痛い”左手中指”の話

◆本日2度目の投稿です。
多肉植物の投稿も本日しています。




2週間ほど前だったかな・・・
掃除中に左中指をついてしまいました。・・・
痛かったんですぅ・・・

うっかり、突き指する事が多い私で、
またやっちゃったか・・・
ま、2日もすれば気にならなくなるよ・・・
といつもの軽い気持ちで居たのですが・・・
みるみる腫れて来て、
次の日は握られませんでした。それでも湿布もせず放置・・・
3日間は腫れていました・・・

それからも、ズキズキ痛かったことは確かでした・・・

IMGP0792.jpg

先週、ふと自分の指を見た時に、
「エッ? 指伸びないわ・・・エーーーッ!!」

未だに痛みもあり、握ると痛いし、伸ばしたら中指だけ、
”への字”だしィーーーーッ

病院へ行った方が良いのかな・・・

でも10日も経ってしまって今更行ってもしょうがないか・・・




それから4日、

やっぱりこのまま放置して置いて、
曲がりが酷くなって、伸ばせなくなって曲がったままになっちゃったら・・・

もう2度と嫁に行く事はないとしても、
人に見せられない手になるのは、ちょっと悲しいわ・・・




という事で、2週間以上も経ってしまって病院へ行ってきました。

整形外科で、レントゲンを撮ってもらい、診察してもらったら、

レントゲンの痛い部分に丸く大きな影が・・・
カルテには、綺麗に指の画像を書く先生・・・
その影も記入して、矢印を引いて、何やらドイツ語かな?記入されました。。。
炎症部分でしょうかね・・・
何も言われませんでしたが、聞いてみたかったですね。

先生曰く、

2週間経ってしまっているんですね・・・
その時から曲がっていたかもしれないですよ。

骨には異常はないけれど、
関節周囲の組織にダメージがあって、家事などで使う指なので、
負荷をかけ続けると早く痛みが取れないと思われるので、
ギブス付けるのは嫌ですか?

と聞かれたので、

「早く治るなら我慢します!」

と言って、先生にギブスを作ってもらいました。

出来るだけ、使わないように気を付けて、2週間後に
もう一度見せてくださいねと言われて帰宅。



家事の邪魔なので、湿布もろくに貼らず、
普通にその指を使い続けていたので、
痛みが長引いたのですね・・・

突き指と簡単に考えていたのですが、
強くつくと、骨折もあり得ると言うので、
気を付けないとダメですね。

そそっかしくて、掃除したり何かしていて、
突き指やら、ひねってしまうことが良くあって、
結構、後遺症か、この歳になると、指が曲がっているな。。。
って感じてショックです。。。

別にスポーツをしていて、突き指するとかじゃないのに、
注意不足ですよね。
単なる家事で突き指するなんて・・・

外科などにお世話になるなんて、何年ぶりかなぁ・・・


家の中で怪我するって、結構あるのよね。。。




スポンサーサイト
関連記事

『南十字星』と『星の王子』の新芽

1月29日に紹介した
『南十字星』『十字星』ですが、

無地の物は『十字星』とご紹介しましたけど、間違いでした。
無地は『星の王子』です。
1月29日の記事中の名前を修正しています。

IMGP0736.jpg

クリーム色の新芽は『南十字星』ですね。

IMGP0734.jpg

カットしてから3週間の新芽です。

IMGP0738.jpg

先月末、カットを考えていると投稿したのですが、
やはり、茎が長く曲がってきてしまい、カットする事にしました。
2月3日頃だったと思います。

やっと切り口の左右から新芽が見えて来ました。

カットした先端も、やっと根付いたようです。
根がチョロットでも出たら、肥料入りの水やりをします。
私は、乾いた砂地に植えて置き、
何度か根が出ていないか確認してから、
用土に植えこみます。

成長が緩やかな多肉で、冬期間室内で管理していると、
茎の間が間延びしてしまいます。
屋外で育てると、葉が密に重なり、締まった姿になります。

増やす場合は、茎をカットて挿しますが、根が出るまで日数がかかる多肉です。




関連記事

ミディ胡蝶蘭の花芽確認

◆本日2度目の投稿です。
多肉植物の投稿も本日しています。



品種名:Dtps. Tiannong Golden Vivien "Ladybird"
ドリテノプシス タイ ナン ゴールデン ビビアン”レディーバード”

