草色の菊のような、グラウコフィラム

グラウコフィラム
セダム属


IMG_01790_20180604130036453.jpg

上の画像は、約5年前に投稿したものです。

・・・5年もなるのね・・・
いつも少ししかないのよね。。。
それでも、5年も育ててきたなんて、忘れていましたわ。・・・
月日の経つのは早いものですね。。。


この多肉は、ネット散歩中にふと目に留まって見入ったものでした。
『何? 菊の花? エッ!多肉なの?!』

ってなわけで、ネット中探し回り、やっと見つけて購入しました。
ありそうでない、地元のホームセンターには入ったことがない品種です。

現在、小さな新芽がいっぱい出てきましたが、
先月、ヤフオクに大きく育った茎を出品してしまって、
極小さな新芽だけにしていました。

DSC04606.jpg

まだまだ小さいですけど、小さいながら、お花のようです。^m^
次々と、茎から芽が出てくるので、秋まで育ったらこんもりなるでしょうね。
楽しみです。

この多肉は、あまりカンカンと日に当てない方が調子が良いようで、
昨年、サッパリ大きくなってくれなくて、秋に家に入れたところ、
窓辺で、日光は3時間ほどしか当たらず、13℃前後まで気温が下がる環境が気に入ったのか、
とてもきれいな”菊の花”状態に育って、間延びも気にならず冬期間とても楽しませてもらいました。

現在の置き場は、屋外の朝早くから日光が当たり、
西日が当たらない場所に置いています。

私のお気に入りの多肉の一つです。



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

モケモケの毛がたまらない!カシミアヒントニー(モシニアナム)

セダム属
カシミアヒントニー(モシニアナム)

この毛むくじゃらの多肉は、エケベリアのような姿をしているのですが、セダム属。
購入してから約5年が経っています。
購入時は、35㎜のミニ鉢に入っていて、
本体は18㎜しかありませんでした。

セダム属なのに、成長が遅いタイプで、株が増えるのも遅いです。

家の中で育てていますが、昨年病気の為、ほとんど世話をできずにいたため、
外側が枯れこみ、何枚かの葉を外して、昨年秋に植え替えをして、
春までには元気を取り戻しています。
大きく育ったものをヤフオクで3個ほど出品いたしました。

育ちが遅いので、ゆっくり丁寧な栽培が出来ます。

水分は、比較的欲しがる多肉だと感じていて、暖かい時期は毎週たっぷり水やりをしています。

DSC04578.jpg

DSC04580.jpg

育て方は、面倒ではありません。
株分けも簡単にできます。一個一個別々に育つので、
無理やり切り離さなくても株分けが出来ます。

1個のサイズは、2cm~3cm前後で収まります。
1枚の葉のサイズも小さく、肉厚です。
真っ白な毛は微妙にカールしていて、真っすぐではありません。
いつも小型の株が鉢いっぱいになるように育ち、花を見たことがありませんが、
可愛い白い花を咲かせるようです。

DSC04581.jpg
(7cm鉢)
DSC04583.jpg

DSC04584.jpg

小さな芽も出てきたので、秋までにはこの鉢いっぱいになっているかもしれません。


◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

北海道、5月の”スプリングワンダー”

北海道に住んでいるため、
多肉植物を屋外に出せたのは、今月中旬になりました。
その為、投稿している画像を見てもお分かりのように、
まだまだとてもお粗末な姿をしておりますので、
ご了承くださいませ。


*******************************************
前日最高 22.7℃ (14:34)前日最低 3.1℃ (04:11)
*******************************************
スプリングワンダー
セダム属

室内栽培をすると、全く違う姿に変身してしまうため、嫌なのですが、
地元のホームセンターでは買うことのできない多肉なので、
毎年、秋遅くまで外で栽培し、家に入れる時には、大きく育った葉をばらして新芽を出させて、
春まで室内栽培をしています。
この春も、室内で育った葉挿し苗の先端部分と、大きな葉を4月にばらばらにして葉挿しをしていたので、
その新芽が出ている部分を植え付けました。

