▲私の出品事情

セントポーリアオークションをヤフオクで行なっています。

多肉植物のオークションは、もう少し後に考えております。

少しずつ出品しておりますので、
時間をおいてご覧くださいませ。





秋のセントポーリアオークションを開催中で、
毎日暇を見つけては出品できる状態の良い苗を探しつつ、
画像を取り、説明文を作り出品を完了させます。

この一連の作業がとっても大変で、時間もかかります。

今季は水やりで失敗した株があったので、出品株には、今まで以上に注意して管理しています。

出品して、発送を終え到着するまでの水やりを考えないといけないのですが・・・。

多くやると、まだ暑い地域へ発送する場合は、
箱の中で蒸れてしまう可能性も出てきますし、
蒸れるだけでなく腐ることもあるため、できる限り、
水分が少ない状態で到着させることがベストだと考えているんです。・・・

でもしおれるほど水を切ることはできない・・・

お取り置きを希望されると、落札後6日間以内の水やりの管理もしなくてはいけない。。。

キャンセルを出さないように送り出すまで気が抜けない毎日になります。



入札が入るともうその時間から、出品している苗は、私だけの所有物ではなくなります。。。


入札が入れば、どなたかの元へ嫁ぐことになるので、
その時までの管理は、出品前の管理とは、気持ちが全然違うのですよ。

説明文に注意書きとして書いておりますが、読んでいただいていますか?

***************************************************************
植物ですので、出品から発送までの短期間でも、
何らかの原因でお渡しできない変化が起こる場合があるかもしれません。
その場合はご連絡後に代替え株へ変更させていただきますが、
代替え株が無い場合は、キャンセルになることもございますのでご了承くださいませ。
***************************************************************


こう書いていますけど、
今までに、この事例は3件ほどあって、
キャンセルしたことはないのですが、株を変更したことがあります。

今回は、そのようなことがなければいいのですが、
1株しかない場合はキャンセルになりますよね・・・。

生き物のお取引なので、何が起こるかわからない・・・。と
いつも出品しているときは、とても緊張して管理にあたっています。

春の低温期には、2週間以上もお預かりした時は、
水やりに苦労しました・・・。

暖かい日になるのを待つのは、春だったらだんだん確実に温度が上がると確信出来る時期だったので、
お待たせして、遅れても送れましたけど、

今度は、お待たせすると寒くなってくる時期なので、待つタイミングをどうするか。。。
春以上に毎日の気温に敏感に反応しなくてはいけません。・・・
居残りにはさせられないですから。


先日は8月なのに、1桁台まで最低気温が低くなってしまって、
今後どうなるかと不安でしたけど、今のところ二桁台を保っているようです。


秋のこれからが栽培に適した温度になるため、
初心者の方も始められる方がいらっしゃるかと思います。
秋だからセントポーリアの苗も沢山出回るだろう・・・と思いますよね?!
他の出品者様はどうか分かりませんけど、

苗を出品している私としては、



夏の期間に苗を管理するってとっても大変だったんでッス!!(>_<)



だから、本州にお住いの愛好家様の夏越しがどれ程大変だったか、とッても理解できますよ。


春の出品の方がどれ程楽だったかなぁ~


だって、秋から冬、春と北海道は加温しながらの栽培でしたけど、
蒸れて腐らせることはなかったですよ!(>_<)

水やりの注意不足が原因で腐らせてしまった苗も多かった今年の夏。。。
少し過剰に水やりに敏感になり過ぎてしまったんですよね。。。
沢山ある株の陰になって見えない株など、水が与えられていないのが分からず、
キメラ株だったのに、5株ほど枯れさせてしまい、
ショックでしたぁ~ (>_<)
しおれてしまった株は、元には戻りませんでしたから・・・。
どれ程の期間水を与えていなかったらこんな姿になるのって思いました・・・。

セントポーリアは、多肉植物のように葉が結構厚いですから、結構耐えれるのですよ。・・・
それなのにねぇ・・・可哀想なことをしました。。。

それからは、気を付け過ぎたかもしれないですね・・・

そんなこんなで、秋の出品株は予定通り育たなくて、出品を見送る株も沢山あります。。。



落札された苗たちが、無事お届けできるように、今日も朝から出品苗のご機嫌を観察しています。



万が一、代替え苗やキャンセルがあっても、
許していただけますかね・・・・・・

なんて甘い考えではいけませんけど。。。


気を引き締めて頑張ります。



スポンサーサイト
関連記事

▲セントポーリア・オークション出品中です!


