FC2ブログ

オールドファッションモザイクリボンの稚魚

日最低 5.3℃ (05:32)
日最高 25.1℃ (14:58)

9月にしては汗ばむ暑さでした。

********************************


オールドファッションモザイクリボンの稚魚は今日で16日目になります。

ノーマルの仔も一緒に入っているのですが、そちらは10日目になりました。

6日間の違いは歴然としていますね。・・・

同じ日に生まれた個体も、体格の差が出始めています。


10日目までは、ブラインシュリンプの与える回数も、一日10回ほど少量ずつ与えていますが、
2週間を過ぎるころには、食べる量も多くなるので、一日6回ほどに減らしています。

体色の変化が見れるのは、生後10日を過ぎたあたりからです。
グッピーはオスもメスも色が付きますが、
色が付くのはメスでは尾と尾筒部分にタキシードがあるものは、黒が出てきます。
身体全体に色が載るのはオスだけですね。

生後2週間までに、尾の変化が始まります。
黒い模様が出てきたり、色が見えてきます。

オールドファッションモザイクの母親の尾は、薄いブルーなのですが、
稚魚の現在を見てみるとイエロー系でしょうか?・・・
ブルーではないですね。・・・

ノーマルのオールドファッションモザイクの母親は少しだけイエローが入っていますが、
ベタっと黒い尾です。

下の4匹は、リボンン稚魚です。
オスかメスかはまだ分かりません。。。メスが異常に多い気がする・・・



DSC00419.jpg
(ヒレがリボンのタイプ)

DSC00417.jpg
(ヒレがリボンのタイプ)


DSC00421_201909281052135fe.jpg
(ヒレはノーマルなタイプ)

DSC00445_201909281052190bd.jpg
(ヒレはノーマルなタイプ)


この4匹は、同じ母親から生まれていますが、
ヒレのタイプが違います。
長いヒレを持つオスは、繁殖能力が極めて低いと言われており、
トリオ(3匹、オスリボン1匹、リボンではないオス1匹、リボンのメス1匹)で
販売されていました。

ヒレが長いタイプの稚魚は3匹居るのですが、1匹でもオスが居てくれると嬉しいなぁ~ (^^)

父親となったオスが、一緒に送られてきたオスじゃないと思うので、
どんなオスに育つかとても楽しみですね。

どれもこれもメスに見えてしょうがない。。。。
餌を多く食べさせているので、お腹がポッコリしていて影が出来ていて、
妊娠点(メスのお尻に出る黒点)のように見えてしまうのです。
この妊娠点は生後すぐから見える個体も居るのです。
今月産仔した稚魚は異常にメスが多く居るような気がしています。
さて、どれほどメスが居るのか・・・もうすぐ選別してみたいと思いますが。。。。。
私の希望としてはオスが多く居て欲しいなぁ~・・・・・



こちらは、ノーマルの稚魚。
まだはっきり模様が出てこない時期なのですが、少し黒が出てきた稚魚が居たので撮りました。

DSC00441.jpg


そして、母親譲りの目・・・ 目の全周囲が黒いので、目が大きく見えます。

DSC00437.jpg


******************

****************************



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



関連記事

ドイツイエロータキシード産仔から8日目

日最高 20.3℃ (14:29)
日最低 2.0℃ (04:45)

***************************

ドイツイエロータキシード

こちらは、産まれてから8日目の稚魚たち。

産まれてすぐから尾筒が黒いんですよ。
タキシード柄が生まれてすぐからあるんですね。・・・

エンドラーズの稚魚は、最後に黒が載ってくるので、

”えーーーッ!! そんなとこに黒が入るのぉ~”

ってがっかりしたりします。

ドイツイエロータキシードは、
オスもメスも、黒いタキシードが入り、尾は、
黄色と白が入るのもオスメス両方が同じように入ります。


メスは、体格がオスの倍ほどにもなるので、尾の大きさが、オスと大した変わらないほどになりますので、
見栄えがいいグッピーですよね。

エンドラーズとは全く違うのがそこで、

メスは何も柄が入らないので、
どんな柄をしている女の仔なのか想像もつかなくて困ります。(-_-;)


