fc2ブログ

▲セントポーリア:小型セミミニ種『Rob's Ooh Lala 』ロブス オオーララ


↓クリックで私のブースへ飛びます。

出品中の商品はこちら

2016.5 バイオレットバーンより個人輸入株
Rob's Ooh Lala
ロブス オオーララ

小型セミミニチュア種
AVSA #8064

日本訳している名前については、参考まで・・・。

5月に個人輸入してから、初開花しました。 たった一輪ですが、嬉し~い ^m^

昨年初めて、輸入した時はとっても小型の株で、おまけにフリル葉が分厚いので、

『育てられそうもないわ…』 

と思ったのですが、株幅6cm程なのに、
花弁の枚数が多く、カーネーション咲のようにボリュームのある花が咲いて、
とても気に入っていたのですが、長~く咲き終わった後に、死なせてしまって・・・。
もう一度見たくて、再度個人輸入したのです。

小さな4cm程の苗でしたが、5ヶ月目に初開花してくれました。
花径25mm、株幅約 9cmあります。
葉の大きさも小型。小型なセミミニチュアだそうで、
なぜミニと言わないのでしょうね・・・。

小型普通種とか小型が付く品種がありますけど、
大型のセミミニチュア種は大型とは説明されないです。・・・

IMGP2602.jpg

IMGP2590_20161020080823b18.jpg

IMGP2596.jpg

小さな株だったため、到着時に保険株としての葉挿しもできなかったので、
先ほど葉を一枚取り葉挿ししました。

葉が小さいので新芽も小さいだろうなぁ・・・。

性格はまだ手探り中です。・・・

関連記事

▲セントポーリア:輸入葉を葉挿し中・・・。

今日は昨日から比べて、10℃も低くなり、6時に、0℃になり本日最低気温でした。
天気は良いのですが、この時期から朝、雲がない良い天気だと、
放射冷却現象で寒くなるのです。。。
朝日が眩しいです ^^




8月に届いた、リンドンからの個人輸入の中に、
葉だけのものが何種かあります。

到着後すぐ、葉挿しを開始したので、約2ヶ月経って、
現在の様子は、こんな感じで育ってきました。

IMGP2552.jpg

↑ 一番早くに新芽が出てきた斑入り葉がとても明るい色をしている、「赤花」品種なのです。
とても楽しみにしている品種で、2枚から4株は出来そうなのですが・・・どうかなぁ・・・。


IMGP2554.jpg

↑こちらはまとまってごっそりと新芽が出てしまいました。
花は白地にグリーンが混じるお花が咲くようです。
斑入り柄も綺麗に出そうです。
親葉はフリルもなさそうなのでちょっと期待!


IMGP2547.jpg

斑入り葉種で、親葉には斑入り柄が入っていませんでしたが、
小さな新芽が出た時から黄色い新芽でした。
現在3芽確認していますが、まだまだこのまま育てて行きます。
フリル葉ですよね・・・。  (-_-;)


こちらは、苗で輸入した品種でしたが、葉が多かったので取り払う時に、
元気な葉だったので、葉挿しに使いました。
6分割して挿したところ、その小さな断片から出てきた新芽です。 ↓

IMGP2543_2016101907142272a.jpg

IMGP2549_20161019071427987.jpg

こちらの品種は、新芽がとっても大きなものが用土を押し上げて豆の新芽のように出てきました。
IMGP2548_201610190714254e7.jpg


品種によって、このようにとても大きな新芽が出てきます。
びっくりするような双葉が開くのです。

名前は見たまま書き写しているので、どんな花かまだ確認していません。

こちらも少々波打った葉のようですね・・・。

やはり、ショップ花画像で美しい物を選ぶと、葉がプレーンじゃないことが多く、
それは単純な世話では花は咲かないと言われているような気がして、
葉を見ると、気が引き締まる思いがしますね。。。

もっとリラックスして、世話を楽しみたいのですが、

沢山育てていると、目が肥えてくるので、
変わった花を選びたくなるのですよね・・・。

ロシア産の品種のようにどれもこれも目移りするような花が咲く品種が沢山出ていて・・・。

でもきっと挫折するだろうなと思いながら輸入しているのですが・・・。

何度も同じ品種を輸入しても、結局育てられない場合が多々あるので、
環境が合わない品種は二度と、いえいえ 3度も手を出さないようにしないといけないと、
心に決めました。。。