DSC04530.jpg

↑茎をカットして植え付けているものと、葉挿し苗↓

DSC04532.jpg

葉挿し苗は、約1ヶ月半になり、本葉が5枚ほど出てきました。


この多肉を欲しいと思ったきっかけは、ネットで真っ赤に紅葉している姿を見たからです。

初心者でしたから、北海道でもその美しい紅葉が見られると思って疑いませんでした・・・

ネットショップからお迎えしたのですが、そのような姿を見たことが一度もありません。・・・

でも、緑一色でも間延びせず、詰まった草丈で育った姿は大好きです。

毎年5月の姿は、画像のような状態です。


葉に触ると、バラバラにしてしまうため、植え替えなどは気を遣います。

葉挿しは簡単で、下側の大きな葉をばらして転がしておくと、
1週j間ほどで小さな小さな葉が出て、根も直ぐ伸びてきます。
そうなったら、用土に移して育てると、3ヶ月もすると立派な株になります。



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

可愛らしい”リトルミッシー”

北海道に住んでいるため、
多肉植物を屋外に出せたのは、今月中旬になりました。
その為、投稿している画像を見てもお分かりのように、
まだまだとてもお粗末な姿をしておりますので、
ご了承くださいませ。





リトルミッシー  
セダム属

ピンク色の縁取りが紅葉している証拠です。

5cmに満たないようなビニールポット植えで売られていたものを2パック購入して、
寄せ植えしたのですが、寒さのせいか、サッパリ育っていません・・・。

DSC045240.jpg

こちらの多肉は毎年ホームセンターで苗を買い育てていますので、
割と手軽に手に入る品種です。

寒さに弱く、北海道では路地植えに出来ないです。
室内に入れると、間延びしますので、
あきらめて秋、霜が降るまで外に出し鑑賞しています。

DSC04525.jpg

DSC04522.jpg

葉が小さくて、背丈は伸びても、10㎝前後位でしょうか・・・。
小さな白い花を咲かせます。

これから、暑くなると赤い淵飾りはなくなります。

まるで、人の手でブランケットステッチでもしたかのような淵飾りがとても愛らしい、
多肉の中でも大好きな品種です。

育て方は、あまり気にしたことがなく、
普通に乾いたら肥料の入った水をやる位なもので、
気難しい品種ではありません。

基本、多肉の用土は、
バーミキュライト 3  パーライト 2   鹿沼土 1  
位で、自分でブレンドして使っています。
セントポーリアの栽培で余った用土(鹿沼土以外)を捨てるのはもったいないので、使っています。

ブレンドされて売られているものは使ったことがりません。
サボテンも同じ用土で植え付けています。

鹿沼土を赤玉土にしてもかまわないのですが、
鹿沼の方が崩れにくく、水やりの際に渇きを確認しやすいというメリットがあるため、鹿沼土にしています。
メリットとは、
水分がなくなると鹿沼土が白っぽく乾いて知らせてくれるので、それを合図に水やりをしています。
水分が残っている時には、濃い黄色っぽい色をしているので、
乾き具合が目に見えて分かります。
バーミキュライトや、パーライトは、水分がなくなってもあっても、ほとんど色が変わらないので、
この2種だけでも育ちますが、あえて、鹿沼土を入れています。


セントポーリアを育てていたものですから、肥料や薬剤が残っていて、
ピータース液肥の比率の違うものを色々持っているので、
現在園芸で草花や多肉類(サボテン類)に使用しています。


肥料は30(窒素)-10(リン酸)-10(カリ)の比率で配合されている、
粉末液肥 ピータースです。

これを約1000倍で与えています。
無肥料の用土で、他には何も加えず、この肥料だけで育てているのが、多肉です。
サボテン類は、たまに花芽に効果的に効く液肥を与えます。