DSC00357.jpg

DSC00355_20190925221830801.jpg

ブラインシュリンプがお腹いっぱいに入っているようでぷっくりしてますね。

DSC00354_20190925221829fee.jpg

産まれてから8日目までに、2匹落としましたが、
2匹共、体色が黒っぽく、泳ぎがおかしく産まれて翌日に1匹、2日目に1匹落ちましたが、
その後は皆元気に順調です。

稚魚は、一度の産仔で、必ず体色が黒ずんでいる個体が何匹かいるんですよね。
その稚魚は、ほぼ落ち(死)ますね。・・・
どこかに奇形があるようで、なかなか浮かべないとか、泳ぎがおかしいとか、
底に沈んであまり動かないとか。。。
気が付くと落ちている(死んでいる)のが黒っぽい稚魚です。



給餌は、
ブラインシュリンプがメインで、一日6回ほど与えていて、夜遅い時間帯には、
ブラインシュリンプもなくなるので、粉餌で補っていますが、よく食べてくれます。

稚魚も、体格の差があって、小さなものも居るので、
粉餌のベビー(0,2㎜前後)と0.3㎜前後のものを与えています。


先日、”おとひめB2”という餌を購入しました。
とてもおいしそうな匂いがして、食いつきが良く、小粒なのですが、成魚にも与えていますが、
産まれて8日目の稚魚にはちょっと大きいようです。

コリドラスにも好評のようで、グッピーやエンドラーズと一緒に喜んで食べてくれています。





******************

****************************



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事

オールドファッションモザイクリボン 産仔から12日目

日最高 17.6℃ (14:45)
日最低 8.9℃ (02:31)

***********************



オールドファッションモザイクリボンの稚魚は、
まだ12日ほどですが、明らかに普通の仔と、ヒレの育ち方が違います。

DSC00352.jpg

周りにいる小さな仔は、6日違いに生まれたノーマルの仔です。

DSC00349.jpg

明らかにヒレの長さや形が違います。

DSC00333.jpg

もう少し経たないとあの、個性的なヒレは分からないだろうなと思っていたので、
少々びっくりですね。

このヒレの形が普通じゃないと気が付いたのは、もう少し前から分かりました。
生後1週間を過ぎたあたりから、少し尖っていて、他の仔とは違いが判る状態でした。

リボンの稚魚は、体色が黒っぽい個体が2匹居たのですが、3日目までに落ちましたので、
現在は、アルビノのような体色の仔が2匹とノーマル体色が、3匹かな?。。。

この5匹の内メスが4匹居そうな気配で、リボンのオスじゃないみたいなのよね。。。(-_-;)

DSC00345_201909241411147aa.jpg
↑この2匹は、同腹で産まれたノーマルな個体ですね。・・・・ヒレが長くないので。・・・・・

リボンのメスもヒレが長く伸びて、シャープなヒレをもって個性的な姿に育ちます。


リボンはノーマルなオスと、リボンのメスを掛け合わせていて、産まれる確率は半々ということになるらしいのですが、
今回の産仔数が少なかったので、その確率に当てはまりませんよね・・・。

次回の産仔予定日は、10月3日前後になるので、
早めに産卵箱に入れて、確実に仔を採りたいと思っています。

ノーマルのオールドファッションモザイクのメスは、
2度目の産仔を予定より3日も早く前回の産仔より19日目で産みました。
設定温度は28℃ですが、19日目に産むとは思っていなかったので、
ちょうど同じ日にドイツイエロータキシードの産仔もしたので、
産み残しを産んだのではと思ったのですが、よく見ると体の色が全然違うので、
間違いなくノーマルの仔だと思います。

35cm水槽内で他のメスたちも居た中で産まれて、気が付くのが遅かったので、10匹程しか救えませんでした。




******************
****************************



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事

コリドラス・ハブロースス(ワイルド)&コリドラス・パレアタス

日最低 13.6℃ (04:22)
日最高 23.4℃ (14:22)

************************


コリドラス・ハブロースス(ワイルド)
下の画像の小さい方です。

DSC00320.jpg

大きさがだいぶ違いますよね。
小さくて可愛いです。
身体の横にあるラインが結構目立ちます。
食が細くて、痩せやすいというので、
少量の餌を回数多く与えるように注意しています。
身体が小さいということは、口も小さいと思うので、コリドラス専用のタブレットもたまに与えていますが、
なかなか食べるのに苦労している様子なので、小粒のグッピーたちと同じ餌を与えていて、
その方が喜んで食べてくれます。

DSC00306.jpg

DSC00309.jpg


別名が色々あるのですね・・・。

コリドラス・ハブロスス
ハブロサス
コチュイ
コチー

我が家では初のお迎えです。
1匹は地元のホームセンターで、3匹はネットで購入した生体です。


ワイルド個体ということで、面倒かな...と躊躇したのですが、
別に難しいことは何もなく、普通に元気に生活していますので、
安心しました。

体長は、3cmほどで、これ以上大きくならないタイプのようです。
今は、エンドラーズのメスが産仔を待っている状態で1匹だけ混泳させていて、
他に通称青コリの名前で通っているコリドラス・パレアタスが2匹一緒に居ます。

