪化することは目に見えているので、
天気も良くなったので、

今日午前中に再診。


1週間の様子を告げると、
薬を継続するように言われて14日分もらってきました。


その際、ロンの 震え の事をお話ししました。

酷い震えが昨晩あった為です。

多少の震えはこの1週間何度かありましたが、
昨晩は酷かったんです。


犬が震えを起こす時は、痛みが大いに関係すると言われているので、

歯茎からの痛みなのではないだろうかと先生に相談しました。


歯茎から出血など確認していませんけど、
ご飯の硬さを嫌がり、

もっと   もっと    もっと・・・  と

ロンはドライフードの方さ調節を私に要求します。

以前の元気な時にポリポリ音を立てて食べれたドライフードが、今は

すりつぶしているのですが、

あまりペースト状にすると、皿にこびりつき食べずらい為、

少し水分をくわえて、乳鉢ですりつぶして与えています。


その硬さを、私は、先週1週間の震えている状態を考えて、
調整していました。

全く震えていない時には、硬いままでも、
ゆっくりですが食べるのです。

その食べ方が、皿の前に座って動かない時は、

「少しすりつぶしてあげようか・・・」

ロンの前に置いても、座ったまま動かない・・・

「もう少し柔らかい方がいいの?」

また置いても、食べない・・・
でも座ったまま動かない・・・

「もっと柔らかくするのぉ?・・・」

と、今朝は3度に渡って柔らかさを要求するロン爺ちゃんでした。

それでも、1年前の食欲の無い時のペースト状ご飯より、
硬めでした。


全く食欲の無い時は、
皿を見ても臭いさえ嗅ぐ事も無く、無視されるんですよ。

でも今朝は動かずご飯の前に座っていたので、


『こりゃ、食べたいけど、硬いんだぁ…』って分りました。


歯槽膿漏の経過は一進一退だと思います。

薬で抑えているだけなので、
痛みで震えが止まらない程辛い時には「とん服」をもらって来たので、
飲ませてあげようと思います。

ロンの様子

ロンは化膿止め薬を飲み出してから4日目。

鼻汁は少しだけ・・・
クシャミすると出ている。・・・


薬の副作用?もあるのか寝てばかり・・・

昨日は、朝ご飯=食べない
    犬用粉ミルク少々溶かして飲ませる。
    昼にバナナ小1本
    夜ごはん=全部食べる(ドライフード20g)


小刻みに振るえが止まらない事もある。

多分そんな時は痛みがあるのだと思う。



「具合が悪いの?」

と覗きこんだらしぶしぶ目を開けた・・・

ご飯も食べられないことが多く、
この際何でも食べられるものをと、昨日バナナを差し出したところ、

むしゃむしゃ食べてくれて、小さな物を1本も食べた。

いいよいいよ、食べたほうがいい。

それから30分後に少し吐いた・・・


人間にしたらロンは73歳くらい・・・


具合悪そうに泥のように眠っている事が多く、
水飲む時とトイレ以外は寝ている・・・

今朝も朝ごはんを食べないので、
バナナを半分。昨日1本食べて吐いたので、少な目で。。。


でも、急に走り出したり、
ソファに簡単に上がる事も出来て、

ほとんどソファの上で眠っています。

食べれるものがあったら何でも食べらせ、
少しでも体力を維持できるように注意して見守っています。



ロン爺ちゃん、再発したようです・・・

●本日2度目の投稿です。

やはり、午前7:00 -15.3℃もありました。(本日最低温度)