多肉類は、花を咲かせる目的に育てているとは思っていなくて、
葉に効果的な肥料を与える目的です。

花は咲きますが、窒素成分が多い肥料を使いますが、花期には花を咲かせてくれます。

植物には、それなりの肥料を与えるように心がけています。

花を咲かせる草花に、この肥料は適していません。
窒素成分は、葉に効いて、花が咲く植物には適していません。
葉ばかり茂り、花芽が付きにくくなってしまうことがありますので・・・。

窒素成分が30ですが、
葉が異常に大きく育つと思ったことはありませんので、この比率で充分ではないかと思います。

無肥料の用土なので、水やりの都度、肥料水を与え続けます。
秋遅くまでというより、家に入れても、基本、水やりには肥料水をやります。
ただの水だけはやったことがありません。

冬の間は回数が減るだけです。


◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

●ふくよかな ロッティー

多肉の記事は、今年から属名を付けて管理しています。

4年前から溜込んでいる多肉記事はいまだに、多肉植物&サボテンのカテゴリになっています。

土曜日、5箱出品した多肉は全て落札され、暖かい地方へと旅立つ準備中です。
沢山の方々がアクセスいただき、ありがとうございました。

********************************************************


ロッティー
セダム属


この多肉は育ちが緩やかで、なかなか増えずらい多肉だと感じています。
毎年茎を切り植え替えして今年で4年目を迎えていますが、
余るほどの増殖は出来ていないため、今年のオークションにも出せませんでした。

ふくよかな厚みのある葉で、粉が付いている品種です。

DSC03476.jpg

サイズは右隣にあるブロンズ姫光と比べるとよくわかると思いますが、
この中心の1本だけは7.5cmと大きいです。
良く見ると、ほかに4~5cmのものが3本で、今年は、葉挿し数が少なかったのかと思いました。
あまり枚数まで記憶にないです。。。

関節が詰まって葉の枚数もあるので、もう少ししてから家に取り込むときに、
葉を外して転がしておこうかと思います。
寄せ植えに使いたいと思ったら、大きなものを植えても、育ちが緩やかなので、
株姿が乱れにくく、使いやすい多肉です。

葉挿しは、簡単にできるのですが、葉を採るときに、丁寧に外さないといけません。
葉の付け根を傷つけてしまうと、新芽が出てこないこともありますので、気を付けて、
ねじり取るように外します。

ロッテイーもありそうで地元では見つけたことがありません。

●スプリングワンダー

スプリングワンダー
セダム属

家の中で、間延びしてしまったものを葉を外して仕立て直しをしたものです。
小さな二等辺三角形のような葉から一週間くらいで小さな芽が出てくるのです。

それをトーフパックに入れて管理していました。
病気をして、細かな世話をしてやることが出来なかったので、植え替えもしていなくて、
いまだに豆腐パックに入れたまま、秋を迎えてしまいました。・・・

DSC03439.jpg
(スプリングワンダー)

この多肉は、秋には真っ赤になってとても可愛らしくなる多肉で、
ネットでその真っ赤に染まった多肉を見た瞬間とりこになってしまったものでした。

しかし、北海道では簡単に赤く成ってくれず、購入してから約4年になりますが、
いまだにネットで見るような真っ赤に染まった姿を見たことがありません。・・・

10月の北海道は、先日0.2℃前後を3日間体験して、その前には3℃前後も何度も体験していますが、
まだまだ青いまま。・・・

豆腐パックは用土も少ししか入っていなくて、パック自体が薄くて地べたに置くと冷えていると思うので、
冷害に当てないように注意しながら赤く染まるまで耐えてほしいなと思っています。
でもあまりにもぎゅうぎゅう詰め状態だったので、ヤフオクへ出品できそうなサイズのものを、
何本か外しました。
そして、冷害に当ててダメにしてしまうリスクも高いので、もう少しカットして家に入れておこうかなと思っています。
家の中では、間延びしてしまいますが、12月頃に葉を採って転がしておくと新芽が出るので植え付けると、
春には小さな苗が出来、夏までには立派な株に育ちますので、毎年そんなサイクルで育てています。
間延びする品種は、あまり家の中で育てたくないですが、どうしてもなくしたくないものは、
間延びを覚悟して家の中で育てています。
地元ではありふれた多肉しか売られていませんので、ネットで購入した多肉は大事にしないとね。^^