DSC00311.jpg

画像を撮りたくて餌を撒きました。

DSC00319_20190924102558025.jpg

別名、花コリ、青コリとも呼ばれています。
身体が青っぽいのですよね。そこから青コリと呼ばれているのだと思います。
身体の柄は他のものより派手かも知れないですね、だから花コリと言われるのかなぁ・・・

DSC00310_201909241025550ec.jpg

これで、3種類のコリドラスの紹介が出来ましたが、
まだいるので、次回に続きます。

コリドラスって、目が瞬きするように動かすところが可愛いですよね。
それに、ナマズのようなひげがある所が可愛い。(^^)
この水槽は、混泳魚が今は7匹ですが、いつも底面は綺麗に整頓されています。




******************
****************************



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事

コリドラスパンダは大人しい

日最低 8.5℃ (04:10)

********************


コリドラス パンダ

DSC00300.jpg

DSC00304.jpg

パンダという名は、あのパンダに似ているからでしょうね。
白、黒というわけじゃないですが、とても愛らしい顔立ちです。

コリドラスは、他に混泳魚が居ても、喧嘩をするわけでもなく、
マイペースで生活をするタイプなので、気を遣わなくて済むので、
色々な種類を同種、またわ2種居れている水槽もありますが、
願わくば繁殖してくれればいいなと思う気持ちもあるので、同じ種類にして入れています。

この水槽は、今日の朝まで、グッピーの母魚1匹だけで休養させていた水槽で、
あと、外掛けの産卵箱と、中に浮かべている産卵箱にグッピーの稚魚が居ます。

コリドラスパンダは、5匹いて、オスメスの区別は分かりませんが、
仲良く寄り添って何もないベアタンクのスポンジフィルターの下などに溜まっています。
造花の水草も入れていたことがあるのですが、その根元に溜まっているわけではなかったので、
今は何も入れていません。

何かの物陰に居たい性格なのだと思います。
陰になるような物体があれば安心しているようなので、水草でなくてもいいようですね。

繁殖を狙うなら、葉のしっかりした水草を植えていると産卵に使ってくれるらしいですが、
今はグッピーの残り餌の掃除にオトシンクルスより仕事をしてくれるので、
とても助かっています。

底は何も敷いていないので、3日~4日ごとに丸洗いしていますけど、
その間、床掃除したかのように綺麗になっています。

糞も目だってある場合は、スポイトで取り除きますが、
5匹程だと、ほとんどがバクテリアのお陰で分解処理されて目立ちません。

今回、グッピーの繁殖をするにあたり、底に砂利を敷かない水槽にすると決めていて、
グッピーと同居しても大丈夫な温和な性格のコリドラスを各水槽に5匹前後入れようと考えていたのですが、
地元では、コリドラスパンダは1匹 540円もするのです。・・・
ネットでは、2匹も飼えるお値段なので、初めて生体をネット通販したのは、コリドラスを買いたかったからなのです。

関東地方から翌日の到着でやって来て、とても元気に到着してくれて、
その後も、体調を壊すこともなく、食欲もあり、元気に暮らしていますので、
とてもお得に5匹をお迎えできました。

臆病な魚で、そばを通ると、そそっと逃げて隠れてしまいますけど、
給餌の時間は、餌を撒くと、ジッとしていた5匹が、慌ただしく底面を掃除するかのようにスリスリしながら、
泳ぎ回る姿が、可愛らしいです。

今は、残り餌と言えば、グッピーの稚魚が食べ残したブラインシュリンプが浮いているくらいなものなので、
この仔達の為にしっかり給餌しています。

DSC00303_20190923124136174.jpg

DSC00297.jpg

同じ品種の仲間同士の小競り合いも全くなく、
ピッタリ寄り添うほどべったりではなく、でも、群れていたいという気持ちがわかるコリドラスは、
しっぽを良く振り、上下に激しく泳ぐ姿とか、底面を掃除しているかのような泳ぎとか、
他の熱帯魚とは別の行動が多く見られ、癒されます。



******************
****************************



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事

バクテリアの話

日最高 19.2℃ (13:43)
日最低 6.0℃ (05:12)

************************

熱帯魚を飼われている方は、何がしらバクテリアを使われていると思います。

使っていても、目で見えるものじゃないので、効いているかどうなのか?って分からないでしょ!