ロンは今年に入ってからくしゃみをすることが多くなっていました。

IMG_8467.jpg


1年前の歯槽膿漏からの鼻汁を恐れていましたが、

昨日、くしゃみと共に鼻から飛び出した汚物は、
黄色い化膿した鼻汁でした。・・・

再発したようです・・・

昨日から食欲もなくなりました。・・・



硬いごはんもガムも食べれていたのに、
やはり歯槽膿漏は免れない状態だったのでしょう・・・

どこの歯がそうなのかも確認できないまま
昨年の今頃抗生物質を3ヶ月飲ませて、
どうにか抑えていました。

この時は鼻先が太くなるほど腫れもあったのですが、
今回はそこまで行かない内に病院へ行って来ました。

抗生物質の薬を飲ませる事になりました。

鼻汁が出ていなかったので、病理検査もせず、
昨年と同じ薬をもらってきました。

ちくわが来てから、元気になっていたのは嬉しい事だったけれど、

命が長らく事は、他の病気のリスクも高くなり、
その分辛い老後を送らなければならなくなるのを恐れていました。

先生は、
歯槽膿漏の歯を抜く手術もあるけれど、
高齢だから麻酔のリスクもあると・・・

ロン爺ちゃんは、
腎臓や肝臓も検査すると数値は高いはず・・・

でも、先生には、
手術もしたくない・・・
内臓関連の延命処置は出来る限り避けたいと話しました。


今、この鼻汁(歯槽膿漏)だけの治療をお願いしたのです。


犬は、鼻が詰まると、呼吸が出来なくなるというので・・・。

ロンは左だけのようですが、
両方に及ぶことも考え、呼吸困難にならない様治療していきます。

寝息が小さいイビキのようで、鼻汁が影響していると思います。


ロンの寝床

IMG_8467.jpg



皆さんには初めて公開する場所。。。

ここは私とロン爺ちゃんが寝るベットです。
ベットは、マットだけの物なので、足の短いロンでも登れます。


いつも私と寝る場所・・・
インコさんの夜の世話をするときに
一緒に連れてくるのですが、
せっかくきちんとしている毛布とタオルケットを、
結構な力でゴソゴソと丸めて
自分なりの寝場所を作ってしまうんです。

ま、後から壊してしまうのですが、
少しの時間、
自分なりの寝やすいかっこうにさせておきましょうかね。。。

綺麗な土手のような物を作るのですよ。



ロンは寝相がいいですが、
私が非常に寝相の悪い女なので、
毛布はダブルサイズ。
たまにロンに半分持って行かれたりします。



ごそごそごそ・・・

ロン:こうやって、ああやって・・・
 寝やすいようにね・・・ゴソゴソ・・・


IMG_8498.jpg
IMG_8501_20130213204553.jpg


ロン:お母さんお先にお休みぃ~


インコさんの世話が終わったころには
ぐっすり眠っている事が多いので、
そのまましばらく寝かせておくんですけど、
必ず起きてくるので、少ししてから見に行くんですよ。

ちなみに、寝る時は、いつもこの薄い毛布とタオルケットだけで
ロンと寝ています。
ロンは暖かいので、これで充分なんですよ。
布団は掛けて寝たことが無いです。

ロン爺ちゃん絶好調!

IMG_7632.jpg

ロンはあれからずっと、硬いフードをポリポリと
齧って食べています。

そして、ガムもね!



食欲もあって、体調は今までにないほど絶好調の様子です。

留守して帰宅すると、
すごく喜んで出迎えてくれるのでびっくりします。

何だか夢みたい・・・

ほんとにこのままいつまでも元気で居てほしいな。


血が出て当たり前だった…

IMG_8156.jpg

一枚目の画像で、前足で支えて立っている「ガム」の
先端、噛んだ部分には”血”が付いていませんよね。
若いワンコでは当たり前の光景ですが、
歯周病のロンが噛むといつも真っ赤に「血」で染まりました。



綺麗な噛み方を見るのはとってもも久しぶり・・・


ロンが手に持っている物は、
ワンコ用の通称、「ガム」
噛むことにより、ストレス解消や、歯周病予防、ご褒美などと、
ワンコにとってはとても楽しみなものなのです。

しかし、この数年、ロンがこのような姿でガムを夢中で噛む姿は見ていませんでした。

その理由は、歯周病です。
14歳になったワンコには、普通に起こる歯の病気ですよね。・・・

1年前、歯石取を考えたのですが、
麻酔を掛けてしなければならない事を考えると、

「高齢」という壁が立ちはだかっていました・・・


先住犬が、歯周病で突然に
鼻血が止まらなくなり、
夜間緊急手術を受けたことがありました。

その際、歯周病が悪化していて残っている歯のほとんどを抜く手術をしたのですが、

鼻血の原因の部分である犬歯は、抜いてしまうと
鼻の孔と通々になってしまう為、出血を止める事が出来ない可能性が大であり、
傷がふさがらないと言う理由で抜糸が困難でした。

