▲セントポーリア キメラ普通種『Moonlight 'N' Pink』 ムーンライト’N’ピンク

現在、ヤフオクでセントポーリアに使用できる
肥料 2種 のオークションをしています。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



◆セントポーリアのオークション開催中です。
下のオークション状況は少し遅れて反映されています。


出品されると、順次下へ反映されます。↓ クリックで飛びます。




Moonlight 'N' Pink
ムーンライト’N’ピンク

スタンダード
キメラ
1988年登録 
作出者 : Lyon/Sorano 


花弁に特徴があり、形が整わない花弁ですね。
どの花を見ても、全て形が違っていて、八重で咲いたり一重で咲いたり、定まらない品種のようです。

IMGP9773.jpg

IMGP9774.jpg

IMGP9772.jpg

初開花したこの株は、葉の淵を葉焼けさせてしまいました。・・・
慌てて、場所を移動させたので、中央部分は既に綺麗になってきました。

そのお蔭と言ってはなんですが、蕾数が多く着きました。
ストークが細くて柔らかいので茎が寝てしまいます。

IMGP9779.jpg

IMGP9776.jpg
株幅 約 19㎝

育て方は、難しくなく、
放って置いても気が付いたら咲いているキメラです。

スポンサーサイト
関連記事

▲セントポーリア マイクロミニ種『Pip Squeek』 ピップ スクイーク

現在、ヤフオクでセントポーリアに使用できる
肥料 2種 のオークションをしています。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



◆セントポーリアのオークション開催中です。
下のオークション状況は少し遅れて反映されています。


出品されると、順次下へ反映されます。↓ クリックで飛びます。





世界最小トレイラーと言われるこちらの品種。

Pip Squeek
ピップ スクイーク

マイクロミニ トレイラー種


沢山の方へ嫁いで行きました。
ありがとうございました。<(_ _)>

下の株が親株さんで、幅6cmほど、背丈35mmほどになりました。
なりましたというのは、もっと背丈が大きく成長していたのですが、
葉焼けを起こさせて葉の色が悪くなってしまったので、思い切ってカットしてしまいました。

その頂点部分も根付いてきたようなのでそろそろ定植しようと思っています。
この品種は、小さくてひ弱な感じがするかと思いますが、
とっても頑丈な茎をしていて、ひっくり返っても簡単に茎が折れません。
先日植え替えしているときに、あまりにも小さいもので、
ピンセットを持った手元が狂い苗ごと2mほど先へ ポぃーーーッと
飛ばせてしまって、床に落ち 

”折れたかな!”

と駆け寄ると、何処も何ともなくて、びっくりしましたぁ ^m^


IMGP9756.jpg


IMGP9763.jpg

IMGP9762.jpg

超小型に育つへんてこな形をした根のない状態で届いた株は、
見た目、難しそうだったんですよね。・・・
大きなミミズの死骸みたいな状態で到着したんですよ。
すみません・・・ (>_<) ミミズの死骸って見たことない方が多いかしらね。^^;
凸凹とした40㎜程の茎で焦げ茶色で・・・
葉の色も悪くて、根がないので死んでいるのではと思ったほどひどい状態で、
この苗は何だろうかと思ったんです。

その死んだような茎から落ちた葉を挿して生まれた苗たちが、
今回嫁いでいったわけです。

我が家に残った親株さんは、頂点を失ってしばらく黄色い汚い葉を付けていましたが、
先ほど、植え替え時期が過ぎていたので、半年ぶりで植え替えした際、
葉焼けして黄色かった葉を全て整理して見違えるほど綺麗な姿になりました。
そして、一ヶ月ほど前から蕾が付きだしたので、夏場に花盛りになりそうです。



先日ヤフオクに出品していた株は、花盛りです。
なかなか花期が終わらなくて、蕾は14個以上あってまだまだ花が咲きそうですので、
再度出品致しますので、興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらどうぞ。
現在の姿は↓