小さなサイズのものは、大きくなれなくて間延びしてヒョロヒョロして出ていますので、可哀想・・・

松ぼっくりのように幾重にも重なりあったしまった姿になって育ちました。
購入した時は、小さなものが3本ほどしか植えられていなかったと記憶しています。
地元には売っていなかったので、ネットで購入した多肉です。

こちらの多肉は、葉一枚から増やせるとても丈夫な品種です。


●セダム属 『カシミアヒントニー(モシニアナム)』

セダム属
『カシミアヒントニー(モシニアナム)』

新ヒントニーと呼ばれることもあるセダムで、
ヒントニー(S.hintonii)とは別種です。
ヒントニーと似ていますが、
葉を覆うカシミアを想わせる比較的長い産毛が特徴です。

購入から約4年目。

子株が出来ては外して、オークションへ連れて行ったり、
別の鉢に入れてみたりと、この4年間で、10個以上の子株が育ちました。

約25mmほどに育ってくると、子株が出来るようで、7.5cmのスリット鉢の中に7個ほど入っていますが、
それぞれ分離させていますが、子株が出来たものがあります。

DSC03163.jpg

DSC03161.jpg

DSC03166.jpg

いつも出窓に置いていて、花を咲かせたことは一度もありませんが、
成長の速度は緩やかです。

とても可愛い、私のお気に入りの多肉です。


産毛が濃い多肉は、やはり可愛いです。  ^m^

●『ステファニー ゴールド』の開花シーズン

↓画面をクリックで私のブースへ飛びます。↓
出品されると、リアルタイムではなく少し遅れて下へ反映されます。






まともなブログの投稿は”多肉植物”のカテゴリーからになりました。


今後は様々なカテゴリーで、投稿いたしますので、
お付き合いくださいね。


セントポーリアを処分して、一番先にしたことは、
多肉の世話でした。

いままで、無視してきたお詫びってところでしょうか・・・


今までというか、冬の間、家の中に入れている越冬できない品種は、数少なくしかありませんけど、
水分調整をして、日光不足を補っていましたので、
ほとんど、世話をしていなくて、5月に数種の植え替えしかしていませんでした。
サボテンの大きなものは、いまだに植え替えできずに待ってもらっています。。。

属名:セダム
ステファニーゴールド

その反面、外で越冬している品種は、こちらの”ステファニーゴールド”です。
ドラゴンズブラッドを緑にしたような多肉ですけど、外で越冬させてから、今年で4年にもなるようで、
『そんなに経っているのぉ~。。。』と、過去記事を見て少し驚きました。

毎年、今ころ、黄色い小花を密集させて長く咲いてくれる花を見ています。
北海道では、外で越冬させたら、今時期がこの品種の花期になります。

自然界で越冬した多肉は家の中とは、少し雰囲気が違う葉姿になりますね。。。
もう少し葉の幅が広かったような気がしますが・・・

DSC03138.jpg

尖った星形の花が一塊になって咲きます。

DSC03140.jpg

DSC03143.jpg

DSC03141.jpg

コンクリートブロックの楕円の穴に植えこんで、当初越冬できるかどうか知らなかったので、適当に植えこんでおきました。
それから4回目の開花を迎えている株で、植えこんでいる場所が狭いので、あまり増えずに、
毎年こじんまり咲いていますが、花数が多く、花もちがいいので、結構目立って、楽しませてもらっています。