この時、自宅の車で病院まで出かけて行く10分の間に、

数十回のクシャミで車内は「血吹雪」状態に陥り、
病院の待合室も血だらけ、他の待っているワンコや飼い主様にも
多大なご迷惑をかけてしまいました・・・

そんな経験を持っているので、
ロン達ダックスには2年~3年に一度の歯石取をしてきました。

でも歳には勝てませんよね。・・・

増して、ロンは噛むことが面倒で、
同僚が噛んでふやかしたガムを横取りして、
噛むのが目的なのに、食べるだけ・・・と言った
「ずる」をする仔でした。

それで、この5年ほどは、

ガムは興味のあるものだけれど、噛みたくない。。。噛めない・・・

見るだけ・・・眺めている事しかできなかったんです。

そして、ご飯もすりつぶした柔らかい物しか食べてくれませんでした。

毎食、乳鉢でつぶして食べさせていたのです。

歯石予防の為、気休めでもいいからと2年前から始めた

 「 リ ー ○ Ⅲ 」 

これも今回の歯周病治療に役だっているかもしれません。
スプレーするだけの歯磨き液です。
スプレーして歯磨きすればなお効果的と書かれていますが、
黙っていても痛いようなロンの歯茎には、私でも触らせてくれませんので、
スプレーしているだけです。



今日のガムを齧る2日前の事。

ちくわは毎日ガムを齧るのが楽しみで、楽しみでなりません。


ロンは齧れないのに、欲しがります。
ちくわが齧る所を黙って見つめている事がしばしばありました。
ちくわは取られるかと思って怒りますけどね。・・・



「ロン爺ちゃんは食べれないけど、あげるよ…」と、

その日もくわえて持って行き、
伏せして眺めるだけだろうなと思って与えていました。


そしたら噛み出したんです。

ま、すぐ止めるだろうと思いました。いつもそうですから。
硬い物を噛むと、血が出て当たり前・・・

噛み出したガムはみるみる血に染まって行きます。

歯周病だから硬いガムなど齧ると、真っ赤に染まってしまうのです。

そうなるともう齧るのを止めてしまいます。

痛いのでしょうね。。。

噛むと痛い=痛いから噛めない=噛みたくない・・・
そんな体験をしてきたロンでした。



所が、その日は出血しているのにお構いなしに噛み続けておりました。

必死というか、このまま齧っていると、歯周病も楽になるのではないかと
思えるほどの勢いで齧りついていました。

そして、齧っている血だらけだったはずのガムが、
真っ白になっているではありませんか
出るだけ出た血は止まっていて、齧るのを楽しんでいる様子でした。



この様子は、本当に信じられなくて、
昨日の朝はいつも通り水分も入れて乳鉢で砕いて柔らかくして食べさせたのですが、

硬いままでも食べれるかもしれないと思い、
夜ご飯を半々に与えて見ました。

なんと、音を立てて噛むではありませんか

そして今朝のご飯は100%ドライフードを見事完食したんですよ

驚きでした。

ポリポリとおいしそうな音を出して食べましたぁ~。


IMG_8190.jpg


IMG_8167.jpg


日に日に元気が出てきている「ロン爺ちゃん」

またまた、命が長くなりそうですね。



お腹を壊したロン

IMG_7632.jpg


ロンの体調が悪いです・・・

病気というよりも、お腹を壊したようで…

この所体調が良かったので、少しだけご飯の量を増やしていた矢先でした

体重が昨年の同時期より1割も痩せてしまったので、
体調の良い時に少しでも元に戻れたらと思っていたら・・・

昨日の朝から食べたがらなくなっていました。
今朝も半分食べるのがやっと・・・
夜は一口がやっと・・・

その一口食べた途端、バタバタと駆け出して行った・・・

やっぱり・・・

下痢でした・・・


嫌々食べている感じだったこの2日間。

私が、「ねぇ・・・食べてぇ~」と座ったまま離れないのをロンは、
恨めしそうな目で私を見上げていたんです。
ロンも綺麗にご飯を平らげると私が喜ぶことを知っていましたから・・・

