新入り多肉に決定!『シルバーグラス』

『シルバーグラス』

IMGP0309.jpg


多肉植物は奥が深過ぎで、まだまだ見たことが無い物が
イッパイあるんだろうなと思わせられた今日この頃・・・

先日、ホームセンターへ行って見たら、
始めて見る多肉が数点入っていました。
その中に、ネット画像でも見たことの無い物があって、
気になっていましたが、間延びが酷い物かも知れないので、
購入は考えようと思っていました。

所が、2週間過ぎても、ほとんど入荷時と変わらない姿を見て、
間延びはあまりしないんだなと思いました。
という事は、成長も遅い物だと思います。

脇芽がいっぱい出ていて、これからの発育が楽しみな多肉だと思い
購入を決めました。

IMGP0310.jpg

優しい色合いで、短い毛が生えている。
葉は、中くらいのサイズで、葉は肉厚。
月兎耳を色を薄くして小型にしたような感じです。

IMGP0311.jpg

のこぎり状の葉ですね。

植えられていた鉢も小さく、用土も疲れた状態だったので、
早々に一回り大きな鉢に植え替えました。

背丈があるので、カットしてイッパイ出ている脇芽をのびのびと
育てたいと思います。


スポンサーサイト
関連記事

デンドロビウムの花芽

◆本日2度目の投稿です。
今朝はとっても寒かったです・・・
日最低 -17.8℃ (01:50)





ラン科・デンドロビウム属
デンドロビューム レインボーダンス 花見月
Den.Rainbow Dance ‘Hanamizuki '

IMGP0292.jpg
(室温、19℃~20℃ 北側窓辺で花芽4個確認しています)


昨年9月に九州の蘭専門業者から購入した物が
花芽を付け出しました。

デンドロビュームは花を付けさせる低温管理が必須で、
初心者の私は、その方法をネットで検索して、
秋遅くには、外で管理できない北海道なので、
家の中で冷害を起こさず、安全に低温管理を出来る場所を探しました。
温度は5℃以下にならない所は玄関しかありません。

そこへ鉢を持って行きました。
最高温度と最低温度を計測できる温度計を設置、
毎日温度を確認しながら、約30日間。
最低温度はその30日間の中で6℃台が2回ありました。

水やりも気を付けて少量を2回上げました。
寒い所に置いて、水を上げてもいいのか分らず、
でもなんだか可哀想で、少量ですが上げてしまいました・・・

本当にこの管理で花芽を付けてくれるのだろうか・・・
と半信半疑で、約30日後に暖かい部屋へ戻しました。
低温に合わせた期間は、
11月17日から12月20までです。

そうしたら・・・
約10日もしない内に、関節あたりに何やら確認・・・
1月7日に撮影した物が下の画像です。

IMG_2124.jpg
(2014.1.7撮影)

IMGP0294.jpg
(2014.1.30撮影)


購入した時に、ヒョロヒョロと長い茎で、
ショップで買うなら絶対買わないだろうなと言う感じの姿で届きました。
ネットショッピングではお任せで届くのでしょうがないですよね。。。

痩せていた為、この状態で花は咲くだろうかと心配していたのですが、
細くても先端から花芽が出て来ました。
葉がほとんど落ちてしまいましたが、心配は要らないそうです。

花茎が結構長くなって花数も期待できそうです。
白地にピンクの淵どりのあるお花が咲く予定です。




そして、次にご紹介するものも同時期にいっぱい花芽が出て来ました。


デンドロビューム 『ファイヤーバード』
Den.Stardust "Fire Bird"


IMGP0297.jpg

下の画像の矢印の場所は全て花芽です。

IMGP0296.jpg

オレンジ色の花が咲く予定です。
それにしても、蘭科の植物の花芽の育ち方って、凄く遅いですね…
花芽が確認できてから、開花まで2か月くらいかかるのではないだろうか・・・


あまり花芽しか出て来なくて寂しいので、
お花の画像も出しますね。
昨日ホームセンターで購入してきた、
こちらもデンドロビュームの

Den.Love Memory‘Fizz’
ラブメモリー‘フィズ’