IMGP9770.jpg

IMGP9767.jpg

IMGP9769.jpg


可愛らしい花が咲いて、蕾がいっぱいです。

植え替えしてから2ヶ月経っています。

少し細かなふるいにかけたバーミキュライトやパーライトを使った方が植えやすいと思います。
3cmのポット植なので、大粒の用土だと、少ししか入りませんので、
細かくして入れてやります。
液肥を2回やったらハイフレッシュだけの水だけを1回というようなやり方をしています。
容器に液肥を入れて、常に浸け込んだ状態で栽培しています。
液肥は20-20-20、30-10-10などです。元肥は無しです。
出品株は、初開花した株ですが、花期が非常に長く、かれこれ2ヶ月近く咲いているかと思いますが、
蕾を見ると、まだ1ヶ月後まで咲きそうです。

世界最小トレイラー種と紹介されているので、葉はとても小型ですが、
茎がうねって葉を付けながら成長していくので、世界最小と言っても、
株は段々大きく成長するでしょう。
小さく育てたければ、脇芽を別に育てると、超小型のセントポーリアに育てることもできます。
でも放って置くと脇芽がすぐ出てきて、トレイラー化していきます。
小さく育った株の参考画像はトレイラーのリストに載せてありますのでご覧ください。

関連記事

▲セントポーリア セミミニ種『Midnight Rascal』ミッドナイト ラスカル 

現在、ヤフオクでセントポーリアに使用できる
肥料 2種 のオークションをしています。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



◆セントポーリアのオークション開催中です。
下のオークション状況は少し遅れて反映されています。


出品されると、順次下へ反映されます。↓ クリックで飛びます。








Midnight Rascal
ミッドナイト ラスカル 

セミミニチュア種
AVSA Reg. #8259
(LLG)


昨年の個人輸入で手に入れた株ですが、
昔むかし、育てていた経験があって、花の形に特徴があり、
昔の思い出をもう一度味わいたくて購入しました。

濃い紫色の花弁の先端に入るラズベリーピンク色が、画像を見ても、
忠実に写せなくて残念です・・・・。
チリチリのフリルに入るラズベリー色が、昔を思い出させてくれました。

ストークが長くなってしまいましたね。・・・
株姿を見ても、少々間延び気味なのですが、
この株は、一度葉やけを起こさせてしまい、
ゴワゴワになって、やっとここまで回復させたのです。
照明の当て方を考えながら2度目の開花を迎えました。

ですが、最初に見た株姿とは全く違う姿に変貌してしまいました。
こんなに丸い葉ではなく、尖っていたはずなのですが・・・。

昔の株姿は残念ながら覚えていないのです。花だけは鮮明に覚えているのですが・・・。
なにせ、20年以上前の記憶なので・・・。

IMGP9721.jpg

IMGP9732.jpg

IMGP9727.jpg

IMGP9734.jpg

IMGP9730.jpg

IMGP9723.jpg

IMGP9726.jpg

蕾が7個ありますね。 ↑
照明は少しだけ弱めに当てていたのですが、7個は多いです。

昔の記憶は、花色だけでなく、大きな花で、
ストーク一本から2輪とか、3輪しか咲かなかったんです。
当時、とても育てずらかった記憶が残っていて、
個人輸入しようと思って、ショップへ行った時に見かけてびっくりしました。

リンドンにあって、懐かしいと思ったのですが、
直ぐ手を出そうとは思いませんでした。

昨年懐かしい株を手にしたとき、葉やけを起こさせてしまって、
やっぱり気難しい品種だったのかなと思いましたね。。。

葉の色の濃い物は、わりと照明に弱い品種が多くて、
斑入り葉のように黄色が多く入った品種より気を使う事が多いです。
斑入り葉の方がよっぽど丈夫です。
見かけに寄らない品種ですよね。・・・

花色を見ても、葉を見ても、弱そうに見えないのですが・・・。

関連記事

▲セントポーリア セミミニ種『 Robs Flirtatious Floozie 』ロブス フラテシャスフルージー

現在、ヤフオクでセントポーリアに使用できる
肥料 2種 のオークションをしています。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