まだ蕾がたくさんあるので、しばらく開花が続きます。

この多肉が植えられている用土は、ほぼ、セントポーリアと同じ用土を使用しています。
それも、植え替えで使い古した用土などを少し入れています。
表面の5㎝ほどは、バーミキュライトとパーライト、ミリオンが入ったもの。
その下には、これまた風変わりな素材を使っています。
4年前に、越冬できそうな多肉を植えてみようと、以前花畑があったのに、無くしていたので、自宅敷地内には、
草花を直に植え付ける場所が一切なく、プランター栽培しかできない状態でしたが、
東側に向いている敷地の一角に、ブロックを置き、屋根からの雨だれが落ちない程度の広さに作った、
ミニミニガーデンで、
深さ30㎝ほどのところに、黒土メインの培養土を下に薄く敷き詰め、その上に、
熱帯魚飼育で使い残していた、水草底床用土 ”アクアソイル” で、
5mm前後の赤茶色い粒状のものを大量に入れました。
これは、肥料成分がないもので、地上で使うのは初めてでした。
でも多肉に使うなら問題はおこらないだろうと思いました。

現在まで、一切障害は起きていなくて、毎年新芽が吹いて早々に花まで咲かせてくれて、
楽しませてもらっています。

セントポーリアの薬浴時には、使って捨てる薬液をたっぷりこのミニミニガーデンにも注いできました。

多肉は病気や害虫には、比較的丈夫ですが、
雨が多かったり、低温が長く続くと、混みあっている茎が腐れたりするので、
年に何度か、薬浴する方がいいかなと思います。

セントポーリアの恩恵を多くもらって育ってきた多肉ですが、今後は意識して薬浴しなければダメですね。

●『玉蛋白』多肉の記事を更新しました。

セントポーリアに使用できる
肥料 2種のオークションはいつでも出品中です。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。


↓クリックで私のブースへ飛びます。


出品中の商品はこちら
◆肥料のオークションはいつでもしています。



◆本日二度目の投稿は 多肉です。

いや~ 二年ぶりでしょうか?!
多肉の記事を更新しま~ス。 ^^

セントポーリアに明け暮れているため、随分数を減らしてしまいました。
我が家の周りに家が建ち、
日照不足から沢山の多肉を冬期間に室内で世話が出来なくなってしまったため、
間延びが目立たない品種だけを室内栽培しています。
あと、外に数種越冬できる多肉を植えています。

なので、本当に品種数は少ないです。

昨日、暖かかったので、植え替えをしていました。
花サボテンも数鉢あるので、年末に花期を迎える品種があるので今のうちに植え替えします。

どれも残した多肉は、私の大のお気に入りです。
この品種は、ブログ内でお気に入りの NO1 と言っています。
こちらは植え替えはできません。

IMG_4178_20140723082849ae3_20161001090251e3a.jpg

玉蛋白  なんですが、”たまたんぱく”と呼んでいいんですよね?

ダシフィルムより長い毛があるのが特徴的です。

<IMG_4180_201407230832386de_20161001091152876.jpg

多肉の名前って面白い名前が多いですが、
この品種は、とっても可愛いのですが、世話が大変な品種で、
我が家では、毎年1回、葉をバラバラして、用土へ蒔くのです。
種のように。 ^^
私のブログの中に、この種のように蒔く作業を投稿しています。

多肉の葉はある意味、種と一緒ですからね。

用土を被せなくても、放って置きと新芽が出てきますから、
この繊細な品種は、芽が出るとすぐ用土がある方が便利なので、
直接乾いた用土へパラパラと重ならないように蒔いておきます。
蒔くと言っても、指に絡まって簡単じゃないのですが、
つまようじなどを使い用土へ落とす・・・。

画像は豆腐パックなど浅めの容器に細かな用土を入れます。↓
IMG_1332_20161001091149158.jpg


冬でも約2週間ほどで、ちっちゃな新芽が発生します。
可愛いでよぉ~  ^m^
IMG_1396_2016100109115010f.jpg


我が家で約2ヶ月経った状態がこちらです ↓

IMGP1736.jpg
表面が乾いたら液肥を与えています。
IMGP1733.jpg

植え替えなどできませんので、このまま育てて行き、世話すると言っても水遣りしかないのですが、
触ると葉がぽろぽろ取れてしまい茎だけになるので、1年ほど経ったら
また新たに作り替え、株姿が醜くなってしまったら破棄しています。

