▲苦手な”フリル葉”

フリルのある花が大好きですが、
その株姿は決まってフリルのある大型の葉を持つ品種・・・

葉と花に入るフリルは切っても切れない関係にあるようです。。。
下の画像はお友達から許可をもらってオークションでタイトルとして使用した画像です。

20150302_635633.jpg
(シーザー)

今日、楽しみに開花を待ち望んでいた、『シーザー』を破棄しました・・・・・。


夏になる前から蕾を確認していて、楽しみに待ってもつぼみが膨らまず、
そのまま真夏に突入・・・

ずっと膨らまないのは夏が嫌なのだわ。。。
と蕾を付けたまま秋まで待とうかと思ったのですが、
いくらなんでも、この状態で秋に膨らみ出すとは考えられない為、
ストークを3本切り取りました。

その後も株姿に変化はない・・・と思ったのですが、
動きがなかったというのが正しかったと思います。・・・

株は、とても頑丈なフリル葉で、色もダークグリーン。
沈黙を続けている内に秋になり、開花を待つまでに、早めに植え替えも薬浴も済ませて
待っていた矢先、
今日の朝、頑丈な株がしんなりしていて、色もおかしく、
中央の葉に変色が見つかりました。

やはり、花が咲けない異変が徐々に起こっていたのでしょうね・・・。

一年3ヶ月の間、葉挿しから育ててきた株でした。
順調に育っていた為、2株オークションへ出品していました。
我が家に2株残していたのですが、もう一株はとても成長が遅く、
まだ小さいままで、開花はまだ先のようです・・・。
 こちらです。↓ 6㎝ポット植え
IMGP5751.jpg

この品種は、葉挿しから新芽が出るまでの期間も長くかかりますが、
成長も遅いですよね。

気難しい品種は保険株をきちんと継承しておかなくてはいけません。

5月に葉挿ししていて良かったです。
そして、8月にも葉挿ししています。
何か、嫌な予感があったので、葉挿しを一杯していました。

IMGP5747.jpg
(5月に葉挿ししたもの)

何があるかわからない。。。
元気だった株をあっという間に失ってしまうこともあるのです。。。
だからと言って沢山の品種に保険株を持つだけの場所の
ゆとりがないのが現実です。


フリル葉の株を初開花させても、次回の花期まで維持していけなくて・・・
別の品種ですが、

デットリースティング は現在こんな感じ・・・

IMGP5750_20150930191234335.jpg
(株幅 約22cm)

IMGP3732_20150930191441a71.jpg

この株のお花は素敵なのよ!

極小さな花芽らしきものが見えてきましたが、
咲いてくれるかなぁ・・・・・

あと一ヶ月はかかるでしょう・・・・・
スポンサーサイト
関連記事

▲葉挿しの定植(1)

◆本日2度目の投稿です。

先日、オークションで、葉挿し中を出品しましたが、
その後順調に育っているでしょうか?

我が家にも、何種か葉挿し中のものがあって、
定植する時期に来ているものがあるため、
用土がもう少し乾かし気味の方が作業がしやすいのですが、
画像を追って作業工程をお見せしましょうね。

落札者様の手元に渡っている鉢植えの葉挿し中ですが、
最初は、パーライトだけで底にミリオンAを少し入れて根を出させて1ヶ月以上経ってから
新芽が出始めたもの、挿した葉が変色などしていなく、
根がしっかりしていると思ったものは、優先して6㎝スリット鉢へ移植したものです。


最初から用土に植え付けることをしないのは、
茶色のバーミキュライト主体の色が邪魔で、
根がどのように出てきているか確認が難しいので、
白いパーライトに植え付けて管理しています。

葉挿しは、1か月を過ぎると、品種にもよりますが、必ず少しでも根が出ているので、
そのころから750~1,000倍の30-10-10の成分の肥料を与え始めています。
一ヶ月以内は、ハイフレッシュ入りの水だけです。

肥料を入れる時期は根が出始めていないと、葉が腐る場合があります。

下の画像の葉挿しは、7月25日に
一番外側にあった葉を挿しました。
輸入苗は、環境に合わない場合やコンディションが悪い状態で送られてきた場合に、
あっという間に消滅させてしまう為、
保険株を作っておくために葉挿しをいておきます。