◆セントポーリアのオークション開催中です。
下のオークション状況は少し遅れて反映されています。


出品されると、順次下へ反映されます。↓ クリックで飛びます。





Robs Flirtatious Floozie
ロブス フラテシャスフルージー

セミミニチュア
斑入り葉種


今月11日に久しぶりに開花してくれた花を投稿しておりましたが、
あれから2週間あまり咲き進んだ姿を再度記念撮影。

今後このような咲方をしないかも知れず、株の維持に危機感を持っている品種です。



IMGP9690.jpg

IMGP9689.jpg

左側に咲いた花はストライプが入ったようになって咲きました。

IMGP9641.jpg

IMGP9670.jpg

IMGP9690.jpg


IMGP9688.jpg

こちらは中央にピンクが入った花を咲かせました。

IMGP9692.jpg


そして、無地のお花も・・・。

IMGP9685.jpg

IMGP9686.jpg

葉が小さくて・・・。

こんな小さな葉ではないはずなんですよね。。。。

育ちがとっても遅く、水遣りの頻度も少ないことから、肥料も足りていないのだと思います。

この品種のように、育ち方が遅い品種って結構ありますよ。。。

そういう品種は他と同じ肥料をやっていても、回数が少ないので、肥料が思うように与えられていなくて、
余計に育ちが悪いという悪循環に陥るのだと思うのですが、
かといって回数多くやりたくても、用土が乾かないと根腐れを起こしてしまうので、
どうにもなりません・・・。

他の品種と一緒に栽培できない品種ということになります。。。


綺麗な花を咲かせてくれるのですが、花期が少ない・・・少な過ぎよね!
1年に一回か、それ以下なんて・・・。

そんな回数しか咲かせられないのは私の栽培方法が合わないってことなのですが、
どう対処したらよいかわからない品種です・・・・。

この品種のことを3年間振り返ってみると、
年から年中、あまり生育旺盛という姿を見たことがなく、勢いがないんですよね。。。
苗時期からそうなんです・・・。(>_<)

株が目立って大きく育つ時期が12月から4月ごろと決まっているような気がします。
今年もそうでしたから・・・。

いつも、静かでそ~ゥっと育っているのですが、この生育期に入ると、元気の度合いが変わってしまうんです。
そして、蕾が見えるほどに育ったところで、株の成長が一気に止まってしまうようで、
それ以後の株サイズは大きくならないのです・・・。
でもつぼみは膨らみ、花も可愛く咲かせてくれますが、
株に養分が流れなくなり蕾に集中させるのではないだろうか・・・。
花期が終わるとものすごく疲れたような状態になり、
株が間延びしたり、育ち方が極端に遅くなる・・・

12月~4月(株の急速な成長)5月~6月 (花期) 7月~11月 (停滞期)

みたいな、サイクルなのではないのかしら・・・・・。
毎回育ちのスピードが急速になると感じる時期があるのですよ!


植え替えは年2回から3回と他のセミミニ種より少ないのですが、
花期が終わって葉の整理などしていると、小さくなってしまうのですわ・・・。

またそんなやつれた姿になって今年の年末まで過ごすことになるのでしょうか・・・

そんな状態ですから、夏に死なすかもしれず、毎年綱渡り的な栽培をしながら、
花を見られるかどうかも分からないような栽培しかできないので、情けなく思います。。。

過去に落札された方、または、この品種を育てていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、
様子をお聞かせいただけないでしょうか?

こんなに綺麗な花を咲かせる品種なので、
もう少し手軽に栽培できないものでしょうか・・・・・。
何がいけないのか分からないんですよね・・・。

いつ咲くか全く予想が出来ないので、今回の花期は、花数もとても多く咲いてくれ、
こんな花数を見たのはこの3年間で初めて。!!