セントポーリアオークションをヤフオクで行なっています。

多肉植物のオークションは、もう少し後に考えております。

少しずつ出品しておりますので、
時間をおいてご覧くださいませ。






この頃の北海道の気温が、10月並みの低温になってきました。
まだ8月というのに、焦っています。

まだまだ暑い地域の皆さんにとっては、
『まだ早いわよぉ~』
と言われそうですが、春のように暖かくなるのを待つのとは違い、
待つと、寒くなる時期なのです。・・・



北海道なので、
秋のお取り置きは、春と違い日を置くと寒くなってまいります。
最終的には、送れないということも起こってしまうかもしれないのです。

今日から行いますオークションについては、最初の落札から6日間とさせていただきます。

春は何時までも寒く、秋は早くから寒くなる・・・
北海道からの出品でごめんなさい・・・


関連記事

▲『パリジェンヌとマドモアゼル』の花の変化

パリジェンヌ
スタンダード
キメラ

6月に仲間入りした株で、
縞を確認してある花のない株をいただいたものです。

開花したのはその1か月後。
最初は薄い縞模様が出て、2輪目にもう少し濃くなりました。


IMGP4642.jpg

IMGP4641.jpg

既に投稿していたと思っていたのですが、ブログ検索をかけても出てこなかったため、
1ヵ月以上たってしまいましたが、開花したことを記憶にとどめるためにも
投稿しておきます。

パリジェンヌは我が家へ来てから2度目の開花はまだです。







マドモアゼル
スタンダード



そして、昨日から咲きだした、パリジェンヌの葉挿しから生まれた
『マドモアゼル』が前回とは全く違った花を咲かせました。

前回咲いたお花がこちら・・・

IMGP4225.jpg
(2015.7月開花)

日が経つうちに、グリーンの淵飾りのフリルがピンクに変化していきました。

IMGP4291_20150827161611425.jpg


そして、今回咲いたお花は、
同じ株から咲いたとは思えない姿をしています。
花弁も尖り、色も濃い。・・・

名札を二度も確認しました。
パリジェンヌの間違いかと思って・・・

でもパリジェンヌにしたら、縞の入り方が逆ですし・・・


IMGP5128.jpg

IMGP5125.jpg

茎が赤くなっていたので、色は入ると思いましたが、
こんなお花が咲くとは思っていなかったので、びっくりしました。

やはり、パリジェンヌ系のお花は”毎回違うお花が咲くよ”って言われていましたが、

本当に、全く違うお花なのね!!
中に縞が入るのではなく外縞なんて、なおびっくり!

IMGP5124.jpg
(茎が赤いと花に色が付きます。緑のままだと、色がついても極々薄い・・・)

先日、夏の暑さにノックダウン気味で、見せられないほどの姿でした。
手を付けるのもどこからどうするか頭を抱えたくなるような乱れ方をしていました。

どれほど、フラコンケースから出されて、”ご機嫌ななめ”だったのでしょうかね。。。。。


この品種って、株姿は乱れやすいようで、綺麗な株姿に整えるのは、なかなか難しいのよ。。。
葉にフリルがある株は、葉が暴れますからね・・・。


先週末に、乱れ放題な株姿を見かねて葉を整理して植え替えをしてあげました。

どう見ても、直ぐ花を咲かせられる状態にはないと思ってのんびりと遠くから見ておりました。

フラコンケースから出していたのは、約1カ月ほどありましたが、
出した途端、”機嫌を損ねたな”と感じました。・・・
それに、
LEDライトを新しく買ったのですが、バージョンアップされていて、より明るくなっていたのですよ。
確認不足で、なんか葉やけを起こすわ。。。と思っていたら、
相当明るくなっていて、びっくりしました。

慌てて遮光率を10%多くしましたが、既に遅く、余計にノックダウン寸前の株姿をしていました。
蒸れの心配がなくなった
15日から再度フラコンケースへ入れました。

しばらく調子を取り戻すのに、日数がかかるだろうとのんびりしていたら、
7日ほどでした。
あっという間に、調子を戻してきたんですよ!