葉がたくさんついている株なら1枚や2枚外しても問題ないですが、

小さな株、弱った株などは、葉が取れないことがありますので、
その場合は諦めています。

下の葉挿しは、6枚の本葉が出てきたので、もう分離させても大丈夫です。
凄く勢いがある品種で、2か月でここまで育ちました。
葉を見ても、パキッとしていて、この後も葉挿しとして使えそうな感じですね。
何もダメージがなく、とてもきれいな葉です。
多分、根も相当量出ていることでしょう。
スタンダードは、本葉のサイズも大きいですので、
2本以上新芽が出ていると、相当窮屈になります。

IMGP5735.jpg

IMGP5736.jpg


こちらは、ガール葉。
こちらは7月4日に挿しています。
セミミニチュアで、コンパクトなサイズの株のようで葉が小さく、
6㎝スリット鉢に2枚一緒に入れています。
こちらも6枚の本葉が出始めてきたので、定植時期です。

IMGP5737.jpg


今日は、普通種の下記品種の定植をお見せします。↓

IMGP5736.jpg


Northern Attitude
普通種
AVSA Reg. #9538

Northern-Attitude.jpg


スリット鉢の長所は、
通気性がよく、根が絡まずまっすぐに伸びること。

真っ直ぐに伸びていますよね。
底付近まで到達するほど根が伸びていました。

IMGP5738.jpg

良く観察してみると、3本の新芽が育っています。

最初に邪魔な大きな葉を根元付近でカットしました。

IMGP5741.jpg

IMGP5739.jpg

IMGP5742.jpg

どの新芽からも、根が出ているのを確認しました。

IMGP5743.jpg


右下に根だけおきましたが、1本の新芽に根が少ししかなかったものがあるので、
この根を付けたままにしようか考えたのですが、
1本の新芽からこれくらい、根が出ていれば茎を外して定植して大丈夫です。


小さな変形しているような葉は今のうちにきちんと外しておくと、
そこから根が発生してくるので、株の充実が図れます。
6枚葉があると、それが出来ます。

IMGP5745.jpg

1,000倍の30-10-10 肥料水を底からたっぷり吸わせて、
定植完了しました。

1枚の葉から3本の幼苗が誕生しましたが、
無事育っていくか注意しながら見守っていきます。

関連記事

スーパームーン

昨日は夕方結構な雨が降り、長い間降っていたので、
夜の月は見えないかも・・・と思っていました。

スーパームーンでしたよね。

19時頃、長男さんが、
私のカメラ貸してといい、何やら大きな望遠レンズを装着し始め、
三脚も出しているので、
何やってんの?と聞いたら、スーパームーンを撮ってくるというので、

自分のカメラ沢山持っているのに、なんで私のカメラなのかね・・・?
ま、いいけど、

綺麗に取れたら、画像頂戴ねと頼んでおきました。

その後、河川敷まで月を撮りに行ってくると出かけていき、
直ぐ帰ってきた長男さん、

”見えなかったわぁーーーッ”

何で?

10分ほど前に私が家の前で見た時は、雲はところどころにあったものの、
それから数分で見えなくなる状態ではなかったのに・・・

私は、自分の目で見ましたよ。


とっても綺麗な兎さんが見えていました。 ^m^



それから30分後、再度出かけて行った長男さんが撮ってきた、お月様は↓

IMGP0771.jpg

IMGP0805.jpg


毎年1度見えるスーパームーンは、来年は、11月だそうですよ。

なんか、神秘的ですよね。 ^m^



関連記事

▲『グレンジャーズ・デザートドーン』勢い衰えず・・・


グレンジャーズ・デザートドーン
Granger's Desert Dawn

(タイプ)  ラージ
(作出者)  Eyerdom
(登録年月日)09/15/1980

6月末に満開になったと投稿したこの株は、その後いったん終了したかと思ったら、
真夏の間も絶え間なくストークが上がり、取り去っても取り去っても、
花芽が上がってくるので、好きなようにさせておきました。。。

真夏の花は、本当に小さくて、2㎝にも満たないお粗末な花ばかりで、

”だから咲かなくていいって言うのよッ”