そう思うことがしばしばあるのですわ・・・・ (-_-;)

私の使い方は、毎回水槽の水替えをする際、追加で少量入れるという方法です。

水槽環境は、スポンジフィルターなので、
スポンジの中に、バクテリアが住んでくれているのではとその働きに期待を込めています。

水槽内の熱帯魚たちが住みやすい環境になるように、
バクテリアが沢山繁殖してくれて、有害物質を速やかに分解してくれるように、
その手助けをしながら水槽の維持管理をしていくことになります。


定期的な水替え、バクテリアの投入、そのバクテリアの餌となる物質の投入・・・。

目に見えないモノへの手助けになるように努めているつもりなのです。これでも・・・



今回は、休ませておいた60cm水槽を再度立ち上げなくてはならなくなり、
スポンジフィルターを2個で1基になっているものから1個借りてきて、規定量より多めにバクテリアを投入して、
様子を見ること、1ヶ月少々・・・・

水草は、少量しか入れず、底砂利は一切敷いていない”ベアタンク”なので、
バクテリアの住処となる場所がとても少ないので、水がなかなか安定しなくて、
この1ヶ月間、水がどんよりと濁っている・・・・・。



9月に入ってからの残暑で室温が高いのも苔の生える原因だと思いますが・・・

水替えを二日に一度半分入れ替え、バクテリアやその餌になるものも投入。・・・
でも、一向に透明感が出ない・・・
苔が多く生え、ガラス面が水替えから数時間で真みどり色になるなど、
いくら気を遣っても、なかなか思うように水が出来上がらない・・・・・・。

バクテリアが働いてくれていない・・・と感じていました。

そんな状況でも魚達は落ちることもなく皆元気に泳いでくれていました。



いろいろ、ネット検索しながら、もっともよいバクテリアを探す毎日が始まっていました。
バクテリアが働かないと有毒物質が分解されないので、魚達の健康が気になる所で、
水質検査も何度もしています。

水の透明感が出ないまでも、アンモニアも亜硝酸も安全な値を示してくれていたので、
安心して様子を見ていました。

そんな中、ネットで気になるバクテリアを見つけ購入してみました。

”弁慶” ベンケイ

 という変わった名前のバクテリアです。
このバクテリア、お安いのですよ。
2リットルと送料で¥1,410でした。

【商品説明】
今までの、アンモニア→亜硝酸→硝酸といったいわゆる「腐敗」の方向での分解と違い、
「発酵分解」という新しい方法で水質を強力に浄化します!その為、水が腐りません!




9月15日からこのバクテリアを投入していました。

それでもなかなか透明になってくれない水槽水・・・・・。

昨日、水槽の水を4分の3取り替えました。

先日からそうしているのですが、半分ではだめで、4分の3にしていたのです。

出来上がらない水を大量に取り替えるのは、あまり良くないのかもしれないなと思いつつ、
苔が酷いため、ガラス面を掃除していると緑色になってしまう水槽水を、
少しでも多く排出しなければ・・・・と思ったのです。。。

立ち上げてから1ヶ月少々なので、そろそろ落ち着いてもいいころだと思うのですが・・・

大量に水替えをしても、さっぱりすっきりしないんだよなぁ・・・・

と思っていたところ、水替えをして、1時間経った頃、
”あれぇ~‥‥綺麗になったような・・・”

3時間経った頃、
”やっぱり 綺麗になったよね、澄んでいる・・・”

そして、翌朝照明を点けたら、

”澄んでいるよ!”


やっとバクテリアが定着してくれたんだと思いましたね。

良かったぁ~ (^^)v
経った1日の間に水槽内でどんな変化があったのだろうか?

昨日とは全く違ったクリアな水槽!!



弁慶のお陰もあるでしょうし、
もう一つ新しく使ったものがあるのです。
先日紹介したあれです。 ↓ これのお陰もあるかなと思います。
ドーム型 メッシュ です。

DSC00147.jpg

【製品の説明】
水槽の中の環境は、淡水、海水に関わらず病原微生物にとって非常に都合の良い環境です。
そこに直接、接している生体は、白点病・水カビ病・エロモラス感染症など常に危険に晒されております。
また、エサの食べ残しや糞の影響で水質が悪化し、有害なアンモニアなどの物質が水槽内に蓄積され、
生体は非常に危険に晒されコケなどの厄介者も増えてきます。