画像のように新芽が出て育ってきている物がある中、
全く動きが見えない葉もあります。
2ヶ月・・・ まだあきらめませんけどね。
葉は元気にしているので・・・。

黄花品種の葉挿しは先月失敗した品種がありました。
とても大きな葉の普通種で”新花”扱いのもので、お値段もキメラが買えるほどお高かったっけ・・・。

値段は、新花だと少しお高いですが、ずば抜けてお高い品種は、
栽培が容易ではない品種だと思った方が当たりのようで、
それが当たってしまって、死なせましたね・・・。同時期に2枚とも・・・。
抜いてみたら根は結構出ていたので、水遣りの失敗かもしれませんが、
葉挿し中は結構水分は必要なのですが・・・。

葉挿しから難しいというのもこの品種の気難しい性格のせいかもしれません。・・・

関連記事

▲セントポーリア:普通種『Ma's arctic sky』マーズ アークティックスカイ



↓クリックで私のブースへ飛びます。


出品中の商品はこちら



2016.5.バイオレットバーンより個人輸入株
Ma's arctic sky
マーズ アークティックスカイ

普通種
トミールー斑入り葉種
AVSA #10130

今日も、暖かく、午前8時で11℃を越しそうで、過ごしやすい日になりそうです。

10日程前から株姿はめちゃくちゃなのですが、
我が家に来て約5ヶ月目に初開花してくれたこちらの株↓

IMGP2498.jpg

3株ほど同時期に名札を落としてしまい、しばらく経って気が付き、
多分この株だろうと立てておいたのですが、・・・
他の株はまだ開花していないので分からないのですが・・・

今バイオレットバーンへ確認に行きましたが、本当にそうなのかなぁ・・・
ちょっとイメージの違うお花が咲いたのですが、
白地にブルーが入るお花は、春の輸入時にはこの株だけだったので、
間違いないと思うのです。

白地が多く入り、花弁の淵や中央にブルーが入るお花の画像を見て決めたのですが、
夏に花芽が形成されたので、ブルーが多く入るお花になったのではないかと
推測します。
この色合いのお花って、夏場に、ブルーや無地花を咲かせるのではと思っています。

トミールー斑入り葉は葉淵に細く入っていますが、これから冬期に向かってもう少し太く濃く入ると思っています。

IMGP2499.jpg

IMGP2502.jpg

乱れ切った株姿で到着したので、外側の汚い葉をこの5か月間に5枚ほど処理をしながら育ててきました。
まだ凸凹した葉が何枚か残っています。

IMGP2504_201610180758032a8.jpg

わたし好みのお花ですよ。^m^

まだ性格が分かっていないので、手探り中です。

関連記事

冬の使者

今日は
カテゴリー : 管理人の日記から

10月上旬あたりから、外を出歩くと、冬の使者が飛交っているのを見て見ぬふりをしてきました。

『冬の使者』なんてよくテレビで言われて、
必ずこの時期にニュースになる・・・。
『ああぁ・・・ 雪が近いのかぁ・・・』  って感じる雪の使者・・・

それは、とてもちっちゃなちっちゃな真っ白い綿毛をまとったこちらの生き物。。。↓

IMGP2473_20161017123822e3c.jpg

今日はこの時期にしては暖かく昨日はもっと暖かくてびっくりしたほどでしたが、
無風状態で暖かい日の10月半ばというと、無数に飛び交うこの生き物のせいで、
目も開けられず、髪の毛には止まるわ、洋服には止まるわ・・・
振り払うと潰れて、白くなるし・・・とっても厄介な”雪虫”です。


北海道へ観光をお考えの方へ

この時期は、紅葉も終わりかけてきた時期ですが、
雪虫が飛び交う日の外出は、ウール系の洋服は雪虫が付きやすく、
毛の繊維に雪虫がからみつき、うまく払わないと雪虫がつぶれてしまいます。

黒系の洋服などは大変ですぞ!