好きな環境下に置くとこうも株姿が変わるのねとびっくり!!


やっぱり、湿度を保てる、フラコンケースがお気に入りの場所のようです。
カサカサな乱れ株が、しっとりしてきたのです。

植え替え時に、咲きそうもない小さな蕾はありましたが、
調子を崩した株姿からは、その小さな蕾が膨らんでくるとは思えず、
期待は全く持っていませんでしたので、2本ほどストークをカットして植え付けました。
そんな株姿なのに、
気が付いたら蕾が膨らんでいました。

そして、その蕾にはっきり濃いピンク色が付きだして、
中縞なら外側の花弁に色が濃く出ないので、全体に濃いピンク色に変化したのかと思っていました。
縞模様が出るとは全く考えていませんでしたので。・・・マドモアゼルですから・・・。



急に強い照明を当てられて、環境も乾燥気味にされていたので、
余計に変化してしまったのかもしれませんね。・・・

でも、今回の変化は、嬉しい変化ですけど。 ^^

綺麗な変化は大歓迎!!!

単なる夏の一過性の変化で終わらないでぇ~・・・・欲しいナ・・・


  
関連記事

▲『Yvonne Decelles 』個性的な花弁

Yvonne Decelles
イボン・デセルズ

スタンダード

こちらの株は、7月から仲間入りした個人輸入株。

今回の苗の中で一番大きくて元気があった株でした。
大きな葉も何枚もついていて、余計にカットされないで届いたのが不思議なほど
大きな株でした。
それは、私にとってとても意外なことでした。

注文時に、欠けた花弁や、葉の姿を見た時に勝手に、

『気難しそう。。。』

と思ってしまったのですが・・・



丸弁咲、スター咲、普通咲のパンジーのような花姿で
一重、ダブルなどがごく一般的なセントポーリアの花姿ですが、

この株は、下の画像のように花弁が欠けたような、まともな花姿ではないのです。
海外のネット上にあるお花も、まともな咲き方ではなかったのです。
正規な咲き方が、欠けた花弁なのだと思います。

この花弁と花色に興味を持ち、注文を決めたのです。

daaeb49b385d5e22005799cc4bf52a1b.jpg

私の経験上、花姿や葉の変わっている株は、
病気などで出現した株を固定して行くと聞いているので、気難しさが付きまとうと思っています。
でもきついフリル花ではなく花弁の形が変わっているだけで、葉もフリルがないので、
さほど気を使うことはないのかなと思いました。

心配をよそに、照明もあまり気にせず、
夏の暑くて蒸し暑い時期を、涼しい顔をしてすくすくと育ち、
まだ2~3日かかるかなと思った初開花が、
朝開いていました。

まだ開いて間もないお花は、午後2時を過ぎるとしぼんでくるのですが、
朝から比べると大きく広がり、はっきりした綺麗な花姿になりました。


『なんだ! きれいに揃って咲いたじゃない』


と思いました。

左右対称な花姿ですよね。

初開花にしては上出来な花姿です。いやいや、綺麗に咲きましたけど、
これは正規の咲方ではないのかもしれないのですよ。
綺麗な整った花を見て、
”これは正規の花ではない”
って思わなければならないのかなぁ・・・

最初の花から、花弁の欠けがあると思っていましたが綺麗に整ったお花が咲きました。

IMGP5082.jpg

花色は複雑なようです。

IMGP5077.jpg


今後様々な格好の花弁が開くと思いますが楽しみな株です。

その楽しみは花ばかりではなく、葉も個性的!