以後、もうないかもしれないので記念撮影しておきます。

こうやって咲きずらい品種がびっくりするほど花を咲かせると、

ほんとうにその後死なすことが多い為、
もう2度と見られないかも知れないと思っています。

関連記事

▲セントポーリア:ワスプ咲きキメラ 普通種『彗星』スイセイ

現在、ヤフオクでセントポーリアに使用できる
肥料 2種 のオークションをしています。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



◆セントポーリアのオークション開催中です。
下のオークション状況は少し遅れて反映されています。


出品されると、順次下へ反映されます。↓ クリックで飛びます。




彗 星
スイセイ  

普通種
キメラ   ワスプ咲き
マリアンスター スポーツ(Saintpaulia "Marion Star Sports")


IMGP9612.jpg

この品種のお花の咲き方は、”ワスプ咲き”と言われるもので、
セントポーリアの花弁は5弁あるように見えていますが、
全部つながっていて、一枚の花弁になっているんですが、
その上側2枚に見えるところが前に倒れていて、面白い姿をしたお花です。

【ネットからの引用】
アメリカのJimmy Date氏が1960年代に作出した
Marion Star=マリアンスター(薄紫一色のワスプ咲き)
が日本で縞花に変化したもので、
日本では"彗星"という名で売られている


2007年現在で、ワスプ咲き縞花は彗星だけとされている。

マリアンスターのスポーツで、
スポーツとは突然変異の事。
大阪の創生園で作出されたスタンダード品種。



IMGP9613.jpg

少し下側から写してみました。

クッキリした縞模様です。

IMGP9621.jpg

沢山蕾が付いているので、調子が悪いですが、咲くだけ咲かせてみようと思っています。
開花中の株は、株姿が悪く、
中心に問題があって、全体をお見せできない状態です。
今後、この株は、中心を取ってしまわなければだめかな。。。
救うことが出来ればいいのですが・・・。

IMGP9624.jpg




株全体は、他の綺麗な株をお見せします。まだ花はありませんが・・・。

IMGP9626.jpg

葉は、少々細長く少々肉厚で、柔らかいので、鉢を包むような株姿になりやすく、
平坦に育てるには、周囲を広めにとる。
狭いところに置くと葉が下がってしまいがちになりますので、
隣同士の株の葉が触れ合わないように気を付けます。

照明は適度に・・・。適当な説明ですが、強くても弱くてもダメで、
色々な照明器具を使われていると思うので、一概に弱めにとか強めにとか言えないので、
適度にと・・・。
この適度という微妙な光源が難しいのですが・・・。


追伸
深夜、コメント返しの障害があり、昨日お返事できなかったのですが、
朝、送信できたのでお返事しています。

関連記事

▲セントポーリア 普通種『Cosmos Legend 2』 コスモスレジェンド 2

現在、ヤフオクでセントポーリアに使用できる
肥料 2種 のオークションをしています。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



◆セントポーリアのオークション開催中です。
下のオークション状況は少し遅れて反映されています。


出品されると、順次下へ反映されます。↓ クリックで飛びます。





Cosmos Legend 2
コスモスレジェンド 2

普通種
AVSA #9499

◆2014.7 個人輸入株(クラウンカット苗)◆
作出国 : ロシア

今月7日に3輪ほど開花した画像を投稿してから2週間ちょっと経って、
株が覆われる程咲いていますが、
まだまだ蕾が残っています。

IMGP9604.jpg

IMGP9609.jpg

IMGP9606.jpg

IMGP9607.jpg

IMGP9610.jpg


ここまで花数が多く咲いたのは、今回が初めて・・・というか、
いつも苗を初開花させては、ヤフオクへ出品していて、
何度も同じ株から咲かせた経験がないのかも知れませんね・・・

いつ手放してしまうかわからないので、記念撮影・・・。

関連記事

▲セントポーリア:キメラ普通種『Mas Mardi Gras 』マス・マルジグラ

現在、ヤフオクでセントポーリアに使用できる
肥料 2種 のオークションをしています。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