つるつるした素材のジャケットを羽織るなどした方がいいです。
大口開けてあくびなどしたら口の中まで侵入してくるよぉ~  キャ~(>_<)

目が開けられないほど飛んでいる場所はメガネをかけるなどして対処しましょう。
目を閉じたくなるけど見えないと危ないですからね。^^;

可愛らしいけど実は、厄介な冬の使者なのです。


あまり拡大してしまうと気持ち悪いのでこのくらいボケた画像が丁度いい ^^;
なんか、羽根を広げて飛ぶ白い妖精のようで可愛らしく写りましたね。
物置の扉がグレーなので写しやすかったです。
拡大してこの程度ですが、相当数飛んでます。
まるで粉雪が舞っているかのようですわ ^^;


私は虫が大っ嫌いですので、この状態を見たら、身をできるだけ細くして(そういうつもりになる)
息を止め、目をできるだけ細目に開けて、決して走らず(勢いよく走るだけでも身体に沢山付くことになる。)
ゆっくり通り抜けます。
うううぅ。。。くるしいぃ・・・ 息が続かないほどいっぱいいる・・・ってな感じなんですわ・・・

IMGP2475.jpg

短い期間しか飛ばないのですが、初冬の風物詩です。

北国では毎年、こんなことも経験するのです。
関連記事

▲セントポーリア:セミミニ種『 Rob's Peedletuck』 ロブス ピードレタック


Rob's Peedletuck
ロブス ピードレタック

セミミニチュア
AVSA #9464
クリーム斑入り種
◆2014.9 個人輸入株◆

株幅 14cmあるセミミニ種ですが、
もう少し大きくなるかな・・・
割と大きく育つタイプです。

IMGP2312_20161016092259f35.jpg

IMGP2311_20161016092258de7.jpg

夏に少々調子を崩していたので、この時期の花は期待していなかったのですが、
ストークが葉の隙間から出てこられないほど沢山の本数が上がり、
花数も、6輪前後とまあまあな蕾数が付いたので、
株姿はいまいちですが・・・。
葉のサイズがバラバラになってしまったので、
記念撮影後に、5枚ほど外周を取り払いました。


IMGP2298.jpg

クリーム斑入りということですが、
少々渋めのクリーム色で、ベージュと言ってもいいかなという感じで、
その斑入り葉に濃いブルーの花がとても素敵にマッチしていて、
私のお気に入りの一鉢です。

夏に危機感を持ったので、葉挿しを始めたら、なかなか成功しなくて、
先月初めに挿した葉挿しがやっと新芽を吹きました。
育てづらいと思ったことはないのですが、夏の葉挿しは失敗することが多いので、
葉挿しの適期は、北海道でしたら、6月、7月、8月は避けた方がいいかなぁ・・・。

季節も関係していますが、
葉の生育にも関わっているので、株の世話をしていて、一番外側から葉を整理しますけど、
その整理した葉を、もったいないから葉挿しに使うという場合は、
取り払った葉の中で一番元気な色の良い葉を使いましょうね。
古過ぎる葉は新芽が出ずらいですし、最悪、3ヶ月も待っても出ない場合もあるので、
元気な葉を挿します。
若過ぎて柔らかな茎ですと、腐れやすいので適しませんし、
葉挿しは簡単にできるものが多いですが、失敗もありますので、
元気な新芽を期待するなら、それなりに元気な葉を葉挿しに使いましょう。

葉挿しは、新芽を分離した時に、親葉が元気ならば、何度でも使えます。

IMGP2302_20161016092256260.jpg

ストークが多く立ってきました。
IMGP2299.jpg


関連記事

▲セントポーリア:普通種『ブルーボーダー』

ブルーボーダー
普通種

フリル葉種

茎が太く、葉も厚く、世話する時は気を遣わなくてはいけない・・・。
茎が折れやすいのです。

この株は、とても調子よく柔らかく育っていたものを、ピートモス配合の用土へ植えて見たくて、
試したところ、葉が硬く伸び悩んでしまいました。・・・

なぜか、ペーハー調整してPH6.5なのに、
調子が悪くなってしまう・・・。
要するにピートモスが気に入らないのか?としか思えないのです。
他のものは何も変わらないので・・・。