花径:5.5cm
高さ:約29cm


ミディ胡蝶蘭の苗から花芽が出て来たのを発見したのは、
10日ほど前でした。


正直な気持ちびっくりしました。
他の胡蝶蘭はまだ葉が新しく伸びている物があって
花芽は動いている気配はありませんので・・・

IMG_0408_20140226224952019.jpg
(2013.8我が家で開花していた花)


ここまで育って来たら、これは間違いなく花茎ですよね。

この苗は昨年8月下旬にホームセンターで、
花茎が一本で開花していた物を買い求めて来ました。
こじんまりとまとまった株でした。

薄いクリーム色の地に、
花弁に濃いピンク色の葉脈のような柄が見えて、素敵な胡蝶蘭だと思いました。
約3週間ほど鑑賞した後、茎を葉の際でカットしました。

IMGP0752.jpg

IMG_0407_20140226224953fc1.jpg

窮屈そうな陶器鉢からほんの少し大きめの
素焼き鉢に植え替えてあげました。
あまり大きな鉢に入れない方が良いと言うので、
ほんのちょっと大きい鉢にしたのですが、根がはみ出るほどでした…

9月中旬に花茎をカットして切り花として眺めました。


その後、1枚の新しい葉が展開して完了していました。

たった1枚の葉が出て、直ぐ花茎が出るなんて、
そんな簡単に花茎が出るなんて思っても居なかったのでびっくりしました。

ネットで検索したら、花が咲くタイミングは下記のようです。



胡蝶蘭の場合、一般的にはその判断基準を葉の枚数で行います。
胡蝶蘭の葉が最低3枚、出来れば4枚必要といわれています。

これは、前に花が出た付け根の葉より上に3枚の葉が
成長完熟した状態(もう大きくならないところまで3枚目の葉が成長する)を言います。

4枚目の葉がまだ伸びている状態を含め 4枚と考えて下さい。
「葉が3.4枚出来ると、
先に咲いた節より1つ上の節が完熟するタイミングになる。」

葉が4枚増えると胡蝶蘭は花をつける準備OKということです。


IMGP0769.jpg

良く画像を確認すると、我が家に来てから展開した葉は1枚だけれど、
4枚目になるのですね。

そうなんだぁ・・・納得・・・。

開花は、早くても4月中旬かなぁ・・・

蘭は開花まで期間が長いのよね・・・。


関連記事

家の中で、今頃紅葉して来た『スプリングワンダー』

『スプリングワンダー』

女性の多肉ファンなら誰でも欲しいと思われる多肉だと思います。


先月24日に青々とした姿でご紹介した、
スプリングワンダーは、2月の外気温がマイナス20℃近くあった時に、
置かれている出窓で、プラス6℃~7℃を数回体験している内に、
緑色が薄くなり、ほんのりピンク色に変化してきました。
葉裏や淵の色が変わって来たのです。

この出窓の1ケ月間の平均温度は、
日中で35℃~47℃前後、
夜間は、6℃~11℃前後でした。


IMG_2334.jpg
(2014.1.24撮影)

別物みたいに色が違いますね。
でも同じものですよ。
撮った方向も同じです。
大きくなったでしょ!
葉の厚みが加わったみたいですね。

IMGP0743.jpg
(2014.2.26撮影)

IMGP0741.jpg
ちっちゃな子がいっぱい出ています。
IMGP0744.jpg

もうすぐ3月で、日差しがきつくなり、
置かれている出窓の最高温度は、47℃、最低温度が10℃以下と、
温度差が超過酷な環境下に置かれている為、
間延びしているどころじゃないようで、
株姿もピシッと締まって来ました。

