FC2ブログ

セントポーリア:AE Chimera of Destiny=AE キメラ オブ デスティニー 開花から2週間後


⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。

2020.4月 
バイオレットバーンより輸入

Russian hybrids=ロシア産
AE Chimera of Destiny
AE Khimera Sud'by)
AE キメラ オブ デスティニー
非常に珍しい花


◆栽培環境◆
◆スチール製の棚で、ビニールは掛けていません◆
◆置いている場所は、棚間隔45cm LED10Wの真下です。◆
◆日中から消灯時まで扇風機を常時微風で作動中◆
◆底面給水マット栽培◆
◆使用中の肥料◆ ピータース各種


初開花してから2週間経っていますが、花数は8輪まで開花してきました。
先日花に薬を掛けてしまったため、中央部分がもうだめですね…

8輪の花茎は取り去りましたが、まだ開花は続いていて、ストークは2本大きくなっているので、
咲かせますが、初花開花では正規な花姿は一輪も確認できませんでした。

次回の開花が何月になるか分かりませんが、全て咲かせないうちに終わらせようと思っています。
このまま咲かせ続けているとまだ半月以上かかりそうですから・・・。

DSC03705_20200705201421433.jpg

咲き進むうちに、古い花は、色がボケ、斑点模様も見えなくなりそうです。
花弁の淵には、大きく波打ったフリルが入り、とても大きなお花なので、
たった8輪しか咲いていないのですが、株の半分が見えなくなるような咲き方でした。
この品種は、花数が少ないのかもしれないですね…
外側にあった葉でしたが、大きくて元気そうでしたが、葉挿しをした新芽の数は、1芽と2芽で、
新芽の数も少なめでした。

やはり高額な株は、増やすことが簡単には出来ないということですね。

植物全般に限らず、生き物全部がそうなんですよね。
成育旺盛で、簡単に育てられて、楽に増やせるものは、お安く世に出ますものね…

名前に”キメラ”と入るスタンダード品種は簡単じゃなかったですね。

葉挿しをして得た新芽の育ち具合はどうなりますか・・・。




DSC03709.jpg

DSC03710_2020070520142485f.jpg




◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



セントポーリア:普通種 LE Adventure = LE アドベンチャー(LE Ovantura)

⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。




LE Adventure 
LE アドベンチャー
(LE Ovantura)
スタンダード品種
葉の色は明るいグリーン
花色、薄いラベンダーに濃いラベンダーの不規則に入る、吹き付けと、
流れるような縞柄が入る。
半八重咲
多花品種
  Ukrainian/Russian  ウクライナ種


ウクライナ/ロシア作出株には、なぜか二つの名前がある品種が多くあるのですが、
どうしてでしょう・・・
この株も、二つあるようで、どちらの名前で検索しても、
2つの名前が並んでいるので意味が分からない・・・。

購入時の名前は、タイトル通りです。
LE Adventure = LE アドベンチャー として購入したのですが、
苗状態で購入したので、どういう花が咲くのかとネット検索していたら、
2つの名前が並んで出ていたというわけです…
う・・・ん? もしかして、どちらかが作出者の名前ってことですか?
()があるということは、作出者の名前かもしれないですね…
そういうことかしら・・・
でも、アバンチュール って… 名前なのかしら・・・
でもね、バイオレットバーンのロシア作出株にも、2つよく似た名前が()で記されているんですよね・・・
どうなっているのかしらね・・・
作出者の名前じゃないと思われるのですが・・・


ロシア作出株は、あまり情報が無いのです。
協会の登録番号もアメリカ産じゃないので関係ないようですし・・・。
ロシア作出株は、随分派手な花々がネットを騒がせておりますが、
本当に賑やかでド派手な色合いとか、咲き方もですが、
セントポーリアらしくないほど派手過ぎです。

しかし、株姿があまりきちんとまとまらない品種が多いような気がします。
お行儀が悪い株姿になってしまうのは、私の育て方が悪いからなのかしら・・・と。。。
ほとんど、葉に斑入り柄が入らないものが多いですので、
株姿を重視していない、花だけを重視しているかのように思えます。