ロン:食べれないんだよ お母さん・・・


夜は、そう言いたげでした・・・


調子を崩すと、食べなくなるのはロンは自分自身で直そうとしているんだよね。

お腹を壊したら、1日2日食べないのが一番効くんだと
ロンは知っているのよね。


お母さんは、ロンが食欲なくなると、悲しくなるので、

ロンは、私の顔色を伺いながら無理して食べてくれていたんだよね。


ごめんね・・・


こんな事、何回しただろうね。。。


食べていてくれさえすれば元気なロンで居てもらえる。・・・

食べてくれれば安心できるって思うお母さんでした。


ロンのお腹の調子をもう少し早めに気がついていれば、
絶食しなければならない程具合悪くさせなくて済むのにね。。。

ロン、ごめんなさい。気を付けるからね。

”わかもと”(整腸剤)を飲ませました。



効くのよね・・・

≪PREVNEXT≫
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

◆軽くて清潔な用土の販売◆

セントポーリアを植えるなら
"軽くて清潔な用土”

     出品中の商品はこちら

メルカリ 在庫なしです。
ヤフオク 在庫なしです。
◆次回の販売予定は、未定です。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
セントポーリアライフ(YouTube動画) (150)
2021年春出品品種のご紹介(キメラ) (2)
2021年春出品品種のご紹介(普通種) (8)
2021年春出品品種のご紹介(セミミニ種) (11)
2020年 出品予定品種のご紹介 (32)
セントポーリア:開花株のアルバム (1)
セントポーリア:ガール葉品種 (28)
▲セントポーリア(全般) (1476)
管理人の日記 (260)
熱帯魚 (119)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (29)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介 (1)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (53)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (24)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (15)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (16)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (3)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (12)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (14)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (9)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (109)
ミニチュアローズ (29)
★ 蘭 (19)
●サボテン (80)
その他の植物 (17)
●多肉植物 ハオルチア属 (15)
●多肉植物 全般 (487)
●多肉植物:セダム属 (26)
●多肉植物:コチレドン属 (14)
●多肉植物:アエオニウム属 (3)
●多肉植物:パキフィツム属 (2)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (6)
すい臓癌 (115)
苔 (1)
膵頭十二指腸切除術をされた患者の食事 (9)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (16)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
その他アクセサリー (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (103)
ネックレス(トップ付) (3)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (0)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (41)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (199)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (5)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
食道がん (40)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア

当日&前日の訪問者数

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。
◆YouTubeで『セントポーリアライフ』を投稿中です。
ブログのカテゴリのトップに置いています。

ご訪問ありがとうございます。
解析中
おすすめ
おすすめサイト
同居のパートナー
IMG_20200114_065359_20200620185032790.jpg (2020.4月 画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな男の仔です。
お迎え日:2012.8.20
◆我が家の6頭目
2021.6月現在6,000g!
太っている訳ではないのです。
2017.11月より療法食開始!
アレルギーを持っている。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い!
弱点 : 硬いものが苦手
犬用ガムが噛めません。…

DSC026260.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
我が家の9羽目で最後のインコ。
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
いつも、YouTube動画の
”セントポーリアライフ”で
お騒がせしております。<(_ _)>
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…
◆ブログ投稿がある見送った仔達◆

IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。
8歳2ヶ月 2019.12.30亡
IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。
9歳2ヶ月 2018.1.24亡
IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ 
オスと同居経験がないのに
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い仔でした。 8歳2ヶ月 2017.7.28亡
IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
おしゃべり上手で
長いお話でもすぐ覚えて
くれる仔でした。
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命2ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる。
ジステンパーに罹って捨てられた
ようで発作が多発し薬を飲んでい
ました。

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
チャッピのジステンパーが移り、
4ヶ月で亡
治っても、移るようですね。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示