しかし、バイオレットバーンはピートモス主体の用土に何でも植え付けて送ってくるし、
PHは6.5に調整されていて、ご立派な用土だと思いますが、
我が家はだめなのです・・・(>_<)


先日もペーハー調整している用土に植え付けて調子悪くして植え替えたと投稿しましたが、
同じ用土です。

今でも、その名残が消えず、中心の葉は硬いままで、株姿は酷い・・・。

開花は、もう10日以上前から咲きだしていますが、2本のストークしか上がらず、
寂しい開花になっています。
株は大きいので、少し遅れてストークが出るのではと期待しているのですが、
あまり良い状態とは言えないので、今回の花期は期待しないほうがいいかもしれないですね。。。

葉だけをお見せしますが、こんな感じです。

IMGP2282.jpg

外側は、調子の良い時に出ていた葉で、中心に沿って、茎が立ってきました。。。

こんな姿になる前に植え替えしておけばよかったのですが・・・。

植え替えして2ヶ月経ったのですが、葉の展開がとても遅くて、
あまり改善されていません。・・・

花はどうにかまともなものだったので、安心しましたが、
株姿を元に戻すのは、相当かかりそうです。。。

IMGP2287_20161015214412e45.jpg
(2016.10.15 撮影)

ブルーのチリチリとした花弁の淵飾りが好きです。

IMGP2280_20161015214410bac.jpg
(2016.10.15 撮影)

ブルーボーダーは夏になると、キメラ種のように、狂い咲きが始まるので、
夏に咲く花は見て見ぬふり・・・。
下の画像は、今年5月7日に投稿したものです。↓
IMGP8534.jpg
(2016.5.7 撮影)

無地の花も咲きますし、様々な花を咲かせます。

でも、涼しくなってくると元に戻ることが多いのですが、戻らなくなった株もあるのです。

株全体から無地しか咲かず、2シーズン咲かせたのですが、
戻らなくて、破棄した株がありました。

普通種でも、狂い咲きの結果正規な花が咲かなくなることは、珍しくなく起こるのです。

我が家でも過去に、何種か経験があります。

フリル葉種は、照明にうるさいところがあるのですが、ブルーボーダーは、
割と照明を好みます。

現在後継株を作ろうと葉挿し中です。

関連記事

▲”バイオレットバーン”から、7回目の個人輸入到着。

↓クリックで私のブースへ飛びます。


出品中の商品はこちら
◆肥料のオークションはいつでもしています。









アメリカのバイオレットバーンから4日に出発して、10日かかって我が家にやってきました。


箱が相当手荒な扱いをされたようで、ぐしゃっと潰れた角を、
無理して直したような感じになっていたので、
中は相当ダメージがあるだろうと、覚悟してあけたところ、
中の衝撃を受けた場所に、エアー入りのビニール袋が3個ほど当てられていて、
多分、羽田の植物検疫で、入れてくれたのではと思います。
その周辺の株は、可愛そうな状態で、株の半分以上葉がなかったです・・・(>_<)
3枚折れていたもの、6枚以上折れたものなど・・・ 
今回は約半分の株にダメージがありましたが、
葉が折れていることは珍しくないのでね・・・。

今回は、少ししか輸入していないです。キメラは何もないですし ^^;
90%はロシア株です。

想像していた通り、フリルの葉が多く、気難しさが見えてますねぇ・・・


バイオレットバーンは、注文通り苗を入れてきますが、
その状態は酷い物で、がっかりするのも慣れてしまいましたので、

『またかぁ。。。』 

『でも今回はちょっと酷かったね』

ってな感じです。

ビニールテープが何重にも貼られていて、
植物検疫で、あけられて、新たに貼られてくるのです。。。
日本郵便株式会社が植物検疫の為に荷物を開けて封をしたと黒文字で書かれています。

IMGP2132_20161014111652870.jpg

ちくわの独り言 : なんか  くちゃい(臭い)・・・よ・・・

IMGP2134.jpg

10日もかかるなんて、初めてのこと。。。。(-_-;)