この台形型出窓は、特別扱いされている物しか置かれていない
「特等席」・・・
とは言っても、環境は、温度差が大きく過酷なのですが、

サボテンなどは、この大きな温度差が花芽に有効だったようで、
色々なサボテンがこの場所で花芽が付きました。

多肉植物たちも、この時期で、紅葉するなど、
秋には見られなかった姿を見る事が出来る、
やはり特等席だと思っています。



スプリングワンダーは紅葉してからの方が
柔らかくなっているようで、
触るとグミのようでプニュプニュしていて、
可愛いです。

株元から子がいっぱい出て来たので、
その周辺にある葉を沢山取って日が当たる様にしてやりました。

取った葉は、もちろん、葉挿し中。
葉は柔らかく、慎重に触って乾燥した用土に寝かせました。
ちょっと力を入れるだけで、爪の跡が付くほど柔らかでした。

約25日経って、新芽が1㎜にも満たない状態です。
可愛い新芽ですが、可愛過ぎて画像に撮るのが難しいので、
もう少し大きくなってから、
ご紹介しますのでお楽しみにィ~


関連記事

『デンドロ原種 ロディゲシー』

◆本日2度目の投稿です。
多肉植物の記事も本日投稿しています。


品種名 : Den.loddigesii
『デンドロビュームの原種・ロディゲシー』 ブラジル原産



お花はどんな花か、まだ実物を見たことないので、
お店から画像をお借りしてきました。

img59493882.jpg



下の画像は、
2013.8.24 に九州の蘭屋さんから苗で購入した状態です。
植え替えするように全てセットされて着いたのですが、
ビニールポット苗を素焼き鉢ではなく陶器鉢でチップで植えつけました。
IMG_0395.jpg

お店で初心者おススメの蘭でした。★がいっぱい着いていたので、
私でも大丈夫かなと思って。

育てやすさ ★★★★★
咲きやすさ ★★★★★
耐病性    ★★★★★  耐暑性 ★★★★★
耐寒性    ★★★★★  レア度 ★★★☆☆
洋ラン初心者さんへのおススメ度  ★★★★★

枝垂れるようなピンクの小花を咲かせてくれる
世界中で愛される原種のデンドロビュームです。
とても丈夫で育てやすく、増殖など楽しみも満載とのことです。


到着してから、6か月経った株は、もうすぐ開花しそうなほど
蕾が膨らんできました。
この苗も寒さに当てないと花芽が付かないので、
15℃以下の温度に約30日間当てて花芽を確認したのは、それから
2週間ほど経ってからで、
蘭の花芽は、見えてから凄く長い日数を掛けて開花するので、
本当にここまで蕾が膨らむまでかかりましたねぇ・・・
せっかちの私には、辛くなるほど長い日数でした。
蕾の形が極小さく2㎜程確認できてから3週間以上経ってもこの程度…
それでも20㎜程になりました。
花一輪の直径 2cm程という事で、
そろそろ咲くのかと毎日穴が開くほど見ています。
画像のような可愛い形で咲くのを今か今かと待ちわびています。

IMG_2357.jpg


ピンク色のお花なのに、なぜか茶色が混じった蕾です。
お花の画像のように先端に花芽が付くのではなく、
全部、茎の中間に着いてしまいました。・・・

IMGP0756.jpg

昨年開花した茎には2度花は咲かないと言われていて、
そんな古い茎が3本ほどついていて、
新しく伸びたと思われる茎が長い物と短い物が4本ありました。

1本に2個の花芽がある物が3本。
1個の花芽がある物が1本で、合計7個の花芽が付いたのです。

初めての私の管理不十分さもあったであろうこの半年間・・・
7個も花を見せてもらえるなんて恐縮でございます・・・って感じです。

蕾も膨らんで来たと同時に、新芽も根元から3本出て来ています。
この新芽を今年秋まで、一所懸命育てて、来年の春には、
7個以上の花芽を付けてもらえるように頑張ろうと思っています。

お花はもう少しかかりそうですが、
開花したらご報告しますね。

蘭って、蕾が出て来ても、
咲くまで咲いてくれるか分らないって言われていて、
毎日湿度を高めて、加湿器を調整しながら見守っているのですが、
何せ、北海道で、外気温がいまだに朝方の温度が、
マイナス15℃前後もある為、
加湿器をフル運転させると、窓ガラスが結露でとんでもないことになります。
湿度、50%前後に保つには、ダイヤルは、『中』くらいですね。。。