IMGP5084.jpg

ピンク色の斑入り葉で、のこぎり状の葉淵です。
斑入り葉種は、これから冬にかけて模様の変化があるので、
これも楽しみです。


関連記事

▲『ブルーボーダー』葉挿し苗のその後

ブルーボーダー
スタンダード種

軽いフリル葉

前回、葉挿し苗を植え付けた所を投稿してから、
約1か月半が経ちました。
6㎝ポットにスッポリ収まるサイズだった小さな苗たちも、大きくなってきました。
サラダ菜のような柔らかな綺麗な葉で育っています。

葉に軽いフリルが入る品種なので、波打っています。
斑入り柄はまだ入ってきませんね・・・。

IMGP5112.jpg

下の苗は少し小さめ。

IMGP5111.jpg




結構差があるものです。
ポットのサイズは前回植えた6㎝のもので変わりがありませんので、
ポットが隠れるほど大きくなったので、育ち具合がはっきり分かると思います。
こちらは↓少し大きめの苗を写してみました。
IMGP5110.jpg

でも、照明には随分気を付けてきました。
部屋の温度が一定ではない為、照明を離してみたり、場所を変えてみたり・・・
何鉢もあるので、置き場所を変えて様子を見ています。

大きなものは、13㎝。小さなものは10㎝ほど。

スタンダードなので、このサイズは、小苗から中苗の境目くらいでしょうか・・・。

お盆を過ぎてからすぐに、フラコンケースへ入れています。

親株は、エアコンを入れても、インコたちが寒がる温度まで下げられないので、
28℃設定にしていたのですが、高温の時に蒸れると思い、
1カ月ほどケースの外に置きましたところ、

葉がバリバリに固くなっていじけてしまいました。・・・
親も同時期にフラコンケースへ移動していますが、固くなった株を柔らかくするのは、
長くかかりますねぇ・・・。

この品種の、夏越しは初めてでした。


ブルーボーダーは、湿度が高い場所がお気に入りで、
葉を軟らかく育てなければ、綺麗な株に育ちませんので、照明の当て方に注意が必要です。
肥料は、約1000倍より少し濃いめでした。
蒸し暑い時の肥料やりは、ハイフレッシュを入れてあげていました。
肥料成分は、
30-10-10 と20-20-20をランダムにあげていますが、苗ですから30-10-10が多いと思います。

肥料成分は成株でも、たまには、30-10-10の葉に効く窒素成分が多く含まれている
肥料を上げています。
特に、いつまでも開花が止まらない株には、中心から出てくる新しい葉が、
とても小さくなるので、苗ばかりに与えるのではなく、
成株にも窒素成分は必要だと思っています。

ポットを持ち上げて、”軽い”と思わなければ次回まで上げません。

頻度は、どうでしょうか・・・
何日に一度、週に一度とか決めてやらないので・・・
多分、週1回~2回くらいだったと思います。

底面給水をしていますので、
鉢の高さ以上に深さのあるバットに、肥料水をなみなみ入れて、”ドボン”と浸け込むだけです。
ぬるま湯なので染み込むのは早いです。
時間にすると5分以内でしょうか。

何時までも浸け込むことはしません。

あまり乾かし過ぎてしまうと、なかなか染み込まないので、時間をかけて上までしっかり
染み込ませますが、
完全に乾かさないで次の水やりを行う場合は、
表面までしっかり吸い込ませてはいません。
自然と湿ってきて表面まで行き渡るので、表面が乾いていても、
短時間で止めます。

1個づつ持ち上げて確認して水遣りを行うのは、時間もかかりますけど、
その時に株の状態を見れますので、変化が早く分かっていいかなと思い、
この底面給水をするようになったのは、この1年ほど前からです。
今はウイック式は一株もありません。

底面給水にこだわるのは、
用土の成分に粉状のものが多い為、上からザーザー薬液をかけることを、
月一回は必ずするので、それ以上は必要以上に用土成分を流してしまわないように
底面からの吸い上げ給水にしています。


********************************************
*********************************************************


【   ご   案   内   】

セントポーリア、多肉、植物全般、に使用できる肥料の小分け販売を行っています。
ご利用ください。


8月1日より郵便局で新しく始まったサービスがあります。
追跡はできませんが、100g以上のものを送ると、25円お安くなる、
『スマートレター』¥180 に対応いたします。