IMGP0301.jpg

IMGP0300.jpg

物凄い茎の太さに、やはりハウス栽培で専門家が育てているものは
違いますね。
この位太くならないと立派な花が咲かないのね・・・
関連記事

ワッサワサに増殖した『玉蛋白』

セダム属 『玉蛋白』

根が浅いので豆腐パックに入れて管理している為、
結構頻繁に肥料入りの水やりを行っています。
これは、昨年処分しようか迷っていた親株さんです。
画像を撮る時に隣の多肉に触れて葉が落ちたり
たまたま場所を移動させたりするだけで、
葉が豆腐パック内に落ち、それが繁殖して、
昨年スカスカな状態で捨てようかと思っていた親株さんの豆腐パックは、
現在こんな感じです。
豆腐パックは見えなくなっています。

IMGP0288.jpg
この画像を撮って元に戻そうと思ったら、葉が10枚ほど落ちました…

そっと動かすだけでも葉が落ちます・・・

そんな繊細な玉蛋白の一番の魅力は、やはり”毛”

その毛も随分毛深く育ちました。
(下2枚の画像は、2013、7月に葉を蒔いて育てた物を2014.1.29撮影)
IMGP0289.jpg


IMGP0284.jpg


私の栽培経験上、
葉から種のように蒔いて育てた物は、
玉蛋白の特徴である、毛の生え方が、成長度合いによって毛深くなるようです。
ま、当たり前の事なのでしょうが、
若いと毛が薄いです。

すみません。…
多肉に生える毛状の物を”毛”と単に表現していて…
それを正式に何ていうのでしょうか・・・

いつも毛の生えている多肉を紹介する時に、
『これでいいの?』と考えてしまいます。

不適切な表現でしたらごめんなさいデス・・・


(2枚の画像は2013.10 葉を蒔いて育てた物を2014.1.29撮影)

IMGP0290.jpg
若いのが良くわかります。
IMGP0286.jpg


親株さんと子株の葉の色が少々違います。やはり若い物は明るいグリーンです。
置き場所は隣同士なのですが、ちょっと違いがあります。
この若い物も、徐々に毛深くなって、葉色もモスグリーン色に変化して行きます。

以下3枚は親株さんの画像です。

IMGP0281.jpg

IMGP0280.jpg
触る事が出来ない程葉がボロボロ落ちますが、
トーフパック内で、増殖しますので、
放って置いています。

パック外に落ちた物でも、根が出たり葉が出たりしていますが、
指でつまむこともできません。…
葉がデリケートで、潰れたりしますので、
爪楊枝の先を濡らして、葉をくっつけて用土に持って行くといいですよ。

IMGP0282.jpg

触れて見たくなる多肉ですが、
指を入れたら、葉が全部取れて指にまとわりついてきます。…


間延びしているので茎が長くなっています。
関連記事

『南十字星』と『星の王子』

クラッスラ属 
『南十字星』と『星の王子』

昨年の購入時からサッパリ増やせない多肉の一つに
この2種があります。
高額多肉様ではありませんがなかなか増やすことが簡単にできずにいます。

IMGP0264.jpg

その理由に上げるとしたら
成長が穏やかである事、
脇芽が出ずらいこと・・・
カットして増殖を試みても、根が出る期間がかかる事。

私が思い当る事はこんな感じでしょうか・・・

姿が個性的で好きな多肉ですが、
私が好きだと感じるものに増やすことが難しい物が多いなぁ…

IMGP0263.jpg


クリーム色の地色ににグリーン色で十字に入る『南十字星』

そして、グリーン色の無地の物が『星の王子』です。
星の王子が2本~3本かな・・・

始めから少ない本数しか入っていなくて、
夏場に何度かカットして、増やして見たのですが、
放って置いても脇芽が出なくて、
カットすると、左右2か所から同時に脇芽が出てくるので、
1本が2本、2本が4本になって増やせるのですが、
育ちが遅いので、簡単に増えません。