って突っ込みたくなるような花ばかり咲いていました。

でもそんな小さないじけた花でしたが、かすかに縞模様は消えずに入っていました。

それが、少し涼しくなると、段々大きくなってきて、もうあれから2ヶ月になるかと思うのですが、
まだ花期が続いています。
現在咲いている花径は、約4㎝です。
初開花の時は、5.5㎝のお花が咲いていたので、それから比べるとまだ小さいですね。


IMGP5731.jpg

IMGP5732.jpg

蕾もまだまだあって、このままだと10月の中旬以降まで開花が伸びそうです。

この株は、葉の色が深いグリーン色をしていて、やや艶があります。
真夏からずっと咲き続けているスタミナのある株なのですが、
葉姿が、真夏の間暑がっているなと感じていました。
株姿が少し乱れて葉のサイズが少し小さくなってしまったので
今後は窒素成分の肥料も交互に与えてやろうかと思います。

開花中は、葉の生長がほとんど止まってしまう品種もありますよね。
株を覆うほど開花して、終了させてみたら、株姿がすごく”やつれる”ことがよくあります。

花期が長い品種は、その長い花期の中でも、新しく葉を伸ばしながらストークを繰り出す為、
何時までも花期が長く続いていくわけですから、
どうしても花に養分を摂られがちで、葉が小さくなってしまうのです。

まして、この品種は、ラージタイプで、株姿が非常に大きい為、
その姿を維持するには、相当な活力が必要だと思います。

IMGP5733.jpg

株幅は約23cmあります。

真夏の間は、
咲かないで静かに養生しているお利口な品種も多くある中、
強制的に花茎を取り払ってやっても、
真夏なのに咲きたかった勢いある株なので、
今後も大事にしてあげようと思っています・・・。

関連記事

▲『Funambule Girl 』の注文!

昨日、いつものように、
アメリカにある個人輸入先のネットショップ

バイオレットバーン(The Violet Barn )へ
遊びに行きました。

もう、今年は個人輸入はしないつもりでいたので、というより、
出来ない時期になるので、ただ見るだけなのですが。・・・

そうしたら、キメラのジャンルに、私が欲しいと思っていたあるものが、出ていたのです。

こちらの品種は   『Funambule Girl 』
'Funambule' のスポーツ
ガール葉
『葉』キメラ

funambulesport_20150926075341ab7.jpg


という、超レアな品種。!!
常に供給量が不足していると書いてあり、
見た時に注文できる時期であったら、いつかほしいと願ってきた株でした。
バーンは在庫がなくなると、画像も表示しなくなるので、
いつあって、いつ無くなったのかという、足跡が残らないシステムになっており、
今年の1月に見た時から、私の目に留まったのは今回が二度目。

深夜1時過ぎの注文で、迷っている暇はない!!

この一株だけ注文すると早く処理出来て、手に入るのも確実視されるのですが、
植物検疫文書料金や送料も高額になるのは分かっているし・・・
ついでに何株か、注文しようと思っても、
選んでいるうちに、この欲しい株がなくなってしまう可能性もあり、
早くカート処理をしてしまいたかったので、慌てて注文を済ませました。

注文を確定しても本当にその株が手に入るかは、注文履歴に残っていなければならず、
恐る恐る確認したら、きちんと注文送信されていて、一安心。

それから、5時間後の朝7時過ぎ、
バーンへ行って見ると、既にこの品種の画像は跡形なく消え去っていました。・・・

いったい何株が何時間で売れてしまったのでしょうか・・・

本当に奇跡的な獲得だったと思っています。



しかし、発送は来月12日以降になるため、
この時期の個人輸入は、リスクもあるし、
ショップ側が送ってくれるかも怪しい時期になるので、返事が来るまでは心配でした。

返事が入ってきた時刻は、日本時間の午前5時過ぎだったようで、
そこには、注文が処理されたと書いてあるので、
送ってくれそうです。


でもね。。。

10月の中旬に北海道に到着するということは、結構な低温になるので、
ダメージも心配されるのですよね・・・。


お願いだから、調子の良い状態の株を送って下さいよ!!