私のショップ↓
セントポーリア資材

◆各種微量要素入り高純度粉末液肥◆

プロフェショナル・ハイポネックス
    20-20-20     30g入り(計量に便利なスプーン付)


ピータース 30-10-10  100g入り(計量に便利なスプーン付)


◆2種の肥料のg数が違いますのでご注意ください。






関連記事

▲『ラズベリーハロー・スポーツ』複雑な花色


Raspberry Halo Sport
ラズベリーハロー・スポーツ

スタンダード
キメラ



マットで暗いグリーンの葉。
その目立たない株姿からは予想もしない複雑な咲き方のキメラ花が咲きます。

夏だというのに、約3週間ほど前から咲き出しました。
我が家のキメラは、咲いてほしくない夏なのに、良く蕾を持ち咲きました。

この品種は、暑さを感じないようで、
規則正しい正規の花を咲かせてくれています。

にじむことなく、無地になることもなく、しっかりキメラの花が咲きました。
画像では何輪も枯れて取り去っているので花数が少なく見えますが、
蕾数も多く花期は長いタイプで、咲き出すと1か月半は鑑賞できます。

IMGP5065.jpg

アルミワイヤーで、寝てしまう花茎を誘導・・・↓

IMGP5066.jpg

照明は、強すぎず、弱すぎず・・・気難しくはありませんが、
いつも気になる株です。

一番の短所は、我が家だけかもしれないのですが、
花茎が長くなり柔らかいのか寝てしまうこと。。。

株姿を見ると、葉の間隔も適切で葉の茎が伸びていなくて、
蕾の数も、5輪前後付くので
照明が足りなくて間延びしているとは考えにくい・・・。


せっかく複雑で素敵な花を咲かせるのに、茎が寝てしまうと覗き込まないと花が見れません。

それで、毎回、アルミワイヤーで花茎を上に向けるように誘導しています。
こういう性質の株って結構あり、
スタンダードの普通種で見切ってしまったものが何株もあります。。。。

そんな贅沢をいうと失礼ですが、花が美しくても、そういう花茎が嫌なのです・・・。

でもね・・・
花茎が自然とスク~ット伸びて、花が咲いてくれる品種って、
本当に数少ないことに気が付きます。。。。。。

IMGP5061.jpg

IMGP5060.jpg


私の栽培の仕方が、狭い場所に沢山の株を並べている関係で、
外側の葉を多めに取り去っているので、
サイズの説明は当てはまらないかもしれないのですが、
スタンダード品種の中では、コンパクトに収まるタイプではと感じています。

現在、株幅 15㎝で、この株のサイズで3度目の開花をしています。

関連記事

▲『Robs Slap Happy』戸惑う葉色

Robs Slap Happy
ロブス・スラップハッピー

AVSA #9040
セミミニチュア
多彩なカラーの斑入り葉種

この品種はセミミニ種でもしっかりガッチリ大きくなるタイプで、
現在の株幅は、14㎝あります。
大型に育つ性質があると知ったので、外回りの葉を多めに取り去っていますが、
それでも大きいです。

毎回植え替え時には、2周くらいの葉を取り去っているのですが、
大きくなる要素のある株は、開花までには、元のサイズに戻ってしまいますね^^;



夏でも多彩な斑入りが消えずに残りました。

昨年秋に個人輸入しているので、夏の間の栽培は今年が初めての経験。

どんな姿になるかなと見守ってきましたが、本当に多彩な色合いの斑入り葉です。
茶色くなり出すこともあるので、”枯れるの?!”って慌てることもあるのよね^^;

”レッドステイン”という赤茶けたシミが入る現象がありますが、
それは、一度入ってしまうと消えませんが、
こちらの斑入り葉の茶色は、自然と消えてその後は黄色い色になります。

IMGP5042.jpg

IMGP5041.jpg

IMGP5040.jpg

IMGP5045.jpg

下の画像はオークションのタイトルに使った画像です。

一番葉色が綺麗だった3月は、 綺麗なクリーム斑入り葉になって、可愛く咲きました。
IMGP2616_2015082309404744a.jpg

茶色になりかけてくると、株全体が地味になり、
調子を崩した株のようで、凄く心配します。。。
でも、中心が腐ってくる時とは全然違うので、『葉色の変化なんだわ…』と安心して見守っていますけど、

オークションで落とされた方は、
初めて迎える四季折々の変化にきっと戸惑っていらっしゃるのではありませんか?