◆セントポーリアのオークション開催中です。
下のオークション状況は少し遅れて反映されています。


出品されると、順次下へ反映されます。↓ クリックで飛びます。






Mas Mardi Gras
マス・マルジグラ

普通種
トミールー斑入り葉種
AVSA #9694
キメラ


この株は、いつから咲き続けているのかと調べて見ましたら、2月下旬からですので、
4ヶ月間切れまなく咲いています。

IMGP9592.jpg

株幅 20㎝

葉の淵にくっきりと細いトミールー斑入り。

初開花してから4ヶ月も経っているのでさぞやお疲れではと気になり中央部分を覗き込んでも、
間延びの気配もありません。
2週間ほど前に、あまりにも長い間たくさん花が咲いていて、
一度強制的に終了させようと、ストークを5本ほど取り去ったのですが、
既に5本待機していて、花期続行中であると主張していました。

好きなだけ咲かせてやろうと思っています。

IMGP9587.jpg

現在5本のストークから花が咲いていて、葉の下には、極小さなものから、
蕾が膨らみかけてきているストークが5本もあります。

なので、まだ1ヶ月は花が咲き続ける予定。

このキメラは、何も手間のかからない品種で、水遣りさえ忘れなければ長い間花を楽しめます。
2月に植え替えを済ませているのですが、
もう4ヶ月になるのでそろそろ植え替え時期ですが、
相当調子が良い状態なので、もう少しこのまま開花を見ていたいと思います。
スリット鉢7.5cmに植えていて、
ハイフレッシュだけのお水や、肥料水を底面給水と、たまにはザァザァー下から出る程与えています。

4月に大量の花が咲いている株を枯らせているので、水遣りだけは気を付けています。

IMGP9588.jpg

IMGP9590.jpg

IMGP9594.jpg

IMGP9591.jpg

ダブル咲のキメラもボリュームがあって豪華ですが、
一重咲の方が縞模様がはっきり見えて、スッキリと美しい気がします。

1つだけ気を付けていることがあって、
新しい葉が出てくると、少し窮屈で葉が変形してしまうことがあるので、
葉が重ならないように整えてやります。


株姿を見ると、詰まっていますよね。。。

照明は中央に置いていますが、
当て方が強いかもしれないのですが、少し中央から離すと、蕾の数が激変しますので、
葉の様子を見ながら栽培しています。
現在1本のストークから咲く花数は4輪。けっして多いとは思っていなくて、
これ以上少なくしたくないのです。・・・





関連記事

▲セントポーリア:普通種『Funambule 』フナンブルー(変異株)の増殖計画(2)

現在、ヤフオクでセントポーリアに使用できる
肥料 2種 のオークションをしています。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



◆セントポーリアのオークション開催中です。
下のオークション状況は少し遅れて反映されています。


出品されると、順次下へ反映されます。↓ クリックで飛びます。






▲セントポーリア:普通種『Funambule 』フナンブルー(変異株)の増殖計画(2)


第二回目のご報告。

あっという間に3週間も経っていました。

前回の画像も載せていますので、比べていきましょう。

IMG_4206_20140724222619d80_20160530111218b17_20160621072050fec.jpg
(Funambuleの正規のお花はブルーにピンクや白の流れるような縞模様が入ります。)


変異して咲いた Funambule
フナンブルー

普通種
トミールー斑入り葉種
AVSA #9660
作出 : 2006年6月8日(N. Robitaille/D. Croteau)
★ショープランツ★



3週間で凄く育ちました。(^^♪

前回は5月30日の投稿でした。

IMGP9057.jpg
(2016.4.14葉挿し→投稿日2016.5.30 )

同じ倍率ではないので、比較するにはストークのサイズを見て頂ければと思います。
小さいですが、4枚目の本葉が展開しています。
産毛も綺麗ですね。
肥料も30-10-10を与えています。