と祈って待つしかないです。

そういえば、1月に見た時より値上がっていました。
希少価値が出始めたのかもしれないですね。。。

ガール葉種は本当に少ないですから、
まして、ガール葉のキメラは、この品種しかないのかもしれませんよ。


ブジ到着してくれるといいのですが。・・・・・・・




関連記事

▲『Robs Delicious』綺麗な斑入り葉

Robs Delicious
ロブス・デリシャス

セミミニチュア種
斑入り葉種
AVSA  #10139


もう1カ月は咲いていると思う・・・・・

可愛い色合いの花が次から次と咲いてきます。
中央部分に星形に抜ける白い色。

7月に咲いたときは、何輪も咲かなくて、
今回も花数が少ないな。。。と思って諦めたのですが、
8月に入ってから蕾がどんどん上がってきました。
昨年輸入してから何度も花期を迎えているのですが、
その都度、5輪前後咲いたら後は蕾が途中で消滅してしまう・・・

その繰り返しで、環境が合わないのかと悩んでいました。

しかし、株の様子を見ていると、葉は伸び伸びと扁平に開いて、
間延びするわけでもなく、綺麗な葉柄を楽しませてくれました。
少し気難しいのかなと気長に待っていたのです。
単に、成株になれてなくて、花芽が沢山出来なかっただけなのかと思います。



柔らかな葉で、
斑入りは、夏の葉ですから緑色が多くなりますが、
中央から黄色が多い葉が出てきました。

冬期間は、とても美しい葉色になります。

(中央部分が黄色い・・・)
IMGP5716.jpg


red_bobu-img591x443-1440895734jy1tba15459.jpg

IMGP5714.jpg

IMGP5715.jpg

この株は、開花させてしまったので、
更新株はすでに出来上がっていて、年内開花が叶いそうなサイズになりました。

IMGP5721.jpg
(こちらの株は、真夏でも綺麗な斑入りでした。)


上の株はもうすぐ蕾が出そうなくらいなので、
次の株を作ろうと葉挿しもしています。

次から次と、追っかけ栽培をしている状態なので、
とても忙しいわよ・・・

この品種、葉挿しをすると、毎回、1枚から5個以上の新芽が出てしまう、
相当強健な品種ですね。
苗を育てるのは、とても楽な品種です。
小さな苗から黄色くて斑入りが見えるので、
苗づくりもとても楽しませてもらえます。


春までに、3世代が揃ってしまいそうです。
そしたら春には余剰苗も、山ほど出てしまうわね・・・。
こんなことしているから置き場所に困ることになるのよね。。。(>_<)


どの苗を最後まで残しておくべきか・・・と悩む間はずっと真剣に育てて行くので、
どれもこれも残しておきたい株姿になってしまい、
手放すのに悩むのですよ。。。(>_<)

この品種、放っておいても、綺麗な株に仕上がります。
こんなこといちいちアドバイスしなくてもお分かりと思いますけど、

セントポーリアの葉は黙って放っておくと、重なり合ってしまう場合があります。

ぶつかり合っても上に出てこれない場合には、手助けしてあげなくてはいけません。

ぶつかり合ってしまうと、葉が丸まってそのまま固定してしまい、
平らにならなくなって見栄えが悪い葉になりますので、
そんな窮屈そうな葉を見つけたら、
静かに葉の上になるように下の葉を引き出してあげます。

ちょっとした事ですが、放っておくより、直してあげると綺麗な株姿になります。
葉茎は曲がったままにしておくと、そのまま固まって直らなくなりますので、
気を付けてあげましょうね。

別に展示会などに出すわけではなくても、
気になるもので、目についたときは、直しています。







関連記事

▲『ラズベリーハロー・スポーツ』夏でも乱れなく咲く!