葉色の変化に驚き、慌てて、植え替えをなさったり、肥料を変えてみたり・・・
していませんか??
葉を触って張りがあって、中心が元気であれば心配はいりません。

こういう葉色の変化は、トミールー斑入り葉の緑色と白が入るものとはまるで違い、
最初はびっくりすると思います。

急に、中央の新しい葉が茶色になってしまったら、その色はまるで枯れる色。。。

その枯れるような色に変化する時期が年2回ほどあるので、
その都度びっくりするのです。

沢山棚に並んでいる中で、急に色が茶色になるんですから・・・。
そういう品種なのだと思っていても毎回びっくりして、何度も手に取り覗き込むのよ私 ^^;

今回も、『また始まったかぁ・・・茶色くなるぅ。。。』
『本当に枯れないよね?!』
って、ドキドキしました。。。


花色は、画像では華やかなピンク色に見えると思いますが、
上品なピンク色に、少しオレンジが入った感じのどぎついピンクではありません。

セミミニチュア品種は、スタンダード品種のように花の変化が少ないので、
葉模様で楽しむこともできて、花のない時期は観葉植物的な楽しみ方が出来るのも、
多彩な斑入り種を栽培する楽しみでもあります。



関連記事

▲セントポーリア原種『S. velutina』魅力的な葉!

セントポーリア 原種
S. velutina
ベルチナ

スモールスタンダード


原種には最も一般的な24種があるようですが、
我が家には以前まで2種あったのですが、1種消滅させて
ディプロトリカ だけがありました。

今年7月の個人輸入で新しく仲間入りした ”ベルチナ” です。

ショップでは不鮮明な画像しかなくネットで検索してみると、海外のネット上で、
美しい葉の画像が出ていたので、本物が見たくなりました。

123699r.jpg

届いた苗はまだ幼いもので画像のような綺麗な葉がなかったのですが、
和紙のような質感があって表面はビロード状で葉脈が美しく、興味をそそる原種でした。



小さなスタンダードという説明がされています。
届いた姿からすると、冬まで開花はないと思っていたのですが、
1カ月も満たないうちに小さな花芽を発見しました。

そして2日前から開花が始まりました。

IMGP50200.jpg

正に原種らしい、素朴な小さなお花が咲きましたよ。^m^

株のサイズは11㎝ほどですが、花のサイズは15mmほど・・・
小さなお花です。
株全体は個人輸入した時には傷が多く、いまだにその傷や、
葉焼けの姿は恥ずかしくてお見せできませんので、ご了承くださいませ。
きちんと美しい株に育てることが出来ましたら・・・
出来るかなぁ・・・・
ちょっと、手を掛けてあげなくてはいけない品種だと思うので。・・・

IMGP5017.jpg

葉が薄く和紙のような質感があり固く、深い緑色をしているので、
照明をどのようにあてると適切なのか、判断に困っていた矢先、
気が付いたら葉やけを起こさせていました。  (>_<)

葉の先が黄ばんでしまったのです。ショックぅ~  (T_T)

慌てて、隅に移動!! 

やっと、元に戻った新しい葉が展開してきて、ホッとしたところです。

この株に最初についていた葉は淵が痛んでいましたが、
原種というのに、今までに見たことのない質感の葉を見て驚きました。
こんな質感の葉は、今まで育ててきた品種にはなかったからです。

ディプロトリカのような葉は普通に見かけますけどね・・・

幼い葉には産毛が目立ちますけど、それはセントポーリアなら全てそんな感じで
新しい葉が出てきますので、ベルチナは産毛が濃いわけではありません。


この葉だけの画像のような美しい葉を付けて、お花を一杯咲かせてみたいなぁ・・・
じっくり、丁寧に作り込むと、
キメラにも負けない美しい株が出来上がりそうな原種です。