斑入り柄の好きな私は、ド派手な花も、斑入り柄がほとんどない株姿にしても、
ちょっと不満がありますねぇ・・・

今年新しく手に入れたウクライナ/ロシア作出株はまだありますので、
順次ご紹介いたしますね。


DSC037240.jpg


葉が凍傷の後遺症のため、茶色に変色しているところもあります…
それに、照明が、弱いのが好きなのか、強めが好きなのか最後まで迷わされた品種なので、
株姿を乱してしまいました・・・少々凸凹感があるのはそのせいでしょうね。。。

凍傷になった葉の位置が、
購入してから約3ヶ月になり、やっと一番外側の葉になりましたよ・・・
もうすぐ支障の出た葉は取り除けるかなぁと思っているのですが…

DSC03716_20200704205655251.jpg

左の外側の葉を一枚取りたかったのですが、
この葉を一枚取っても、全体のバランスは完璧にはならないと判断して、止めました…

DSC03728.jpg


この株は花茎が硬くてしっかりして短いので、沢山の花が咲いても持ちこたえられそうです。

DSC03726.jpg


初開花ですが、花数がとても多く、一番最初に上がった花茎からは、
11輪の蕾が付きました。
2本目が9輪あります。
現在見えない花茎も入れて、6本確認しています。
全ての茎に10輪前後つき全て咲かせるまで最初の花が待っていられないでしょうから、
満開の記念撮影はどうしましょうかね・・・。

DSC03720_2020070420394785b.jpg

こういう流れ縞のお花は、変化しやすいですし、
一輪一輪違う柄になるので、楽しい咲方でもあるのですが、
突然無地になったりもするので、”保険株”はきちんと作っておこうと思って葉挿しをしていたのですが、
あまり良い場所の葉ではなかったのに、1枚から5芽も出る状態で、
沢山葉挿し苗を育てていて順調に育っています。

花数の多さと、葉挿しの芽吹きの多さから、考える所は、

”強健種”でしょうね…
初花から10輪以上もの蕾を付けた花茎が出たの驚きました。
それに、ほとんどの株が凍傷に合っているのに、葉の淵に少々しか支障が出なかったというのも、
性質が強いという証拠のような気がします。
株の姿も、葉が硬めでしっかりしていますし、花茎が太くて本当にしっかりしていますので、
1本の茎に半八重の花が10輪以上も付けていたらどんな状態になるのでしょうね。
普通は一重でも5輪以上咲くと重たそうですけど、半八重ですよ…







◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^


にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村


セントポーリア:キメラ・ Funny Face = ファニー フェイス

今日から7月ですね…


⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。

私の棚にあるキメラで、株姿は乱れ気味で、凍傷の後遺症で綺麗じゃありませんが、
4月以降に花を見たキメラはこれが初めてです。。。

あとは全て凍傷に合わせて、クラウンカットで苗づくり・・・ですからまだまだ花は見せてくれません…

Funny Face
ファニー フェイス
普通種 キメラ
作出者 : LLG (Lyndon Lyon greenhouse)

◆栽培環境◆
◆棚間隔45cm LED 60cmタイプ 10W 16時間照射中
◆スチール製の棚で、ビニールは掛けていません◆
◆日中から消灯時まで扇風機を常時微風で作動中◆
◆ウイック式で栽培◆
◆使用中の肥料は ピータース各種◆



こちらの株は、YouTubeで凍傷に合わせてしまったと投稿している株と同じ日に到着したキメラなのですが、
幸運にも凍傷が軽傷であったため、中心も腐らず葉と咲いていた花が傷んだだけでした。
この時に咲いていたストーク挿しは、1週間も持たずに腐りました。

栽培経験がある品種で、結構私には失敗も多々ある栽培をしたという記憶があるので、
凍傷に負けなかった性質には少し驚きました。

葉がほとんど全面に凍傷の跡が残っていたため、醜い姿をしていたのですが、
約3ヶ月間の間に、多めに葉を整理して、2度目の開花になりました。
現在見えているストークは6本ありますが、花数が、2輪か3輪のストークばかりなので、
2度目の開花にしては少ないなと感じています。
株姿が大きくないので、普通の二度目の開花とは違うと思いますが・・・

4月に咲いていた傷んだ花は、きちんとした色合いで咲いていましたので、
残念なキメラではないはずなのですが、
今回の花期は、このような花が咲きました…
縞は入ったのですが、花弁の色合いが・・・ちょっと残念・・・