Raspberry Halo Sport
ラズベリーハロー・スポーツ

スタンダード
キメラ

この品種、8月の末に投稿していました。
この投稿の時には3週間ほど前から咲き進んでいた画像を載せていたのを先ほど見て、
あれからもう1カ月も経っていてもほとんど変わらなく咲いているんですよね。・・・

ということは、7月から咲いている訳で、約3ヶ月も咲き続けているのです。
株をよく観察してみると、まだストークが上がってきています。

真夏に咲いても、縞が乱れずに正規の花を咲かせ続けているというのは、
とてつもなく生命力がある品種のようです。

IMGP5713.jpg


葉の色は深いぐグリーンで、マットな渋い色合い。

少々花茎が伸びやすく、茎が寝てしまうという短所があるので、
その花茎を、柔らかいアルミワイヤーで、花茎が若い内から誘導してやって、
真っ直ぐ咲かせてやると、綺麗な開花株になります。

照明は別段気にしていません。花茎が伸びるのは、照明が弱いのかもしれないと思って
普通にあててきましたが、治りませんので、
そういう性質であると思います。

ポツポツしか咲いていない感じになってしまっていますが、
株を覆うほどの開花にはなりませんが、
撮影前にしおれかけている花を6輪も取ってしまいましたので、
寂しい撮影にしてしまいました。

もっと綺麗なときに写せばよかったですよね。

私の撮影は、いつもこうなのよね・・・

もう少し、、、 もう少し待った方が綺麗な画像が撮れるよね・・・
と考えているうちに、一番いい時期を逃してしまうのです。・・・

IMGP5711.jpg

IMGP5710.jpg

IMGP5709.jpg


株姿は、少々コンパクトに収まるスタンダード品種なので、
外側の葉を多く取らないように気を付けています。

それでも、現在16㎝しかないのですよ。

キメラの中では花期がとても長い品種です。


関連記事

▲『ユカコ』夏の開花

ユカコ
スタンダード
キメラ

ユカコは名前で分かるように、日本生まれのキメラです。
海外でもとても人気があるようで、
個人輸入先の二店舗では、頻繁に在庫がなくなります。


我が家に以前からあったユカコの咲方に不満があって、
6月に新しく仲間入りとなった ”新ユカコ”

夏でも、こんなに伸び伸びと育っています。
株幅は、約20㎝ほど。
葉はフリルが入るって程じゃないですが、やや、波打ってしまいます。

柔らかな大きな葉をしています。

IMGP5707.jpg


やはり咲方の違いってあるのですよねぇ・・・

今咲いているお花は、真夏に出来た花芽から咲いている夏花。

花の直径は小さ目で、緑色の縞模様があります。
冬に咲くお花は、白い縞模様になり直径はもう少し大きくなります。

IMGP5701.jpg

6本ある縞模様は5本になったり、4本になったりいたします。・・・
こちら↓は5本。

IMGP5703.jpg

IMGP5706.jpg


以前から我が家にいる『ユカコ』さんはというと、
こんな感じ ↓

IMGP5700.jpg

この株は、特に夏に咲くと、花の色もくすんでいやいや咲いているって感じで、
花も小さいです。
緑色の縞模様が、濃く入ります。

何が気に入らないって、花に入るカールがきついのです。

楽しそうに咲きますけど、花が小さいのと、フリルがきついのが正規の咲方と違うなぁ。。。
といつも感じていました。

現在は、
どちらも同じくらいの株幅で、一緒に開花しています。

面白いもので、何株か同じ品種を置いていると、サイズは多少違っても、
必ず同じ時期に咲きますよ。
好みの時期が同じなので、そうなるのは当たり前なのでしょうけど・・・

同じ品種でも、微妙に個性があって、
咲方は様々あるのですよね。・・・

関連記事

のんびりしたい・・・

多肉植物のオークションをヤフオクで行なっています。

出品数は9箱で終わりました。
少なめですが・・・
セントポーリアと同じく大事に育ててきた多肉です。


24日で全部終了いたします。







ながーーーい シルバーウィークが今日で終わりますね。
別に平日、祭日の関係のない生活をしている身の上なのですが、
買い物に行くと人が多いのが嫌で、
出来るだけ平日に出歩くことが多い私です。
そのため、あまり長い祭日があるとちょっと困ります。・・・

多肉植物の整理をしていた3日間でした。
もう半月もすると、家に入れなくちゃいけなくなる時期になるため、
どれを家に入れようかと迷ってしまい、
あれもこれもと欲張ると間延びしてしまうことになる家の中には
入れられないし。。。