葉だけの画像を見ていたら、
実際に触りたくなってきませんか・・・・・
もう一度この画像を載せておきます。

123699r.jpg

綺麗だわぁ・・・・・・

そして、到着時に、1枚未熟な傷だらけの葉が折れていたので、
ダメ元でパーライトに挿しておきましたら、
もうこんな本葉が2枚も開いています。
生命力は強そうです。            
           ↓小さな葉だったので、産毛も濃かったわね・・・
IMGP5034.jpg





今回個人輸入した原種は『3種』

開花したら順次投稿していきますが、他の2種は、まだまだ咲きそうもないです。・・・



********************************************
*********************************************************


【   ご   案   内   】

セントポーリア、多肉、植物全般、に使用できる肥料の小分け販売を行っています。
ご利用ください。


8月1日より郵便局で新しく始まったサービスがあります。
追跡はできませんが、100g以上のものを送ると、25円お安くなる、
『スマートレター』¥180 に対応いたします。

私のショップ↓
セントポーリア資材

◆各種微量要素入り高純度粉末液肥◆

プロフェショナル・ハイポネックス
    20-20-20     30g入り(計量に便利なスプーン付)


ピータース 30-10-10  100g入り(計量に便利なスプーン付)


◆2種の肥料のg数が違いますのでご注意ください。
関連記事

▲『Ma's Prince Froggie』ショープランツ

Ma's Prince Froggie
マス・プリンス フロッギー

スタンダード
ショープランツ
トミールー斑入り葉種
AVSA #9458

この品種は適切に栽培すると、ショープランツになりえる性質を持っている株。
展示会などを目指す方用の品種ということになります。

なるほどね・・・フムフム・・・

いえね、この説明は今、バイオレット・バーンに行って確認した情報で、
何も知らなかったのですよ。

『手を掛けずに、綺麗な姿になって咲いたわ…』 って思っていたのですよね。

それで、説明を見て、『なるほどね。・・・』と納得したのです。

私は、注文しなくても、毎日のように
個人輸入先のお花の状況を見にネット散歩に出かけます。



セントポーリアって、葉の種類も何種もあって、
花に強いフリルが入ると葉にも強くフリルが入りますよね。
その株は、平らに整った葉姿にするのは困難です。

その逆に、花が素直な株だからと言って、
株姿も素直に整然と育つかというとそれは、難しいところ・・・

色々育ててきましたが、性質上 ショープランツになるという株は、
素人でも綺麗に育てることは可能だと思うのですが、
ショープランツではない株がほとんどで、
何百とあるショップに並ぶ株の中でも、30株とかしか検索にかからないほどしかないものです。


それほど、貴重な品種でもあると思うのです。

だからと言って、格段にお値段が高いかというと、そうでもない。・・・
高い物もありますけどね。

なぜか、検索してもショープランツにキメラ株が入ってこないのですよね。。。


もし、ショープランツに興味がありましたら、
一度経験されるとよろしいですよ。 ^^

今後、私のオークションで出品する場合は、
必ず『ショープランツ』と説明に加えますので。・・・



しかし、
決して、何もしなくても綺麗に育つという意味ではありませんので、
誤解の無いように。
そんな虫のよい話はありませんので ^^;

しなければならない世話はきちんとしなければだめですからね。

きちんとした間隔での植え替えとか、薬浴の作業は怠らずに行っていただくのは基本中の基本です。

それをしていただいた上で、栽培すると、楽に株姿が整ってくれるということですからね。



IMGP5032.jpg

IMGP5029.jpg

IMGP5026.jpg

まだ若い株なので、一重咲の花が多く咲いていて、葉にはトミールー斑もありませんが、
これからショップにあるようなダブル咲きの大人の花を期待しています。
↓ このお花が正規の咲方です。
3265478.jpg


我が家の薬浴は本日すべて完了しました。
臭いが消えるまで、二日ほど待たないとだめですね・・・。

窓を開けて臭いを逃がしたので、今日はちくわと寝れそうです。
インコさんも元の部屋へご帰還しました。

関連記事

▲『Mac's Scorching Sun』個性的な株

Mac's Scorching Sun
マックス・スコーチング・サン

セミミニチュア
チャンピオン斑入り葉種。(別名クラウン斑)
AVSA登録#10510
制作者名 : McDonald
★セミミニチュア種としては一番高額だった株です。