今朝撮影した様子です。

IMGP9561.jpg

ストークから出ている新芽のサイズは幅1.7cmで葉のサイズは幅7mmです。
4枚目の本葉が出てきましたが、まだ鉢上げは早いので、もう少しこのまま肥料をやりながら育てて行きます。
ストークから出る根は、葉挿しのように多く出てこないので、
地上部分は双葉があっても、根が何もないなんてことも珍しくなく、
このサイズに育っても、運が良ければ15mm程の根が1本~2本出ていればラッキーかな・・・。
でもそれじゃ鉢上げする意味がないので、
もう少し後にします。

ストーク挿しは、葉挿しより育ち方が緩やかです。



そして、葉挿しの方は、

IMGP9059.jpg
(2016.4.22葉挿し→投稿日2016.4.22 )

親葉は既に枯れてしまったため、枯れた部分だけ取り除きました。
根部分は親葉を頼っている状態ですので、取り外してはいません。
地上に出ている葉だけが枯れたようで、親の根は大丈夫なので、このまま付けて育てて行きます。
葉挿しは、無理に親葉から外すことはしません。
根がたくさんついている親から無理に話してしまうと、しばらく成長が遅くなるので、
付けておいた方が成長が早くなります。

IMGP9566.jpg

スリット鉢6㎝にこの時点で植え替えました。
株のサイズは鉢幅6㎝ありますので想像してください。

新芽は4㎝もありました。

5月30日のサイズは15mm程だったと思いますので、
随分成長しましたね。
肥料をやるようになると、こうやってびっくりするほどのスピードを出して成長します。

そして、もう1株寄り添って育っているのです。
大きな苗に負けてしまうかもしれないのですが、
この小さな苗を取ろうとすると、この大きな苗の根も傷をつけることになるので、
取らないほうがいいと判断しました。
鉢上げしたときは1個の方がいいのですが、根を痛めるリスクの方が大きかったので・・・。
もう少し育って来たら、考えます。
小さな苗が負けそうで育たない状態であれば、地上部分だけカキとります。

苗を育てて行く楽しみは、
今時期の姿を見る時で、ぷっくりした可愛らしい葉を見ると、癒されます。^m^

今年の出品苗はずいぶん大きくて、こんな可愛らしい姿ではお目にかけておりませんが、
幼苗の時が一番栽培する楽しみがあって、毎日様子を見ていても”育ってるな”って感じれるもので、
成株では味わえない楽しみがあります。

パーライトを抱きかかえて育ってきた葉挿しの苗は、
水をたっぷり上げて、ゆるゆるの状態にした上で、そうっと持ち上げると、
パーライトを抱えて、ごっそり持ち上がってきました。
そのまま6㎝スリット鉢へ移動させました。



そして、変異した株は、現在こんな感じで開花が進んでいます。

IMGP9571.jpg
(株幅 18㎝)


IMGP9567.jpg

本来の花は、ダブルだったと思うのですが、シングルの花も多く咲くので、
完全なダブル咲ではないような気がします。
ショップの花説明にも、ダブルともシングルと表記されていないですね。

中央に入る縞模様が、ダブル咲になるとごちゃごちゃしてしまい鮮明に分からないですが、
きちんと中央に寄っているんです。

カスリのような縞模様は、正規の花にも入る模様なのです。

IMGP9569.jpg



IMGP9573.jpg

この株は、今年3度目の開花です。
花期が長く、回数も多く、ショープランツの気質を持った株なので、
株姿が整いやすく、育てやすい。

いいことづくめのこの品種。
現在出品している株は小さいですが、この変異した株と同じ親株の遺伝子を受け継いだ株になりますが、
正規に花が咲いた経験がありますので、
普通に花が咲くはずです。
開花して終わった株の葉を整理しているうちに小さくしてしまったので、
10㎝程しかないのですが、幼苗ではないので、
地上部分は小型ですが、根はしっかり大きな株として育っていますので、
夏越しも容易ではないかと思います。

いつも、葉を整理していくと、どこで止めるか・・・。
取り去っていく姿を見ながら
アンバランスになっていく内に、もう一枚かな・・・。あれ?もう一枚か・・・。
と、ついつい葉を多く取り過ぎて、株を小さくしてしまうので、
気を付けなくてはいけないのですが・・・。