これでも、昨年から比べると、10分の一ほどしかないのですよ。
もうやめようと何度も思ったのですが、全て処分するのは忍び難く、
大好きなものだけを残そうと思っても、皆好きな多肉を買った訳で、
選べないのですよ・・・。
優柔不断な私ではないはずなのに・・・。

戸外で冬越ししてくれるものなら何の迷いもなく外に置きっぱなしにしたいのですが、
80%はマイナス20度にもなる当地ではあとかたなく消滅するので、
家に入れるしか救える道はないのです。
この時期は、本当に”決断の秋”なのですよ・・・

セントポーリアの植え替え時期と、多肉植物の家に入れる株を選択する日々で、
毎日外と家の中を右往左往している為、
愛犬”ちくわ”の相手が出来ず、可愛そうです。。。

ああぁ~  私の身体が4体欲しいぃ~   

一つは、家の家事全般だけする身。
2つ目はセントポーリアの栽培だけしている身
3つ目は多肉を世話するだけの身
4つ目はインコ達と、ちくわと戯れ、のんびり生活するだけの身

IMGP5689.jpg
まだ朝8時なのに、眠たいちくわです。・・・
IMGP5692.jpg


なんて、叶わぬ、贅沢な望みですねぇ ^^;


そんなたわごとを言っている暇はない!!

春6月に植え替えしたものが多くあり、
3か月後の今月は、植え替え時期に来ているので、
毎日少しづつ植え替え中です。
そして、薬浴の時期も到来している。・・・
でも先に植え替えします。


植え替えする時は、水を切っておく方がしやすいのですが・・・
ちょっと目を離したすきに、カラッカラに乾いていてびっくり!!

このところ暑くなってきた北海道で、昨日も汗ばむ気温になっていましたし、
今日も良いお天気です。

そのため、まだいいよね・・・と思っていた水遣りも、予想外に乾いていて、
夜11時過ぎに水遣りをしていたりします。

性格的に、いつも何かしていないとダメな人間のようで、
のんびりしたいなぁ~ とは思っても、
性格がそうはさせてくれそうもありません。・・・

ちくわぁ~ お母さんもゆっくり寝てみたぁ~い・・・

午前1時過ぎに寝ても、6時前には目が覚めてしまう。

歳かぁ~・・・・・・

くうぅ・・・・・





関連記事

▲『ブルーボーダー』夏の狂い咲き画像

多肉植物のオークションをヤフオクで行なっています。

出品数は9箱で終わりました。
少なめですが・・・
セントポーリアと同じく大事に育ててきた多肉です。


24日で全部終了いたします。








ブルーボーダー
スタンダード

苦手なフリル葉だったので、栽培に不安があり、
沢山の新芽を育てていました。
照明にうるさく、環境にもうるさい。。。
わがままな性格の持ち主だということもあり、相当気を使いながらの栽培でした。
なので、照明の不足感も否めない黄緑色の中苗でオークションへ送り出しました。

アドバイスを守って戴けているでしょうか?

★栽培のアドバイス★
葉色が黄緑色をしていますので、極弱い照明でお願いしますね。



少しずつ慣らしていただければ極弱めから弱めの照明に慣れてまいります。
決して、極端な場所jへもっていかないようにお願いしますね。

機嫌を損ねると、葉が固くなって委縮してしまいます。
我が家にも、落札者様と同じサイズで残してある中苗を育てています。

親株さんは、真夏の環境を極端に嫌がっていました。・・・

フラコンケースでぬくぬくとわがままな生活を送っていたのですが、
真夏は蒸れが心配で、蓋を取ってしまったのです。それも急にです!