この蘭の他にも蕾を持っている物がある為、
加湿して蕾が落ちない様気を遣っています。

毎日ガラスの結露が滴って、窓枠に溜まる水分を、
ワンコ用のオシッコシーツを敷いて吸い込ませて取っています。
これがまたとっても便利で、いい事思いついたなと自分ながら
イイアイデアだと思っています。

いやぁ~  本当にこのオシッコシーツが、
重くなるほど毎日窓枠に水分が溜まりますよ。

人間やインコ、ワンコにとっては湿気ってこの時期大切なんですけど、
家には悪い事なんですよね・・・カビたりするので
湿気は・・・無い方がいいのですが・・・



でもね、ここまで育てて来たのだから、
どうにか着いている蕾を枯らさないで全部咲かせたいです。



関連記事

育つ時間がかかる『サルメントーサ』

クラッスラ属 『サルメントーサ』


多肉植物の名前は、本当に面白く、複雑で、
覚えるのが大変・・・

この多肉は、毎回名札を確認しなければ覚えられない…
そんなに難しい名前じゃないのになぜか、覚えられない多肉さんです・・・

IMGP0732.jpg

この多肉がクラッスラ属だったのが意外でした。

クリーム色の葉淵が目立ち、
寄せ植えのポイントになります。

昨年、増やしたいと思って茎をカットして乾燥した用土に挿して
様子を見ていたら、根付かず枯れてしまった苦い経験を持っています。


この画像は、昨年秋遅くに、カットした苗から根付いた物ですが、
なかなか調子が上がらず、
割と増やすのに時間がかかる多肉だなと感じています。

クラッスラ属は、放って置いても根が出るものが多いのに、
サルメントーサは外では、直射日光も少し苦手なようでしたし、
ちょっと気難しいタイプのように思います。


IMGP0730.jpg

画像は全て脇芽が付いて無く、1本ずつ植えている状態です。
昨年から育てていますけど、
ほとんど脇芽は出て来なかったような気がするんですが・・・ 

緑一色の多肉の寄せ植えには、
この多肉のように、クリーム色の明るい模様の葉が入っているだけで、
とても華やかな印象の寄せ植えが出来上がるので、
貴重な存在です。

セダム系の多肉のように脇芽がいっぱい増えて刈り込むと言った事も
要らず、1本立で、
本数少なく植えていても目立つ多肉です。

成長も緩やかなタイプで、手間のかからないサルメントーサです。



関連記事

『ステファニーゴールド』

『ステファニーゴールド』


家の中に入れて、水やりを控えすぎて枯らす寸前で、
助けたもの・・・

ごめんねぇ・・・
一時はこじれたように、大きくならなくて・・・
助からないと思ったわよ・・・

IMGP0723.jpg

それでも肥料入りの水を多めに与えている内に
元に戻りました。

IMGP0720.jpg

北海道の場合は、
間延びしてもしょうがないとあきらめて家に入れる事ですね。

そうしないと、本当に枯らしてしまいそうです。


地味なようで、結構目立つ存在の多肉です。


関連記事

ミニ種の可愛い花『クールティーン』

◆本日2度目の投稿です。
多肉植物の投稿も、本日しています。




ミニ種
 『クールティーン』 クリーム斑入り葉種


IMGP0714.jpg
(葉淵に斑入りが見える)

こちらは、初めての紹介になる、
東京から取り寄せたミニ種のセントポーリアです。
少し細長くて深緑色の葉。
ミニ種でも、花が小さめです。
変な書き方ですが、
ミニ種だからと言って花が小さいのが当たり前ではないのですよ。

もちろん、スタンダード種のように大きな花ではありませんが、
ミニ種でも大きな花が咲く物もある中で、こちらは小さいです。

取り寄せた当時は、7㎜程の小さな花が3輪ほどついていて、
株も5cm程で、小さな株で決して、可愛らしいと言う感じではなくて、
がっかりでしたね・・・。

ところがあれよあれよという間に結構株幅が大きくなりました。

そして、株が大きくなったので、花も少し大きくなり、
15㎜程の花が咲くようになりましたが、
それでも、株のサイズにしては花が小さい種類のようです。


この画像は、1月末に根をばっさりカットして、
葉も2周ほど取り除いてからの開花ですので、
株幅12cm、花径13mmと小ぶりの姿で開花しています。
蕾が上がっていた状態で植え替えをしてしまったので、
本当ならば、蕾は全部取って植え替えをするんです。
その方が、早く根が張りますので。
でも冬場で花が無いガラス温室で寂しかったので、
直ぐ咲いてほしくて、頑張ってもらいました。