株姿は、少し照明がきつかったようで、葉が丸まってしまいましたので、照明を弱めています。

以前、何度も水やりで失敗しているので、今回はウイック式で育てています。



夏に咲いた花が過去記事から持ってきた画像ですので、
夏花ですかという話ではないのですよ…
凍傷という寒さに当ててしまって、変化してしまったということもない話ではないかなと思うので、
今後を注意深く観察していこうと思います。

北海道暮らしですけど、セントポーリアを凍傷に合わせた経験はないのです。
まして、キメラをそんなことにするなんて経験はないです・・・。
以前育てた時には、年中花色の変化は起きていないと記憶しているので、
今回の花色の変化が起きている原因が分かりません…

DSC03698.jpg

照明がきつかったせいで、葉が巻いてしまいましたけど、このごろやっと中央付近が平らになってきました。

DSC03701.jpg

DSC03697.jpg


縞で咲いてくれましたが、この花色は普通じゃありません…
花色が濃く、白い部分がありませんよね…


下のような花を咲かせなければだめなのですが…
過去記事から、咲かせていた画像を持ってきました。

IMGP0185_202006302308479ed.jpg

DSC01303_20200630230844317.jpg

DSC01304_202006302308451e5.jpg

今後冬期間まで花色を見て、元に戻らない場合は、考えなくてはなりません…
淘汰の道を・・・
とても好きな品種ですのでそうならないように咲いてほしいものです…




◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

セントポーリア:セミミニ種・Rob's Shadow Magic =ロブス シャドーマジック

◆今日の投稿は ブログだけです。ごめんなさい・・・

⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。

2020.4月 バイオレットバーンより輸入
Rob's Shadow Magic
ロブス シャドーマジック
AVSA #9397
作出者:(R. Robinson)
セミミニ種
ホワイト&イエロー&グリーンの完璧なほど美しい斑入り葉品種
花の咲き方:半八重
花色:濃い青紫


DSC03693.jpg

株幅:約9cm
花径:約 3㎝

DSC03690.jpg

葉が、下へ巻いてしまいました・・・
葉の茎は隙間が充分あるので、照明は強い方がいいと思ったのですが、
気に入らなかったようなので、5㎝下げました。・・・

◆栽培環境◆
◆棚間隔 50cm◆
◆LED照明 120cm 20W 16時間照射中◆
◆スチール製の棚の一番下に置いていて、ビニールは掛けていません◆
◆日中から消灯時まで扇風機を常時微風で作動中◆
◆底面給水マット栽培◆
◆使用中の肥料は ピータース各種◆


冬期間の斑入りが楽しみな品種です。
葉の斑入りの色が今はグリーンが多くなっていますが、
白からクリームになるか、黄色が濃くなるか・・・
花色が濃い青紫色なので、その対比が素晴らしいはずなので、
今から楽しみにしています。
そのころまでに、この品種の性格が分かればいいのですが…

株姿がこのままじゃいけません・・・




◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

セントポーリア:ミニチュア品種・N  Karelia=N カレリア

◆今日の投稿は、動画1件、ブログ1件です。

⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。

2020、4月 バイオレットバーンより輸入
N  Karelia
N カレリア
ミニチュア品種
トミールー 斑入り葉(白×グリーン)
花色:薄ピンクに緑の淵
咲き方:ダブル


10日ほど前から開花が始まりました。
初開花だと思います。

株幅約9cm
花も小さめで可愛らしいですが、葉も小さくて多いです。

DSC03684.jpg

到着時から外側の葉に無数の傷のような茶色の部分が目立っていたので、
現在も葉が綺麗ではありませんが・・・

DSC03680.jpg

花径 約12㎜前後
多花品種のようで、現在見えないモノも含め7本の花茎を確認しています。
1本から無数の蕾が出ていますので、
全てを咲かせると相当数の花が咲き誇る品種だと思います。
花色にグリーンが入る花は、花持ちがいいものが多いのですが、
こちらは今年初めて手に入れた品種なので、どうかしらね・・・

DSC03683.jpg

花色は、かすかな薄いピンク地に、淵が薄いグリーン
もう少し柔らかな花弁の花が咲くようで、
照明の当て方が強かったのかなと思い、5㎝下げました。
肥料も薄めにしようと思います。