その時の様子は、
株が ”怒った!!” って感じましたね。

柔らかく育てなければフリル葉の株は、栽培に苦労します。
鉢を持った時に、葉茎をポキッと折ったり、
株姿が暴れます。

フラコンケースは蓋を別売りで販売しているもので、
底部分と蓋部分を別な値段になっていて、両方で¥1,000ちょっとしますが、
気難しいなと感じた株を特別待遇で 

”お も て な し ”

するのにはもってこいの資材ですので、一個は買われて置くといいと思います。
沢山株がないという方は、苗帽子という丸型の小型のケースも売られています。
こちらも底部分と蓋部分は別売りかも知れません。大きなものと小さなものがあるようで、
大の方では、スタンダードの苗なら3つほど入るかなぁ・・・大きくなると1個しか入らなくなりますが。
小さいのでお安く売っているようで、今時期にホームセンターにありますよ。

話が飛びましたが、

その親株はというと、
お盆を境に再びフラコンケースへ戻しました。約一カ月間の環境の変化で、
株はボロボロ・・・葉の姿は見るも無残な状態でした。

ここまで変わるのかって正直思っていなかったのですが、
これなら蒸れて死んでも本望と言われそうな株姿にしてしまったのです。・・・

それから2週間が過ぎたころ、葉が柔らかくなり始め、1ヶ月が経った姿は、
綺麗になりました。
酷い状態の画像を撮ればよかったですね。比較画像が無いとわかってもらえないでしょって
ブルーボーダーから突っ込みが入りそうです。

IMGP5639.jpg

1カ月で良く戻ったわね・・・・・・



なんだか花がおかしくないですかって?


そうなんです。!!!

あの暑い時期に環境を変えてしまって怒った株は、異変を起こしてしまったようで、
現在咲いている蕾はまさしく7月下旬から8月に出来上がったのでしょうね。・・・

咲いたお花は一つとして正規のお花ではありません。

狂い咲きのお花達をお見せします。

IMGP5636.jpg

IMGP5637.jpg
(このような4枚花弁のお花がよく咲きます。)

IMGP5635.jpg

IMGP5647.jpg

IMGP5642.jpg

昨年も縞のお花が咲きましたけど、一過性の変化で元に戻り正規のお花を咲かせていました。
今回もこの時期の狂い咲きだと思いますが、

正規のお花も綺麗ですが、縞柄になるとまた綺麗なもので、
この株にしたら迷惑な環境下に置かれた腹いせみたいな感じなのでしょう。

落札者の皆様、

子の親株から生まれた小苗達ですので、
夏には、怒ったお花が見られますのでお楽しみにぃ~ (^_-)-☆

ああぁ

北海道じゃない土地へ嫁がせましたので、夏は普通に過ごさせると
こうなると思ってください。

我が家ではフラコンケース暮らしをしている株ですが、
土地が変わり、置かれている環境も変わると思いますが、
徐々に慣れていくと思います。

苗時期から育てると、環境の変化に慣れやすい気がしますので、
あまり特別扱いしないように、少し気にしてみてやってください。

夏に開花するように世話しよと意識していたわけでは全くないのです。
まさか、怒ってしまった乱れた株から一か月後に開花するとは思っていませんでした。

この株を育てると、
正規のお花と、怒って変化してしまった縞のお花が見られる特権が付いている ^^


変化して、縞花になるなんて、夏だけの贅沢!

ですね。 ^m^




関連記事
NEXT≫
リアルタイム訪問者数
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
管理人の日記 (197)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (54)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (25)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (16)
▲セントポーリア(全般) (1102)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (9)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (5)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (101)
★ 蘭 (19)
●多肉植物&サボテン (480)
●多肉植物:セダム属 (12)
●多肉植物:コチレドン属 (9)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (0)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (15)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (82)
ネックレス(トップ付) (1)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (55)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (59)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (194)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (4)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
●多肉植物グラプトペタルム属 (0)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
VERAL(ヴェルオール)の紹介

ブログ管理人が
制作販売をしています。

33333_20161019100014d92.jpg

ハンドメイドマーケット
『ミンネ』で販売しています。

『ミンネ』販売中の作品。

 病気療養中の為、
休止中です。




画像にポイントを当てると
50個の作品が自由に見られます。

解析中
おすすめ
ご訪問ありがとうございます。
天気&気温
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。

おすすめサイト
同居のパートナー
IMGP61054.jpg (2016.9.12画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな仔です。
お迎え日:2012.8.20
2016.9月現在、5,100g!
手作りご飯にしてから
アレルギーが出なくなった。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い! IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。 IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い。 IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。 IMG_744911.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…

IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命3ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
ジステンパーにり患し、
4ヶ月で亡
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブログランキングドットネット

ページへ入るだけでカウントします。