突然変異した株は、普通に咲いていたものが、急に変異したものではなく、
葉挿しして育てていて、初開花からこのような縞柄になって咲いたものです。


この2タイプで育てている変異株の花がとても楽しみです。

順調に育っていけば、年内にも開花するのではと期待しています。

年内と言っても12月になると思いますけど・・・。

関連記事

▲セントポーリア キメラ普通種 『Kos Sundance』 コス サンダンス

現在、ヤフオクでセントポーリアに使用できる
肥料 2種 のオークションをしています。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



◆セントポーリアのオークション開催中です。
下のオークション状況は少し遅れて反映されています。


出品されると、順次下へ反映されます。↓ クリックで飛びます。






Kos Sundance
コス サンダンス

セミミニチュア種として登録後普通種で成長した品種
AVSA  #9809


昨年12月に初開花したこの品種は、先月の今頃に、
12月からずっと咲いていると投稿していましたが、
まだ咲き止まりません。

先月より花数が増しています。
現在6本のストークから咲いていて、他に6本出ていて、今後1ヶ月は咲き止まらない見込みです。

IMGP9552.jpg

IMGP9558.jpg


咲き進むうちに、花色が暗くなっていくのはしょうがないですが、
そんな花もつけてどこまで咲くかなと見ていました。
現在、ざっと数えても32輪ほど。
1本から7輪とか8輪の蕾があり、全部まともな花を咲かせています。
株が成熟してくるに従い、花に入る暗い縞柄が目立つようになり、
画像でも写り易くなりました。

IMGP9553.jpg

IMGP9550.jpg

IMGP9556.jpg

IMGP9554.jpg

IMGP9557.jpg


画像では伝わりにくい赤色ですが、
とても美しいです。


花弁の縁取りに白が入るので、より赤さが引き立ち、
マウナ ロア(赤花キメラ)よりずっと美しいです。

株も、普通種だということですが、コンパクトです。
半年間咲止まらなく、いつも花数が多く咲いていて、
今が一番多いかなと、あえて、変色しそうな花も切らずに撮影しました。

葉が小型の為、花が目立ちます。

照明は気にしたことがありません。
育てやすい丈夫なキメラのようです。

関連記事

▲セントポーリア セミミニ種『 Rob's Itchy Britches 』ロブス イッチーブリチェズ

現在、ヤフオクでセントポーリアに使用できる
肥料 2種 のオークションをしています。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



◆セントポーリアのオークション開催中です。
下のオークション状況は少し遅れて反映されています。


出品されると、順次下へ反映されます。↓ クリックで飛びます。




出品株の紹介

品種名 : Rob's Itchy Britches
ロブス イッチーブリチェズ

セミミニ種
斑入り葉種
出品サイズ : 幅 12㎝ 初開花中


今年は、なぜかこの時期に入ってから斑入り柄が美しくなってきている我が家の株たち。
温度の高い夏になると斑入り柄が入る品種は、ほとんどが消えていき、
少なくなるのが本来の姿です。
緑色が濃く入る時期になるのです。
この出品株は、斑入り柄が無地になるほど綺麗に入る時期があり、
花も流れるような縞模様が入ったり、白地が多く入ったり、ピンクが入ったりと、
変化に富んだ咲方をします。

ロブス スマーティーパンツ とよく似た感じですが、性格はちょっと違います。

ブログでは過去、2回か3回しか投稿した記憶がないほど、
あまり表面に出してこない品種でした。
出品する株数も、春、秋で1株あるかないでした。
私のセミミニ種の栽培の中では、特別なものです。
それは、
花を咲かせるまで育てられる株数がとっても少ない・・・。