IMGP0712.jpg

葉に斑が入るとは思っていなかったのですが、
9ヶ月間、斑入りの葉が出なかったのに、この冬場に
斑入り葉が見えて来て、
『エッ!? 斑入り葉だったの?』ってびっくりしましたわ。・・・
クリーム色の斑入りです。
画像では中央部分が見えませんが、
葉全体にクリーム斑が見えて来ました。

小さく、可愛い花は、
花びらに軽いフリルが入ります。

IMGP0710.jpg




1月14日にご紹介した『彗星:スイセイ』は、現在も花盛りです。
花期が長いのが、セントポーリアの良い所。
1輪の寿命も結構長いんですよ。
ワスプ咲きの縞花。まだまだ蕾があります。
IMGP0711.jpg
(上の花弁2枚は折れ曲がり、全体がパカッと開かない花なのです…)


北海道は、今朝も寒くて午前9時で
マイナス8℃もあるんですが、
超快晴です!

日最低 ー14.7℃ (06:00)もあったのですが、
日中天気が良ければガラス温室の温度が、
30度近くまで上がってしまうので、換気扇を回して
温度を調整しています。

苗たちも、大きくなってきて、
プラグトレーからポットへ2度目の植え替えを二日前に行っています。

IMGP0717.jpg
ビニールポットやスリット鉢は5cm(黒)と7.5cm(緑)です。
IMGP0716.jpg
IMGP0715.jpg

セントポーリアの苗をこれだけの数を管理して、
多肉植物、蘭、等々、植物の世話とインコ達7羽の世話、
ワンコの世話と、午前中はあっという間に終わってしまいます。

でも、どれも好きな事なので、全然苦にならないのですよ。

手を掛ければそれだけ、綺麗に咲かせてくれる花達は、
本当に癒されます。

インコもワンコも心を込めて世話すると、
健康で長生きしてくれますしね。

その、健康を管理している私は、
歳と共に、健康に自信が無くなってしまい、
この時期は、人ごみに出る時は、マスクで防御しないと、
安心できないですよ・・・。

もう1ケ月は寒さが厳しい北海道なので、頑張らないとね!



関連記事

温度差で変わるのか?『白雪爪蓮華』

『白雪爪蓮華』


親株は外に放置していて、
春まで生き残ってくれることを願っているのですが、
この2枚の画像は子株なんです。
葉も開ききっていない小さな株をカットして、
家の中に入れたのが昨年10月末。
親株はボルドー色をして紅葉していた姿を目撃しています。
なんとなく、北海道の冬でも大丈夫な気がしちゃったので、
置き去りにしてしまいました。
最悪、子株が居るので・・・

ボケ写真ですみません。。。

IMGP0705.jpg
出窓の温度差、約30℃の所に長く置いていた株です。


最高温度、35℃、最低温度6℃前後に置かれていた株は、
とってもしまった姿をしています。葉の幅も広くて小さい。
ポットは、どちらも5cmです。

22℃から18℃前後に置かれている株です。
IMGP0707.jpg

葉が細くて長いですが、
親株に良く似た姿はこちらです。


こんなに違う姿になるとは思っていませんでした。


置かれている場所が違う為に姿を変えているのでしょうかね…



関連記事

”ちくわ”の焼き目

◆本日2度目の投稿です。
多肉植物の投稿も本日しています。



我家のチワワの名前は何度も出てくるのでお分かりと思いますが、

”ちくわ”と言います。
理由もお話していますよね。

おでん のタネになる”ちくわの焼き目”のような色模様が由来です。
仔犬時代はもっと薄くて”焼きの甘いちくわ”でした。



ホラッ  ね!