肥料を薄めにしたい品種が何株か出てきたので、
トレーを別にして、底面から薄い肥料を与えたいと思います



◆栽培環境◆
◆棚間隔50cm LED120cmタイプ 20W 16時間照射中
◆スチール製の棚で、ビニールは掛けていません◆
◆日中から消灯時まで扇風機を常時微風で作動中◆
◆底面給水マット栽培◆
◆使用中の肥料は ピータース各種◆



DSC03681.jpg





◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

セントポーリア:【赤花品種】Powwow  パウワウ

◆本日は動画投稿が1件、ブログ投稿が1件あります。

⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。



2020.4 バイオレットバーンより輸入

Powwow   パウワウ
作出者:(Stork)
登録番号:AVSA #7708
スタンダード品種
トミールー斑入り葉 : 明るい緑色の葉に白い斑入り
パンジー型で華やかな赤い色の花


赤い花が咲き、葉にトミールー斑が入り、明るい緑色の葉を持つ品種は、
いくつもないと思います。・・・

今年、赤い花は何種か購入していますが、
どの花が一番赤い花が咲くか楽しみです。

赤い花が咲く品種で多いのは、葉の色が黒っぽいものです。
そして、斑入りが無いものが多いですが、
この品種は珍しいと思うのは、
とても赤い花が咲くとは思えない葉の色です。
外側はより明るい緑色をしていて、
バイオレットバーンの温室育ちなので、我が家に来てから少し濃くなっていますが、
温室と、LED照明栽培の差が出ているかなと思います。

今日は、植物育成灯の下で撮影してみようかと思ったのですが、
それなら、どんな赤花でも綺麗に見えるので、
それは止めて、自然光で撮ってみました。
カメラのメーカーで映る色合いが異なりますけど、
この画像は、自然に映っていると思うのですが、
ご覧いただくパソコンや、スマホの画面で異なってしまうかもしれないですが・・・。

開花が始まって4日目になりました。

DSC0366000.jpg
葉は扁平で綺麗に並んで育っています。↑株幅 18cmでまだ大きく成る途中です。

トミールーの斑入り葉模様は、
秋まで美しく入りません・・・。

◆栽培環境◆
◆スチール製の棚で、ビニールは掛けていません◆
◆置いている場所は、棚間隔45cm LED60cmタイプ10Wの真下です。◆
◆16時間照射中◆
◆日中から消灯時まで扇風機を常時微風で作動中◆
◆底面給水マット栽培◆
◆使用中の肥料◆ ピータース各種


茎も間延びしていませんので、この照明具合が気に入って開花したものと思います。

斑入り柄がかすかに葉の淵に出ていますが、
冬期間はもっと綺麗になるはずなので、今からリン酸比率の高い肥料を定期的に与えながら、
楽しみにして待とうと思います。

DSC03665.jpg




ストークは現在隠れているものを含めて6本上がっています。
到着時に1輪花が咲いていたのですが、植え替え時に全てストークは取ってしまいましたが、
その時にストークを何本か取った記憶があるので、あれからずっと
花期が続いているとは考えにくいのですが…
2度目にしては2ヶ月無いので、間隔が短いですしね…
この品種は、以前の栽培経験があるのですが、あまり長い経験ではないので…

以前の栽培記録がこちらです。↓少し間延びした感じに育ててましたね…葉挿し用で輸入したものです…
▲セントポーリア:普通種《赤花》『Powwow』パウワウ

照明の当て方を少し変えるだけで、随分株姿が変わることが分かります。


花色は、
自然光で撮影してここまで赤く映っているので、結構綺麗な赤花品種だと言えますね。
(今回の輸入では、一番赤いと言われた、”トマホーク”は入れていません。)

DSC03662.jpg

花数はまだ大人になり切っていない株なのに、ほとんど4個の花が付いています。
花数は多い品種なので、大人になったらもっと沢山つきます。

それに、株姿も優秀です。
ショープランツとまではいかないまでも、
ショーを取った実績がある品種だと説明にありましたので、
株姿が整いやすい品種であることは間違いなさそうです。