IMGP50004.jpg

花色はコーラルレッドのジェネバエッジと説明されているのですが、・・・
白い細いエッジがあるだけで・・・初開花、夏花ということで大目に見ましょう。^^
でもね、海外のサイトを覗いても、細いエッジしか見なかったんですよね。。。


花色はピンク寄りのオレンジ系。
微妙な色合いで、冬に入るクリーム色の多い斑入りの葉に、
この花色が咲いたら、とても目立つ株になりそうですね。
可愛いお花の色です。

IMGP50006.jpg


葉はのこぎり状の個性的な株です。

葉の形は、本当にのこぎりの刃のようで、尖っています。
この葉はどのセントポーリアとも違い、葉だけが落ちていても、この株の名前が分かるほど
個性的です。


チャンピオン斑入り葉種は、葉模様がとても美しく入る品種なので、
葉を健全に美しく育てなくちゃいけません。

棚に置く場合は一番下段が特等席でしょう。

ポットに管理情報が見えていますが、
7月25日に植え付けしたばかりで、もうすぐ1カ月になるところです。
まだ、根が充実していない時期なので、これから肥料もきちんとあげ、
消毒殺菌もして、今後の花期に備える管理をしっかり行いたいと思っています。

殺虫殺菌は1カ月に一度。
みなさん、きちんと行っていますでしょうか?

1カ月なんて、あっという間に経ってしまい、
また我が家は殺菌消毒の時期が来てしまいました。

セントポーリアは産毛の濃い葉が多く、ケースや温室に入れていても、埃は載ります。
殺虫殺菌は、必ずぬるま湯で行ない、葉の表面をザァーザァー洗いましょうね。
裏側まで洗いたいところですが、なかなかうまく洗えませんので、
表側だけでも、薬液を多めに掛けて洗います。

薬の臭いがきついので、マスク着用して換気扇を回して気を付けて行います。
インコさんは、今回避難させて行いました。
ちくわと寝るのも一晩だけ止めにしました。
物言えぬペットと同居の場合は空間の臭いに敏感なので注意します。


一番嫌な作業ですが、これを怠っては綺麗な株は育ちませんので、
これから初秋~初冬に向けて開花が進む株が多いはずですので、
残暑厳しい時期かもしれませんが、早めに植え替えも行って薬浴も行って
花期を迎えたいですね。

我が家は、真夏の間は、ほとんどスタンダードの花が咲きませんでした。

どうしてか、咲かせたくない、キメラ株ばかりが花を咲かせました。

にじんで咲いたり、縞が無かったりで散々な花でしたが、花茎をカットしても
カットしても出すので、しょうがなく咲かせていましたけど。。。

関連記事
NEXT≫
リアルタイム訪問者数
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
管理人の日記 (186)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (54)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (25)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (16)
▲セントポーリア(全般) (1099)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (9)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (5)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (101)
★ 蘭 (19)
●多肉植物&サボテン (497)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (15)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (82)
ネックレス(トップ付) (1)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (55)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (59)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (194)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (4)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
VERAL(ヴェルオール)の紹介

ブログ管理人が
制作販売をしています。

33333_20161019100014d92.jpg

ハンドメイドマーケット
『ミンネ』で販売しています。

『ミンネ』販売中の作品。

 出品情報

在庫一掃の為、
半額セール中!

画像にポイントを当てると
50個の作品が自由に見られます。

解析中
おすすめ
ご訪問ありがとうございます。
天気&気温
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。

おすすめサイト
同居のパートナー
IMGP61054.jpg (2016.9.12画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな仔です。
お迎え日:2012.8.20
2016.9月現在、5,100g!
手作りご飯にしてから
アレルギーが出なくなった。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い! IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。 IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い。 IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。 IMG_744911.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…

IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命3ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
ジステンパーにり患し、
4ヶ月で亡
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブログランキングドットネット

ページへ入るだけでカウントします。