IMGP1732.jpg


間延びしてしまうと、この品種の良さがなくなりますので、
注意します。

この多肉を購入した時、高価で小さな小さな苗でした。
今考えると、よくあの小さな苗を送って戴けたなと思います。
触るとばらけてしまうのに・・・。

北海道の3月初めにネットで購入したのですが、寒くて、
用土が冷たかったですが無事届いたんです。
寒さには耐えられる品種のようですよ。

外で越冬しているダシフィルム(産毛のないもの)は、
けなげに毎年芽を出してくれています。
見た目はしばれてとろけてしまうと思うのですが、丈夫な品種なのですね。
玉蛋白の記事は沢山ありますので、興味のある方は検索してください。

しばれる・・・  北海道の方言です。
もうすぐしばれる日がやって来るかと思うと嫌ですねぇ・・・
峠は紅葉で真っ赤で、街中のナナカマドの木は、上の方から赤く色づいてきました。

外にある花の始末も考える季節になりました。


多肉のオークションを考えています。ほんの少ししか出品しませんけど。
するときは、ご案内いたします。

●セダム 『ゼノックス』の花

セダム 『ゼノックス 』

IMG_5041_20140908113020d49.jpg

IMG_50400.jpg



■ 学名 : Sedum telephium 'Xenox'  
■ 別名 : 黒葉(銅葉、カラス葉)ベンケイソウ など
■ ベンケイソウ科  宿根草(冬期落葉し冬芽が残る)
■ 主な花期 : 初夏~秋 
■ 草 丈  : 40cm前後(生育後の高さで花丈も含む)
■ 耐寒性 : 強 
■ 耐暑性 : 強 

昨年の花を投稿していなかったのか、検索しても出て来なかったのですが、

今年は随分大きくなり、花芽も沢山つきました。
そして、開花したのは昨年より早かったですね。

黒に近いようなダークグリーンで、お花の色がアイボリーピンクでしょうか?
説明しがたい花色です・・・
NEXT≫
リアルタイム訪問者数
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
管理人の日記 (209)
すい臓癌 (105)
膵頭十二指腸切除術をされた患者の食事 (7)
熱帯魚 (11)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (54)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (25)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (16)
▲セントポーリア(全般) (1102)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (9)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (5)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (104)
★ 蘭 (19)
●サボテン (23)
●多肉植物 ハオルチア属 (10)
●多肉植物 全般 (481)
●多肉植物:セダム属 (23)
●多肉植物:コチレドン属 (10)
●多肉植物:アエオニウム属 (1)
●多肉植物:パキフィツム属 (2)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (1)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (15)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (84)
ネックレス(トップ付) (1)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (55)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (59)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (195)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (5)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
VERAL(ヴェルオール)の紹介

ブログ管理人が
制作販売をしています。

33333_20161019100014d92.jpg

ハンドメイドマーケット
『ミンネ』で販売しています。

『ミンネ』販売中の作品。

少しずつ
出品を再開しています。




画像にポイントを当てると
50個の作品が自由に見られます。

解析中
おすすめ
ご訪問ありがとうございます。
天気&気温
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。

おすすめサイト
同居のパートナー
DSC03482_20171023093136e6c.jpg (2017.10.23画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな男の仔です。
お迎え日:2012.8.20
2018.6月現在、5,500g!
2017.11月より療法食開始!
アレルギーを持っている。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い! IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。 IMG_744911.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…

IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。
9歳2ヶ月 2018.1.24亡
IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ 
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い仔でした。 8歳2ヶ月 2017.7.28亡
IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命2ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
ジステンパーにり患し、
4ヶ月で亡
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブログランキングドットネット

ページへ入るだけでカウントします。