なら、”ショープランツ”でいいのに…

この”ショープランツ”というのは、数少ない品種にしか表示されていないもので、

当たり前の世話をしているだけで、
株姿が整ってしまうという、栽培者としてはありがたい品種のことです。

私のブログでは、そういう品種にはきちんと表示しています。

今年購入した株でこのほかにもスタンダードだけでなく、
セミミニ種やミニ種にもありますので、気を付けてご覧くださいね。

こちらは、ショープランツ ではないですが、それに準ずる性格がありそうです。





◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

セントポーリア:マイクロミニ種・リトルラベンダーベル

⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。

◆栽培環境◆
◆棚間隔50cm LED60cmタイプ 10W 16時間照射中◆
◆スチール製の棚で、ビニールは掛けていません◆
◆日中から消灯時まで扇風機を常時微風で作動中◆
◆底面給水マット栽培◆
◆使用中の肥料は ピータース各種◆


DSC03640.jpg

こちらは、国内で極ミニ種として購入したものです。

とても小さく、極ミニ種=マイクロミニ種ですが、
その中でもとても小さい品種ですね。

今までにマイクロミニ種を何種か育てた経験がありますが、
マイクロミニと言っても、トレイラーで最初は小さくても周囲から新芽が芽吹いてきて、
結構な大株に育つものとかがありましたが、
こちらはトレイラーではないので、
余計な葉を整理していると、とてもコンパクトな姿で鑑賞できす品種に育てられると思います。

花が咲き終わって、花期と花期の間に葉だけが展開してくる時期に、
一番外側にある葉を多めに整理するとより小さくなりますよね。

初めて目にした時は、余分な葉がいっぱいついていて、花も咲いていました。
濃い色の葉が何枚か残っていますが、濃い色の葉だったのですが、植え替えしたとたんに
出てきた葉が明るい色をしていまして、その後もずっと明るい色の葉が出てきて、
現在はもう少しで濃い色の葉がなくなりそうです。

植え替えた時に花茎を取ってしまったのですが、1ヶ月半で花が咲きだしましたが、
前回の花期の続きだと思います。

DSC03636.jpg

DSC03635.jpg

ベル型の1cm程の花が咲いています。
花口径も1cmしかありません。
昨日咲いたのでもう少し開くかと思いますが…

DSC03638.jpg

6cmのスリット鉢に入っていて、株幅は5㎝です。

この品種は、このくらいのサイズにとどめておくのが一番かなと思っているので、

出来るだけ花の終わった葉を余分に付けないでこの姿を保っていこうと思います。

葉挿しをしてみたら、一杯新芽が出てきたけれど、
とっても小さくて、育てられるだろうか・・・

1㎜にも満たない新芽がびっしり出てきました。↓

DSC03644.jpg

凄い数出ているけれど、小さ過ぎて移植が大変ですよね…
もし育ったら、秋に、ヤフオク、メルカリに出品できるかなぁ・・・と…



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

バイオレットバーンの現在の在庫事情・・・

⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。

昨日今年2回目の個人輸入の動画を投稿しましたけど、
今年は、コロナウイルスの影響があって、
バイオレットバーンのお花は、とても売れすぎていて、
ニュースレターが送られてきた時に書かれていましたけど、予想外の注文の多さだと・・・
そして、空の棚が目立ってきているけれど、植物には成長する時間が必要だ・・・
と書かれていて、
発送がとても忙しく、苗栽培が円滑にされていないようです。
従業員の方々も、自粛で全員が一緒に働いていないようで、
今年のお花は、1ヶ月以上も在庫が補充されていないことが多くあり、
出されたと思ったら、2日か3日でなくなることもあり、
あっという間に在庫がなくなっていくのが目に見えて起こっている・・・

そんな状況で、私の予定では、春は4月末に注文して、5月末に届き、
秋は、8月末に注文して、9月末までに届くという時期に輸入をしていましたが、

そんな予定では今年は無理で、
欲しいものがある程度揃っている時に、注文しなければ買えないので、
今回は、蒸れて残念な結果になってしまったけれど、
今まで6月の輸入は初めてでした…

そして、2度も輸入したのに、1株もキメラが買えなかったのでした・・・。

ロブさんも意地悪しているとは思えないのですが、
他の品種が揃って出品されても、
キメラが何一つ出品されていないという状況の中での輸入になってしまいました。
そして、日々出品されていることもあって、
注文した次の日に、普通種の欲しかったものが出されてしまい、
残念でしたね…
不運だとあきらめるしかないのよね・・・。