手間をかけて育ててきたという事です。

斑入り柄がとても美しい品種だという事。

この品種は毎回ごく少ない出品数を分かっていらっしやるのか、
出品するとすぐ落札されていきます。

IMGP9464_20160619091934a57.jpg

今回も一年ぶりだと思います。そして、今後の出品予定は全く分かりません。

幼苗時期は、照明を気にしながら栽培していました。
斑入り柄が無地で黄色一色で新芽が出ることが多く、
照明を嫌がるそぶりを見せる為、小さな苗時期は結構面倒な品種なのですが、
大きくなってくると、急に照明が欲しいようで、
幅7cm程になってからは気にしないで照明に当てて育てていました。
そのおかげで、蕾数が6輪から8輪もついて開花が始まったばかりです。
根腐れに気をつけながら多めに水遣りをしていくと、のびのびした姿で開花が楽しめます。

水遣りを少なめにして育てていると、外側の葉から下へ巻き込むように、
株全体が丸まってしまいますので、
植え替えするときにちょっと葉が邪魔になって多めに取り除かなくてはならなくなりますので、
注意が必要です。

IMGP95460.jpg


多めに水やりすると根腐れが心配よね・・・。
蒸し暑くなる時期になりますので余計に・・・。

水遣りをするときは、鉢底からザァーザァー出るくらいにやり、
その重さを覚えておきましょう。
もって軽いなと思う頃に、同じようにあげる。・・・・・
それが難しいと思う時は、鉢皿に少量の水を入れ吸い上げさせる。
何時までもドボンと浸け込んだままにしてはいけません。

この時期、水遣りが成功か失敗の境目になると思いますので、
注意しながら管理しましょう。
ここで書いている水遣りとは、用土に元肥が入っていない場合は、肥料水を上げます。
月に1~2度は、水だけを鉢の中を洗うように掛けてあげると、
残留肥料分を洗い流してリフレッシュすることが出来るでしょう。
ハイフレッシュなどを入れるとなおよいです。

私の栽培経験上の感想を素直に書かせていただくと、
この品種は、
肉厚の葉を持ち、少々波打つタイプで、このようなタイプの栽培は、
放って置いても伸び伸び育つタイプではありません。
手間なく簡単に育てられますとは言い難いです。
この感想は、私が育ててきた感想なので、
栽培者様の手が変わり、環境が変わると全く違う結果になることもあると思います。


IMGP9543.jpg

IMGP9549.jpg

開花が始まったばかりですので、今後株を覆うほど咲き続けていきます。

ヤフオクの出品ページへジャンプ!! ↓
▲【セントポーリア:開花株】SM種:Rob's Itchy Britches
関連記事
NEXT≫
リアルタイム訪問者数
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
管理人の日記 (196)
すい臓癌 (34)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (54)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (25)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (16)
▲セントポーリア(全般) (1102)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (9)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (5)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (103)
★ 蘭 (19)
●多肉植物&サボテン (477)
●多肉植物:セダム属 (19)
●多肉植物:コチレドン属 (9)
●多肉植物:アエオニウム属 (1)
●多肉植物:パキフィツム属 (1)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (1)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (15)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (84)
ネックレス(トップ付) (1)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (55)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (59)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (194)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (4)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
VERAL(ヴェルオール)の紹介

ブログ管理人が
制作販売をしています。

33333_20161019100014d92.jpg

ハンドメイドマーケット
『ミンネ』で販売しています。

『ミンネ』販売中の作品。

 病気療養中の為、
休止中です。




画像にポイントを当てると
50個の作品が自由に見られます。

解析中
おすすめ
ご訪問ありがとうございます。
天気&気温
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。

おすすめサイト
同居のパートナー
DSC03482_20171023093136e6c.jpg (2017.10.23画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな男の仔です。
お迎え日:2012.8.20
2017.11月現在、5,300g!
2017.11月より療法食開始!
アレルギーを持っている。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い! IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。 IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。 IMG_744911.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…

IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ 
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い仔でした。 8歳2ヶ月 2017.7.28亡
IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命2ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
ジステンパーにり患し、
4ヶ月で亡
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブログランキングドットネット

ページへ入るだけでカウントします。