冬の室内に置くと、葉の関節部分が見えるほど間延びしてきます。
夏は、葉が重なり合ってほとんど茎部分は見えないものですよね。


IMGP0262.jpg


間延びしているけれど、カットして増やそうかと考え中です。
関連記事

我家のワンコ事情

◆本日2度目の投稿です。

我家のアイドルの
チワワの男の仔の『ちくわ』

1歳9ヶ月になり、
体重はビッグな4.3kg
健康に育っています。

IMGP0269.jpg

我家のワンコ事情を少し書きます。

ちくわは、
我家のアイドルワンコの”6代目”(六頭目)としてお迎えしたのですが、
一番育てやすく、性格も温和な仔に当たりました。



今までお迎えしてきたワンコは、
6頭中、1頭だけ女の仔で、5頭が男の仔です。

ちくわを除いた今まで居たワンコ達は、
3人の同居人の誰が好きで、
誰が嫌いであるか、ワンコの態度で一目瞭然でした。
その態度は、
嫌いな人に抱かれると嫌がって牙を見せるものも居ました。


ちくわは遊びに夢中になっても、甘噛みしかしませんし、
誰に抱かれても牙なんて見せません。
甘噛み=本気じゃ齧らない事です。



チワワを初めて育てることになって、
ネット検索で色々調べていると、
一番に、結構性格がキツイということが上げられていました。
縄張り意識が強く、動作が機敏なので体は小さいですが番犬としての役目を
充分こなせる忠実で勇敢な犬だと書かれていました。


「小さな犬だけど、キツイ性格が多いのか。。。」


ちくわは性格が温和だよ。
 動作が機敏っていうのは、ちょこまかと良く動き回るって事よね?

でもちくわは、落ち着いて大人しくしている仔で、
煩わしく思ったことが一度も無いです。




先住犬のミニチュアダックス、シェルティーも狩猟犬なので、
性格がキツイのには慣れています。

でも、人間を噛むのだけは勘弁だよね…

シェルティーのラリー、ミニダックスのボブは良く噛まれて、
ボブは特に興奮すると何するか分らず、長男さんは酷く噛まれ、
鼻の下と唇の間を噛まれた時は夜間救急病院へ走り、
14針も縫いましたっけ。・・・

私も同じ場所を噛まれて、病院に行ってませんが、
1週間マスクを掛けて出歩きました。
今でも1cmほど縦に跡が残っています。
抱いていた時に、急にチャイムが鳴って暴れて噛まれたんです…


チャイムが鳴ったら気が狂ったようになるボブでした・・・


二男は、何か所も顔に傷が残っていますが病院へは行きませんでした。
息子達が子供のころ、遊んで興奮が過ぎると、噛まれる事が多々あったんです。…
ボブは、1歳頃から性格に変化が出てきて、興奮すると危ないので、
興奮を抑えるようなサプリメントを何種も飲ませていたのですが、
興奮すると噛む癖は、死ぬまで治らなかったです。

ボブは生後4か月でジステンパーウイルスに感染していた事が
10歳を過ぎたころ発覚しました。
なぜ、感染していたことを病院側は飼い主に知らせなかったんでしょうか…
治ったのですが、その後遺症で性格が変貌していったのかなと思っています。
死ぬ間際の様子もその後遺症で酷かったのだと思います。

家族皆が沢山噛まれた記憶があるボブでしたが、
それでも可愛い家族でしたよ・・・

そんな性格のワンコが居たり、
昨年末に亡くなったロンは、気難しい性格で、人間に絶対媚びたくない、
言う事を聞きたくない性格で、「お手・お座り」を教えても
なかなか出来ない仔でした。
人間に命令されたくない!って感じが全面に見えていましたよ。・・・

ワンコ同士の協調性が無く、ボブともちくわとも遊べなかったわよね・・・
唯一気を許したワンコは、シェルティー犬のラリーだけでした。
ラリーも気難しくてね・・・
息子達は、何度か噛まれていて、新聞配達員のズボンを噛み切って
弁償したことがありましたっけ・・・

6頭いたワンコで2頭も噛む癖のある仔や気難しい仔が居て、
本当にワンコって性格が色々あるなぁと感じています。


そんな思い出がよみがえる昨今、
ちくわはとても温和な性格で、暖かな性格の持ち主です。
ああぁ・・・申し訳ありません。親ばかでしょうか・・・
でもね、
ちくわは、人間に媚びる事を喜びとしていて、
私達が今まで25年以上ワンコと生活してきて、
経験したことが無い事をするんです。