今年になってからのキメラの出品は、本当に少なくて、
こんなこと初めてです…

3日ほど前にしばらくぶりで普通種のキメラの出品があって、
コンコルド(日本人作出株)が3日で在庫切れになってしまいました。
そんな具合で、いったい何株出品しているのか分かりませんけど、
世界的に発送している所なので、10や20の少ない数だとは思えないのですが、
本当に凄い勢いでなくなってしまうのですから、
時間の問題です。

争奪戦って感じですよ…

この状態を見ていると、
本当に人で不足で、苗の栽培に支障をきたしているように見えます。

もう少し、潤沢にお花が出品されて、選ぶ時もゆっくりできる状態で注文したいですよ…
1回目も、2回目も、欲しいものをカートに入れていくうちに、花がなくなっていくのが分かるほど、
売れるのが早すぎて、注文するのが大変でした。
結構時間を掛けて注文するので、考えている隙に無くなっていくのですから、
焦ってしまいますよね…

私の個人輸入はまだ終わっていなくて、
もう一か所あるリンドンリヨン温室は、5月に発送するようなメールが来ていたのですが、
未だに連絡が来ません。
普段でも2ヶ月待たせるのは当たり前で、コロナウイルスで大変な年なので、
倍はかかると思って間違いないですね・・・・
秋までに送ってくればいいわと気長に待っています…
どうせ、欲しい株は入ってこないのだろうと、あきらめていますし…
カートへ運べても、”ない!”と平気で違うものを入れられますので、代替品の所には、
一杯書いておきました。
何が入って来ても驚かないですわ・・・
もう慣れましたね。・・・
注文通りの発送はしてもらえない所なので…
来るまで何が入ってくるでしょうか・・・
名札が立ててありますが、
注文が済んだら、苗が届くまでの間に、名札を準備しておくのです。
そして、注文したお花や、葉の状態、斑入りか、斑入りじゃないか、どんな花が咲くかなど、
ショップの説明文をコピーして保存しておきます。
そうしないと、売れてしまって二度とお目に掛かれない品種も出てくるので、
ショップで花説明を見ることができないことがしばしばあるのです。
そうならないようにきちんと記録として残しておきますが、
今回は、注文が終わって記録を残そうとショップへ行くと、もうないものがあって、
花の特徴が分からないものがありました。
そうならないように気を付けないといけないのですよ。
花の名前は注文履歴で分かりますけど、特徴などは在庫がある時でなければ
確認できません。

名札は重要なので、きちんと品種の説明は保存してあります。

DSC03632.jpg
2020年5月24日注文、6月9日発送   2020.6.19 到着分↑

国際注文は、
月一度しか発送はありません。





◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

セントポーリア:Rob's Cherry Soda =ロブス チェリーソーダ

⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。

2020、4月 バイオレットバーンから輸入

Rob's Cherry Soda
ロブス チェリーソーダ
斑入り葉種
ミニチュア種
花は細かな吹き付けたような柄が入る。
多花品種で、蕾数がものすごく付き、
年間の花期も4回から5回も来るという、
とても優れた品種で育て方も楽なので、初心者の方にもおすすめの品種です。
AVSA #8055

⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。


今回の輸入時に、迷わずカートへ運んだ品種でした。
小さな株なのに、花数が非常に多くて忘れられない品種でした。
育てやすい品種です。

◆栽培環境◆
◆スチール製の棚で、ビニールは掛けていません◆
◆置いている場所は、棚間隔50cm(6/20より5㎝下げた) LED20Wのです。◆
◆日中から消灯時まで扇風機を常時微風で作動中◆
◆底面給水マット栽培◆
◆使用中の肥料◆ ピータース各種



DSC03582_20200616154134f86.jpg

株幅約85㎜
残念なことに、花に入る細かな吹き付けたような柄がほとんどありません。・・・
初花だからかと思いますが・・・

DSC03586_20200616154131dbb.jpg


ミニチュアの輸入品種が沢山ある中でも特に早く咲く品種です。
育ちが早いということもあるのかもしれませんけど、
目に見えて早いと感じないのですが、
まだ小さいなぁ…と思っているとあっという間に蕾が山のようについていてびっくりします。
ミニ種の中でも小型です。