中を開けると、グラスウールが、ベチャベチャ・・・ 指が濡れる程湿気っている・・・

どれだけ水を入れて送られたのだろう・・・。

グラスウールを取り払う時も、濡れていて、持ち上げるとちぎれてしまって綺麗に取れない・・・

こんなこと初めてです・・・。
不快な状態で検品をはじめました・・・。 

苗を包んでいる漢字だらけの新聞がまたベチャベチャ・・・ 指が真っ黒になるわ・・・

なんだろ! こんなこと初めてだわ・・・

手指がぐちゃぐちゃな状態で苗を全て出し終わると、
捨てたくなるような株姿があらわになっています・・・・ 


IMGP2145.jpg


IMGP2139_201610141116549d4.jpg

要らない苗を処分しました・・・と言いたくなるような個人輸入株・・・


いつもですけどね・・・

用土は新聞に吸われていたようで、さらさらしてましたが、
蕾があったり花があったものは、とろけてました・・・。

葉が折れていた株が多く、今回は、普通種ばかりなので、
無駄なく葉挿しをしておきます。

今回は、ゆとりをもって注文できたので、無料苗が1個頂けました。 ^^V

これは、バイオレットバーンのショップ内のお花にレビーを入れて、

備考欄にレビーを入れたお花の名前を入れて、”レビーを書きました。”とショップへ送ると、
1日後あたりに反映されます。それを確認してから注文を入れています。

暇を見ては、ショップへ顔を出していて、急にほしい物があった場合は、そんなことやっていられないので、
3年の間に、7回輸入して、2回無料で苗をいただきました。

5個もらいそびれです。^^;

今回入っていたサービス苗の名前でショップ内を検索しても、出てこなかったので、
どんな花かわかりません・・・。



関連記事

▲《赤花》セントポーリア:『Tomahawk 』トマホーク

●赤花●

Tomahawk
トマホーク

普通種
AVSA #6279
★ ショープランツ

9月初めに別の株を投稿しましたが、2株あるのですよ。^^;
ヤフオクに出品していたのですが、人気がなくて、諦めました。・・・

前回投稿した株は、花が終わり、葉の整理をして植え替えを行い養生中です。



こちらも大きな株になってしまって・・・ 正直な話、少々邪魔デス・・・。

IMGP2101.jpg

24㎝に育ちましたが、花期が長く続いていて、咲き止まなくて・・・。
花数も6輪から8輪もついて、花も何輪も色が悪くなり取り去っていますが、
花柄を摘んでも積んでも、次から次と花が咲いていくので、
開いている花数がほとんど変わりなく、
ショープランツになりうる性質を持った優秀な個体だということが分かります。

IMGP2107.jpg

IMGP2105.jpg

IMGP2097.jpg


私が、この品種を知ったのが、ネットの中でした。
大株で赤い花があふれるように咲き乱れている画像を目にしたとき、
このような姿にしてみたいと思ったのです。

本当に株姿が乱れなくて、
ショープランツというだけあって、花期がいくら長く伸びても、中心の葉がきちんと展開して、
ストークが上がり続けていく・・・。
6月末に植え替えをしてからそのままなのですが、
中心の葉の状態を見ると、このまま咲かせておいても問題ないと思うので、
もう少し開花を楽しみたいと思っています。

相当な強健種ですね。

画像のストークは6本上がっていてまだまだ続きそうです。

我が家にある赤花品種は、このトマホークが一番調子が良く花も良く咲きます。

色々赤花品種を輸入していますが、
一番育てやすく、美しい花が咲くと思います。

照明は中央に陣取っています。
関連記事

▲セントポーリア普通種:『Ruffles n Lace 』ラッフルズ N レース

2015.5 バイオレットバーンより個人輸入
Ruffles n Lace
ラッフルズ N レース

普通種
フリル葉

約一年半かけてやっと開花にこぎつけた品種です。
フリルがきつく入る葉が私の苦手分野でして、
見たとたん”こりゃ 育てられんわ!”と思ったものでした。・・・

親株さんは、今年6月に植え替え時期がとっくに過ぎていても元気だったのですが、
蕾が上がってきそうな元気さがあったため、真夏になる前に浅い植え替えを行ったのですが、
1週間後に死にました。・・・