それは、私達家族3人に対しての態度なんです。
それは6頭目で初めての経験です。


3人の誰に対しても、分け隔てなしに優しく接する仔で、
凄く低姿勢なのです。

留守から戻って来た時の態度は、
本当に低姿勢で、立ち上がらないで、
臥せったまま喜んでくれます。

我家では初めて見るワンコの態度で、この姿を見た時、
『何て低姿勢で喜んでくれるの?』って反対に不思議に感じました。
今までのワンコには見たことの無い態度だったからです。

エッ?? こんなこと書いたら、そんなこと当たり前でしょ!!って
思われるかな?

でも我が家にやって来た過去5頭にはなかったことなんです。・・・



仔犬で来るワンコの性格は、飼い主の責任だと思っているので、
先住ワンコの悪口を明かすのは、飼い主の恥です・・・


でもね、生まれ持った性格ってあるのだと思います。


ちくわは、4か月間飼い主が居なくて、
ペットショップの小さなケージの中で、暮らしていた経緯があって、
我家に連れて来て、自由に歩かせてあげても、
半径50cm程しか動けなかったんですよ。・・・・
何日もですよ・・・
おやつにつられて少しづつ動けるようになっていきました。

身体もチワワにしたら巨大だったので、
店主はこれ以上大きくしたら売れないと思ってか、
ごはんだってごく少量しかもらえていなかったんです。
仔犬時代にはいっぱい食べなくちゃいけないのにね…
ちくわがもらっていたご飯の量は、仔犬の食事量の3分の一ほど・・・
本来の分量を与えるのにもいっぺんに与えられないので、
何日もかけて、少しずつ多くしていきました。

そしたらみるみる大きくなっていきましたよ。


そんなひもじい思いをして育ったので、
食べ物には貪欲で、物凄い早食いのため、身体に悪いと、
長男さんは、特殊な食器を買ってきた程です。

それでも早いけど、3秒で食べてしまうご飯の時間が、20秒ほどになったかな?

もっと早くに会えていたらそんな可哀想な生活させなかったのにね。

売れ残ってお安く我が家にやって来たちくわですが、
性格が良くみんなに可愛がられて、今は幸せに暮らしてくれていると
信じています。

IMGP00408.jpg
(長男さん撮影をお借りしました)


ちくわ?幸せだよね?



関連記事

1月の室内の『リトルビューティー』

『リトルビューティー』

昨年秋に室内に入れる時、葉がボロボロ落ちやすくて、
大きな物は断念して、小さなものをソォ~ッと植えました。
小さなプランターに様々な多肉を少しづつ植えました。

寄せ植えなんてものじゃないんです。
ただ、外に置くと死んでしまうので、春まで少しでも生き残したくて・・・

IMGP0257.jpg
(のびのび育ったね。)



北海道の冬は長くて、まだ2カ月はあるでしょうね・・・
昨日は1日中雪が降り、20cmほど積雪量が増えて、
47cmになりました。

それでも例年になく少ないんです。

昨日の0時に除雪車が入って来たので、家の周りの除雪をさせられましたよ…
こんな夜中に入らなくても・・・
でも月曜だから早くに入らないと出勤時間に間に合わないものね・・・


IMGP0258.jpg
(極小さな苗で植えたものでしたが大きくなりました。)


こうやって年を越して育てたのは初めての経験でした。
どれが間延びしやすく、どれが頑張って間延びしないで過ごしているか、
そして、家に入れた姿が全く変わってしまった多肉などをこの3ヶ月見て、
その様子をお伝えしてきました。



この経験を生かして、
今年の秋に家に取り込む物を選別できると思います。
どんなに間延びしていても生きていれば仕立て直しは出来る多肉ですが、

いくらなんでも酷過ぎる多肉が結構います。
夏の姿は可愛いけれど、長い冬の間家の中で暮らすには適さないというか、
見ていて憂鬱になってしまう多肉はやはり避けたいなと思いました。・・・