花は、淵に軽いフリルが入りますが、葉には一切フリルが無く、
地味な斑入り葉品種ですが、現在は一切斑入り柄がありません。

この品種は寒い時期でも綺麗な斑入り柄が入ったことがあまり経験が無く、
以前の栽培でもそうでした…

しかし、葉挿しをしたら、クリーム色の斑入り葉で出てくるので、
”やっぱり斑入り葉なんだね”と改めて感じる品種です。
現在、葉挿しして育てている新芽は、綺麗なクリーム色で出ています。

DSC03584.jpg

蕾が10個ほどあります。大人になったら、15個以上の蕾が普通に付きます。
でも全部花が咲くというわけではなく、最後の方は疲れるのでしょうか、
しぼんで咲かないこともあります…

ミニ種で多花品種は、本当に健気な小さな身体で咲き誇りますからねッ!
疲れるって言うのも分かる気がするんですよね…

DSC03587.jpg

葉の枚数が多いですが、株はいたって平坦・・・

DSC035880.jpg

花茎が7本ありました。
画像では見えていないものも含めてです。
ほとんどの花茎から8個から10個の蕾が付くので、全部咲かせると60個~70個の花が咲くでしょう…

10cmあるかないかの小さな株が60個前後の花が咲いた姿を想像してみてください。!

凄い花数なので、以前栽培していた時は、少し傷みかけてくると摘み取るので
全部咲かせた記念写真は撮ったことがありません。
以前の投稿記事を見ても、無いのです。

今回は初花にもかかわらず凄い蕾数があるので、
どこまで咲かせられるかやってみましょうか・・・。
一番花がどこまで待ってくれるでしょうか…でもね、
沢山咲かせて疲れさせると2回目の花期に影響しますけどね・・・
株が小さい時はあまり無理をさせない方がいいかなぁ。。。と・・・
ある程度咲かせた時点で考えますね…
その時は記念撮影をして再度投稿したいと思っています。

DSC03579_202006161541329d1.jpg

リン酸分の多い肥料を多めに与えて、9月過ぎたら植物育成灯(蛍光灯タイプ)なども活躍させて、
今年こそ、美しい斑入り柄にしたいと思っています。





◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

セントポーリア:AE Chimera of Destiny=AE キメラ オブ デスティニー 初開花

⁂*~。*⁂*~。**⁂*~。*⁂*~。***⁂~。*⁂。*⁂*~。

2020.4月 
バイオレットバーンより輸入

Russian hybrids=ロシア産
AE Chimera of Destiny
AE Khimera Sud'by)
AE キメラ オブ デスティニー
非常に珍しい花

◆栽培環境◆
◆スチール製の棚で、ビニールは掛けていません◆
◆置いている場所は、棚間隔45cm LED10Wの真下です。◆
◆日中から消灯時まで扇風機を常時微風で作動中◆
◆底面給水マット栽培◆
◆使用中の肥料◆ ピータース各種



DSC03567.jpg



待ち焦がれていた花が4日前から咲きだしました。
2輪目は今日咲きだしたばかりなので、まだ小さいですが、
二輪とももう少し大きく広がりそうです。

蕾が大きく膨らんできた時、花弁の裏側から見た印象は、

”もしかして… 無地のお花じゃないよね…”

と不安でした…
下のようなお花がほんとに咲くのか…
成株のお花↓
desutelini-.jpg



このような斑点模様や複雑な模様で咲く花は、
無地で咲く確率があるので、最初から無地で咲いてしまったら、
その後に正規の花が咲く確率がほとんどないと言っても過言じゃないほど、
ショックなことなので、それだけは避けてもらいたい!!
過去に、別品種ですが、
最初から無地花で正規な花が一輪も咲かなかった経験がありますので。…

”1粒の斑点”でも出てくれていれば望みはある!

そう思って見守ってきました。
開花1日目は、完全に開かず夕方閉じました…
その時下から覗くと斑点模様が見えたのです。

”ヤッターーーッ”

無地のお花ではないことが分かって嬉しかったなぁ~ (^^)v

本当は、斑点模様だけではなく、花弁の淵にある模様・・・
これがかすかですが、初花に見られたことも今後の花模様が確実に入るのではという、
予感を感じさせてくれて、初開花は、甘く見て、70点としておきましょうか!