植え替えの仕方は根を丸裸にしたわけではなく、
底部分のミリオンAを新しく取り換えた程度の極浅い植え替えだったのですが、
残念なことをしてしまいました。

そのころ、順調に育っていた葉挿し苗があったので、絶やすことはなかったのです。
その株が、1週間前から初開花が始まりました。
私の苦手なフリル葉ですが、
自分で苦手な分野を分析してみると、・・・
濃いグリーンの固いフリル葉ではない柔らかく、薄いフリル葉は、
どうにか育てられているようです。

こちらの葉は薄くて強くフリルが入りますので、どうにか育ってくれたようですね。

IMGP1915_20161012081832cff.jpg




でも、注意しながらそだてていますけどね。^^;

葉にフリルが強く出る品種は、100%お花にも強くフリルが入ります。



IMGP1911.jpg

ピンク色も見えていますね。

IMGP1910.jpg

こちらはグリーンの淵取りで、中央は黄色く見えています。
全く違う雰囲気を持った花に見えます。
 ↓
IMGP1909.jpg

薄い葉なので、強い照明は苦手だと思い、少々中央から離しています。
茎も細く、葉が大きく波打つようにきつくフリルが入るので、株姿が乱れ気味になりますが、
葉の枚数を少なめにして、育てています。

ストークの出方がバラバラで、開花が揃わないです。。。

IMGP1914.jpg

IMGP1917.jpg

ネットでこの花を検索してみると、もっと濃いピンクが入り、
緑色も入る奇抜な花を咲かせている画像を見ました。

初開花ですから、今後に期待してみましょう・・・。

保険株を作っておかないと安心できないので、葉挿ししていますけど、
2度失敗しています。 (>_<)

昨年も何枚も失敗していて、たった1株残っていたのですよね。。。
増殖は簡単ではないようです。。。

関連記事

▲セントポーリア《キメラ》『Queen's Dowry 』クイーンズ ダウリーの PHチェック

↓クリックで私のブースへ飛びます。

出品中の商品はこちら


◆本日二度目の投稿です。

今日は3ヶ月前から調子が上がらないこちらの品種を徹底的に
調べてみました。


2016.5 バイオレットバーンより個人輸入株

Queen's Dowry
クイーンズ ダウリー

普通種
キメラ

こちらのキメラは5月から仲間入りしたキメラです。
新花として、バイオレットバーンでは、一番高値のキメラでした。

到着した時は、結構大きな葉を持っていましたが、まだまだ小株状態でした。

植え替えは一か月後にしたのです。
普通はすぐするのですが、今回は少し様子を見て、
1ヶ月過ぎてから植え替えをしたものが何株がありました。

ふかふかなピートモス単体で植え付けられて送られてくるのですが、
明らかに植え付けたばかりと感じた株がこちらの株でした。
植え替えする時に、根が回っていない株が何株かあって、
そんな場合は、そのままで様子を見た方がいいと思ったのです。




1ヶ月半後に植え替えをして、約3ヶ月経ったのですが、
中心部分から出てくる新しい葉がゴワゴワ固くなり内側に巻いて大きくならなかったのです。

私の独断の診断ですが、
葉の色を見ると、葉焼けした状態ではないと思います。
他の原因として考えられたのは、
元肥を入れていて、液肥も与えているため、
肥料が強かったのだろうかと、この2か月間何度か残留塩分を測ったところ、高かったため、
ハイフレッシュ入りの水だけで何度も鉢中を洗っていたのですが、
新しく出てきた葉は、内側に強く巻き付いたようになり、広がりませんでした。↓
葉の淵が裏側へ折りたたまれたようになっています。
この1ヶ月近くは、液肥は与えていませんでした。

IMGP1810.jpg

IMGP1811.jpg


そして、株全体の姿は、V字になっているのです。

IMGP1806.jpg

用土の残留塩分を測ったところ、1週間前に鉢中を洗っているので、
0.50  でしたので
問題ありません。

次に用土のPH値を測ってみました。 ↓

IMGP1803.jpg

私が配合して作る用土は、PH6.8前後なはずなのですが、
明らかに黄色いです。・・・ この用土は元肥が入ったものですが、
3ヶ月経っていますので、用土成分は明らかに変化しているはずです。・・・