でも、そういう性格は12か月育てて初めて分るものなので、
初心者の私には良い経験です。

家の中で、寄せ植えを楽しもうと考えている方には、
間延びしない多肉を選ばなくちゃいけませんよね。


簡単に書くと、夏場に育ちが緩やかな多肉は、
間延びにも耐えると思います。
そして、日陰を好む種類もです。



約半年間冬の北海道暮らしの私ですが、
多肉ファンの方々へ少しは役に立っていれば嬉しいんですが・・・



関連記事

1月の室内での『デルトイディア』

『 デルトイディア』クラッスラ属



夏の姿も好きだけど、冬の現在、室内での姿もいいなぁ・・・

IMG_2342.jpg

↑↓ 上下の画像は同じ物ですが、
こんなに夏と冬の室内での姿が違います。

初心者の私は、こういう違いも初めての体験になるので、
同じ多肉で2度楽しめたと言う感じです。

(8月の姿)
IMG_0048.jpg



冬の室内では、特徴の粉も無いですね。

そう・・・

粉のある多肉は、粉が無くなるって言うのも冬の室内での姿だと思います。

他の粉系もありません。(エケベリアは別です)
室内で、生活するには粉は必要ないってどうしてそう思うのかしら…



IMG_2341.jpg

菱形っぽい角ばった葉が変わっています。
瑞々しいグリーンになっちゃいましたね。


IMG_2343.jpg

少ししかなかったので、家の中に入れる時に、
1本の茎を短く何か所もカットして植えた所、
いっぱい脇芽が出てきて、わんさか増えてくれました。

夏の姿になった時、粉も載って美しいくなると今から期待しています。
関連記事

『茜の塔錦』の増殖計画

『茜の塔錦』

我家には『茜の塔』と『茜の塔錦』の2個あります。
錦が付くだけで、”高額多肉様”になる・・・

そしてその錦と付く物の特徴は、気難しい、増殖が難しい・・・

いいことは何もないようだけど、
”美しい”という魅力だけは譲れない・・・




そんな茜の塔錦は、昨年外で生活させておりましたが、
サッパリどこにいるのか分らない程の気難しいお姿で過ごしておりました。

購入した時は、極小さな苗で、背丈は2cmあったでしょうか。。。
本数も5本もあったかなぁ・・・

という本当に錦物、高額!!って感じの多肉様でした。

ネット検索していて、とてつもなく大株に育てた方のブログへ
お邪魔した初心者の私は、
「何?これ?!」と植物ではないような
菱形の幾重にも重なった葉?のような物を目にした時、
実際に見て見たくなり、ネットショップで購入しました。

到着した姿は全く私の興味を裏切るようなみすぼらしい姿だったのですが、
これが間違いなく『茜の塔錦』ならば、絶対、立派に育ててやる!!
と心に誓った物でした・・・

しかし、初心者の私ごときに育てられるわけもなく、

夏場に3本の茎を確認していて、少しだけ重なった葉を見ただけでした…

そして、昨年秋に家の中に取り込む時には、
やっと見つけた5本ほどを鉢に植えつけて室内で管理してきました。

そうした所、伸び悩んでいた物が、
あれよあれよという間にだらしなく伸び続け、
私が想像した多肉ではない姿に変貌していきました。・・・

生きていてさえくれれば文句は言わないよ・・・

そうこうしている内に、茎は15cm程にも伸び、
これ以上延ばしておく場所も無いので、
本日カットして借り植えを行いました。

IMG_2344.jpg

たった5本ほどの茎でしたが、
画像の左側以上に伸びているもう一個の鉢もあります。

その2個をカットして、プラケースへ植えつけました。

そうです!!

増殖をたくらんでいるんです、私!!

これだけ植えつければ最悪20本は生き残ってくれるはず!!

茎を何分割もカットして、脇目もイッパイあって、
50本以上カットしましたので、
そのくらいは増えてくれるのではないかと期待しています。

そして、この中で生き残ってくれた物を、再度春、外に出す頃になったら、

カットし直して、今年こそは美しい、茜の塔錦の大きな鉢をを目指して
育てて見たいと、大きな野望を描いています。

IMG_2345.jpg

根を出すまで、水を切り、見守っていきます。

高額を出した価値があると思える多肉様の本当の姿を見て見たい!!