赤い→の部分が花弁の淵に入る模様の一部分です。
このように覆輪的に入るはずですが、ほんの一部分しか見られませんでした。・・・

でも、ないよりはましなんです。!!

複雑な模様の入る品種は、正規な花が咲く季節は、秋以降だと思います。
やはり温度が高くなると花色や、模様の変化が出てしまうのは、
しょうがないでしょう・・・

セントポーリアの性格はそういうものですから、まともな花を見れるのは、
秋以降ということで我慢しなければなりません。

セントポーリアの花色は、無地1色で咲く品種以外は、四季折々咲く色が異なります。

1度や2度目でまともな成株と同じ花が見られるような甘いものじゃないことを、
何度も経験しました。・・・

今回の開花は、とても嬉しかったですね。

株姿も、現在の棚の場所で満足してくれている様子ですのでこのまま同じところで栽培して行きます。

現在確認できている花茎の本数は、5本、ほとんどが蕾は2輪です。
初花ですし、株が充実していないために蕾が少ないのか、
性質的に蕾数が少ない場合もあるので、今後の成長を見ないと分かりませんが、
現在出ている蕾を全部咲かせないで、摘み取り、秋に向けて株作りをさせるか…
そのまま開花を見るか・・・迷っているのですが
北海道はまださほど暑い日が無いので、もう少し咲かせてみたいと思っています。
この花茎の本数だと、あと1ヶ月以上は花期が続くので、
半分くらい見たら摘み取ろうかと考えています。
初めての栽培品種なので、
花期の間隔が分からないので二度目の開花がねぇ...いつ来るかですよね・・・


DSC03566.jpg

1番花です。
DSC03564.jpg


赤い→部分が覆輪になるはずの一部分・・・。
DSC03570_202006150955596a1.jpg


二番花です。
DSC03569.jpg

赤い→部分が覆輪になるはずの一部分・・・。

DSC03565.jpg







◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

NEXT≫
リアルタイム訪問者数
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
セントポーリアライフ(YouTube動画) (84)
セントポーリア:開花株のアルバム (1)
セントポーリア:ガール葉品種 (28)
▲セントポーリア(全般) (1123)
管理人の日記 (250)
熱帯魚 (119)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (53)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (24)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (15)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (16)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (3)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (11)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (108)
ミニチュアローズ (29)
★ 蘭 (19)
●サボテン (80)
その他の植物 (17)
●多肉植物 ハオルチア属 (15)
●多肉植物 全般 (487)
●多肉植物:セダム属 (26)
●多肉植物:コチレドン属 (14)
●多肉植物:アエオニウム属 (3)
●多肉植物:パキフィツム属 (2)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (6)
すい臓癌 (114)
苔 (1)
膵頭十二指腸切除術をされた患者の食事 (9)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (16)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
その他アクセサリー (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (103)
ネックレス(トップ付) (3)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (0)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (41)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (199)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (5)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア

当日&前日の訪問者数

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。
◆YouTubeで『セントポーリアライフ』を投稿中です。
ブログのカテゴリのトップに置いています。

ご訪問ありがとうございます。
解析中
おすすめ
天気&気温
おすすめサイト
同居のパートナー
IMG_20200114_065359_20200620185032790.jpg (2020.4月 画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな男の仔です。
お迎え日:2012.8.20
◆我が家の6頭目
2020.4月現在、5,900g!
2017.11月より療法食開始!
アレルギーを持っている。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い!
弱点 : 硬いものが苦手

DSC026260.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
我が家の9羽目で最後のインコ。
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
いつも、YouTube動画の
”セントポーリアライフ”で
お騒がせしております。<(_ _)>
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…
◆ブログ投稿がある見送った仔達◆

IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。
8歳2ヶ月 2019.12.30亡
IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。
9歳2ヶ月 2018.1.24亡
IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ 
オスと同居経験がないのに
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い仔でした。 8歳2ヶ月 2017.7.28亡
IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
おしゃべり上手で
長いお話でもすぐ覚えて
くれる仔でした。
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命2ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる。
ジステンパーに罹って捨てられた
ようで発作が多発し薬を飲んでい
ました。

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
チャッピのジステンパーが移り、
4ヶ月で亡
治っても、移るようですね。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示