PH6.0 に近いですね・・・。

何度も洗い流しているのですが、PH値は低かったようです。



この株は、7月4日に植え替えているので、3ヶ月経って植え替え時期が来ていたので、
丁度よい機会だと思って色々チェックしてみたのですが、
思った通りの結果でしたので、

新たな用土を作り、その用土には、元肥は一切入れませんでした。
その用土のPHは ↓ 6.8 くらいですね。
水の色が透明ではないので 7 に近いように見えていますが、そこまで高くないです。

IMGP1804.jpg

この品種は、肥料濃度にもうるさいと思ったので、元肥ではなく、液肥で調整してみようと思います。
無肥料と言っても、直ぐ植え石灰には、様々な微量成分が入っていますが、
肥料濃度は0.18ととても低めでスタートします。

IMGP1808.jpg

IMGP1807.jpg

育ち方は緩やかな品種のようなので、
この用土が気に入ってくれるか、時間がかかりそうですが、
前回の配合とはだいぶ違うので、注意深く見守ろうと思います。

今後新しく出てくる葉がどうなるか・・・。

是非美しい花も見てみたいので、丁寧に育てて行こうと思います。

ちなみにお花はこちらです。
kuinn.jpg

関連記事
≪PREVNEXT≫
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

◆軽くて清潔な用土の販売◆

セントポーリアを植えるなら
"軽くて清潔な用土”

     出品中の商品はこちら

メルカリ 在庫なしです。
ヤフオク 在庫なしです。
◆次回の販売予定は、未定です。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
セントポーリアライフ(YouTube動画) (150)
2021年春出品品種のご紹介(キメラ) (2)
2021年春出品品種のご紹介(普通種) (8)
2021年春出品品種のご紹介(セミミニ種) (11)
2020年 出品予定品種のご紹介 (32)
セントポーリア:開花株のアルバム (1)
セントポーリア:ガール葉品種 (28)
▲セントポーリア(全般) (1476)
管理人の日記 (260)
熱帯魚 (119)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (29)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介 (1)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (53)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (24)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (15)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (16)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (3)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (12)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (14)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (9)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (109)
ミニチュアローズ (29)
★ 蘭 (19)
●サボテン (80)
その他の植物 (17)
●多肉植物 ハオルチア属 (15)
●多肉植物 全般 (487)
●多肉植物:セダム属 (26)
●多肉植物:コチレドン属 (14)
●多肉植物:アエオニウム属 (3)
●多肉植物:パキフィツム属 (2)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (6)
すい臓癌 (115)
苔 (1)
膵頭十二指腸切除術をされた患者の食事 (9)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (16)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
その他アクセサリー (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (103)
ネックレス(トップ付) (3)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (0)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (41)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (199)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (5)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
食道がん (40)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア

当日&前日の訪問者数

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。
◆YouTubeで『セントポーリアライフ』を投稿中です。
ブログのカテゴリのトップに置いています。

ご訪問ありがとうございます。
解析中
おすすめ
おすすめサイト
同居のパートナー
IMG_20200114_065359_20200620185032790.jpg (2020.4月 画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな男の仔です。
お迎え日:2012.8.20
◆我が家の6頭目
2021.6月現在6,000g!
太っている訳ではないのです。
2017.11月より療法食開始!
アレルギーを持っている。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い!
弱点 : 硬いものが苦手
犬用ガムが噛めません。…

DSC026260.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
我が家の9羽目で最後のインコ。
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
いつも、YouTube動画の
”セントポーリアライフ”で
お騒がせしております。<(_ _)>
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…
◆ブログ投稿がある見送った仔達◆

IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。
8歳2ヶ月 2019.12.30亡
IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。
9歳2ヶ月 2018.1.24亡
IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ 
オスと同居経験がないのに
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い仔でした。 8歳2ヶ月 2017.7.28亡
IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
おしゃべり上手で
長いお話でもすぐ覚えて
くれる仔でした。
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命2ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる。
ジステンパーに罹って捨てられた
ようで発作が多発し薬を飲んでい
ました。

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
チャッピのジステンパーが移り、
4ヶ月で亡
治っても、移るようですね。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示