関連記事

『月美人』と『静夜』の1円玉より小さな姿

『月美人』の葉ざしから4か月以上たって、
やっとここまで育ってきました。

以前に書きましたが、葉ざししていると、
根から先に出て来るもの、葉から先に出て来るものと
2パターンがあります。
私の管理が悪いのか、葉のコンディションが原因なのか理由は分りませんが、


この月美人は本当に葉が出るまで日数がかかりました。
捨ててしまいたくなるほど待ちました。
根は、ニョキニョキ出て来るのに、葉が出ない!!


葉は元気そのものなのに!!


まだ1円玉と比べると、極ミニ苗ですが少しずつ大きくなってきました。
ここまで育てるまでに、手間暇かけて来たので、とっても愛おしい・・・
頑張って、プックリ葉のグラマーになって欲しいと願っています。

IMG_2340.jpg

『静夜』
こちらの極ミニ苗は、秋に家に入れる時に、根をカットしました。
茎立ちする間延びになると分っていたので、根をカットして、
育ちを妨げようとしたのです。

なので、3cm程だった株がこんなに小さくなってしまいました。
家の中で、一番小さなエケベリアです。

こんな小さくても、バラの花びらのように幾重にも重なった
赤い爪のある葉は静夜の特徴が出ています。

IMG_2339.jpg


多分1ケ月経っても、2カ月経ってもさほど大きくならないと思います。

生きてさえしていてくれれば、春外に出せるようになったら、
本来の姿を取り戻す原動力を蓄えているのだから大丈夫!!




絶対、君たちの大きくなった姿をブログで紹介してあげるから頑張って育ってね!!





関連記事

スプリングワンダー

今朝の最低温度、マイナス18.7℃



午前10時でもマイナス13℃もあって、曇っていて・・・
寒いです・・・

『スプリングワンダー』

昨年やっと念願がかなって手に入れた多肉さん。
随分育ってくれました。

IMG_2334.jpg


細かな毛があって、ソフトな感触。

IMG_2333.jpg

間延びしそうだなと心配だったのですが、
案外耐えています。
IMG_2338.jpg

知らず知らず、子株が出ています。

セダムなのに、葉ざしが出来る。

紅葉時は赤くなって可愛い姿をネットで見たのですが、
北海道では叶わぬ夢・・・
緑でも可愛いのですから、紅葉したらドンダケ可愛いかしらね・・・


関連記事
NEXT≫
リアルタイム訪問者数
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
管理人の日記 (196)
すい臓癌 (34)
膵頭十二指腸切除術をされた患者の食事 (3)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (54)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (25)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (16)
▲セントポーリア(全般) (1102)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (9)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (5)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (103)
★ 蘭 (19)
●多肉植物&サボテン (477)
●多肉植物:セダム属 (19)
●多肉植物:コチレドン属 (9)
●多肉植物:アエオニウム属 (1)
●多肉植物:パキフィツム属 (1)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (1)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (15)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (84)
ネックレス(トップ付) (1)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (55)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (59)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (194)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (4)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
VERAL(ヴェルオール)の紹介

ブログ管理人が
制作販売をしています。

33333_20161019100014d92.jpg

ハンドメイドマーケット
『ミンネ』で販売しています。

『ミンネ』販売中の作品。

 病気療養中の為、
休止中です。




画像にポイントを当てると
50個の作品が自由に見られます。

解析中
おすすめ
ご訪問ありがとうございます。
天気&気温
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。

おすすめサイト
同居のパートナー
DSC03482_20171023093136e6c.jpg (2017.10.23画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな男の仔です。
お迎え日:2012.8.20
2017.11月現在、5,300g!
2017.11月より療法食開始!
アレルギーを持っている。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い! IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。 IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。 IMG_744911.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…

IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ 
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い仔でした。 8歳2ヶ月 2017.7.28亡
IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命2ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
ジステンパーにり患し、
4ヶ月で亡
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブログランキングドットネット

ページへ入るだけでカウントします。