IMGP0704.jpg

IMGP0628.jpg

側面の焼き目はこのようになっています。(へへへッ、焼き目じゃないよね)

IMGP0629.jpg

今日は天気が良く、この時期ならしょうがない温度の

日最低 ー15.6℃ (06:50)

結構な冷え込みでした。

まだまだ寒いんですよ。

そんな寒さでも、家の中は日差しが暖かくてちくわがゴロンゴロンと足を投げ出して、
長くなっています。

いやぁ~ 長年ミニダックスが居たので長い胴は見慣れていますが、
ちくわの胴も結構長いのね・・・

この後ろ足を全開にして投げ出す格好が出来るワンコは、
過去に、5頭居た中でも、2頭目です。

骨格が硬いように見えたのですが、股関節が柔らかいのでしょうか。・・・

ちくわの、この恰好を初めて見た時に『ボブ』を思い出しました。

ちくわがこの恰好をするときは、
暑い時と、甘えたいとき、眠たい時かなぁ・・・

こうやってのびのびして足の指まで伸ばしてぇ~

IMGP0625.jpg


IMGP0624.jpg


ちくわの至福の時は長男さんに抱かれて寝ている時かなぁ~

IMGP0517.jpg

2カ月経つ、換毛がいまだ終らず、
いつものことながら、『皮膚病じゃないよな・・・」と
心配している長男さんです。

ほら、毛だらけですよ、服が・・・

IMGP0518.jpg

本当に心配になるほど抜けるよね、チワワの換毛って!!
関連記事
NEXT≫
リアルタイム訪問者数
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
管理人の日記 (186)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (54)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (25)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (16)
▲セントポーリア(全般) (1086)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (9)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (5)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (101)
★ 蘭 (19)
●多肉植物&サボテン (498)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (15)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (82)
ネックレス(トップ付) (1)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (55)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (59)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (194)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (4)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
VERAL(ヴェルオール)の紹介

ブログ管理人が
制作販売をしています。

33333_20161019100014d92.jpg

ハンドメイドマーケット
『ミンネ』で販売しています。

『ミンネ』販売中の作品。

 出品情報

ルビーのピアスを
出品中です。

画像にポイントを当てると
50個の作品が自由に見られます。

解析中
おすすめ
ご訪問ありがとうございます。
天気&気温
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
IMG_48610.jpg

北海道在住 余暇にセントポーリア&多肉植物に興味があり、多肉植物の記事も490以上と沢山ありますが、2013年からセントポーリアに関するブログを配信開始しています。ブログはアメーバーブログからお引越しをしている為、画像が引っ越せないものがあったり、記事が読みずらくなってしまいましたが、私のブログは、2つのブログを合体させた為大変数が多いカテゴリになってしまいました。プリザーブドフラワー資格は、私の本職で、4年近く実店舗兼教室を持って活動していた時期の記事が多くあります。プリザーブドフラワーをこれから始めたい方には、アレンジのヒントになることも沢山書いています。現在の自分の活動は、資格を授けたお弟子の活躍を見守りながら、フラワーアレンジメントの技術は、造花にも生かせる為、施設で暮らす実母の為に季節折々造花のアレンジを作り喜ばれています。また、第二の本職である純銀製のワイヤーに天然石ビーズを編み込んで制作するアクセサリー資格を持ち講師を務めていたこともある為、長らく実店舗名と同じ”VERAL"(ヴェルオール)ネットショップをして18KGF&真鍮製品のアクセサリーやプリザーブドフラワーアレンジ品を販売してきましたが、2015.10月完全閉店させ、2016.10現在ハンドメイドマーケットの”ミンネ”で、販売を開始いたしました。以前お買い物をしてくださったお客様のアフターサービスは、どこからでも構いませんので、コメント欄からご相談を受け付けますのでご遠慮なくどうぞ。そんな訳で、お花時々アクセサリー作り、そして、インコ4羽&ワンコ1頭をこよなく愛し、癒されながら生活している様子を発信しています。

おすすめサイト
同居のパートナー
IMGP61054.jpg (2016.9.12画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな仔です。
お迎え日:2012.8.20
2016.9月現在、5,100g!
手作りご飯にしてから
アレルギーが出なくなった。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い! IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。 IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い。 IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。 IMG_744911.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…

IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命3ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
ジステンパーにり患し、
4ヶ月で亡
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブログランキングドットネット

ページへ入るだけでカウントします。