ドーム型メッシュは抗菌のパワーで水質を安定にし、
好気性バクテリアを安定させコケなどを抑制することにより、
水の濁りが少なくメンテナンスも楽になります。



いくらいいと言われたバクテリアを使ったとしても、
やはり定着する日数もあるのですよね。
その日数とあらゆるものが重なり合って、私の水槽はやっと落ち着きを見せてくれました。
何の見せ場もない水槽の画像で申し訳ないですね・・・<(_ _)>
もう水草も飽きるほど育ててきて、卒業しました。(^^)
今は、生体だけでいいんです。

今回は、色々なものを買い助けてもらうことになりましたけど、
随分便利なものがある世の中になりましたよね。

DSC00292_201909212037168c1.jpg

私の今の目標は、
この水槽にドイツイエロータキシードのオス45匹、メス5匹を泳がせたい!!

順調にいけば、クリスマス前後には、その夢がかなうのではと思っています。

どうなりますか・・・・・ (^^)

稚魚たちは、今日まで、3匹死んでますが、元気にしています。






******************
****************************



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事

ドイツイエロータキシード(C)産仔

日最低 4.6℃ (04:18)
日最高 18.5 (13:30)

***************************

今朝は寒かったですぅ~


ドイツイエロータキシードのメスは、3匹居て、一番大きな体格のいいメスが昨日産仔しました。
お腹が角ばってきていたので、間もなく産むだろうと思っていました。
でも、先月31日に到着した時とさほど変わらないんですよ。
最初に見た時から凄いお腹!と思うほどな体形でしたから!

でも、健康そのものって感じで、ブリーダー宅で手塩にかけて育てられてきたということがわかる個体です。

ま、その中で手放そうと思われ、
選別で外されたわけで最終的には、見放された個体ですが、
立派な体形だと思います。

私が育ててもここまで育てられないだろうと思うので、
このメスの体型をしっかり頭に叩き込んでこれからの稚魚の育成に役立てたいと思います。

産まれた稚魚は、順調に育つと、クリスマス頃には、成魚になると思うので・・・。


母親は体長は約5㎝。

DSC00254_20190920112117f01.jpg

お尻の黒い部分が妊娠の目安と呼ばれている場所。
稚魚の姿は見えそうで見えないんですよね・・・・。
この黒い部分は、産仔近い時は大きく見え、終わると小さくなりますが黒く見えるのは、
妊娠していない時から黒っぽく見えていますよ。稚魚の時から。

DSC00253_201909201121168e5.jpg


体格から見たら、初産仔ではないとしたら、100匹近く産むのではないかと心配していたのですが、
初だとしたら多めですが、45匹程居ると思います・・・。
でも、私の予想の半分ほどだったので一安心です。


午前10時過ぎから始まった産仔は、なかなか進まず、
どう見ても初めてじゃないと思われたのですが、初だったのだろうか・・・・・・
産仔時間は本当に個体差があって、あっという間に産み終える個体もいるけれど、
1日とかそれ以上かけて産む個体も居るのよね。。。


1時間経っても10匹も産まない・・・ 難産型かも知れないね・・・
単なる肥満でさほど仔が入っていないのか?などなどいろいろ想像してしまいましたわ・・・

昼過ぎても20匹程でしたが、お腹は随分凹んでいました。

こんなもんで終わりかも知れないなぁ・・・と思ったのですが、夜まで様子を見ることにして、
最終的にもう終わりだろうと思ったのは、午後5時過ぎでしたね。
一晩産卵箱で過ごしてもらいましたが、増えてはいない様子。
何度も数えましたが、50匹に近いと思います。動くのでなかなか正確な数が出せません・・・・。

産卵箱が小さかったですよ。体格良すぎ!!

DSC00282.jpg

ほぼ、産み終わった母親です。随分スリムになりました。(^^)
この稚魚も、夜までほとんど浮いてきませんでした。
朝、母親はメインの35cm水槽に放し、ブラインシュリンプを与えたのですが、
まだ泳ぎがうまくできない状態でした。

午前11時半現在も、遅く産まれた稚魚らしいものは、まだ底にいます。

後は水平に泳いでいて、ブラインシュリンプもお腹の中に入っているのがピンク色になっているので
分かります。

DSC00289.jpg
        ↑母魚です。

母親と同じ水槽に居ます。
この水槽には、この母親と、コリドラスだけです。
お疲れのようなので、少し1匹で過ごさせて、赤虫などを与えて養生させたいですね。





******************
****************************



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事

産まれる時期が早かったのかな?

日最高 15.5℃ (13:44)
日最低 6.4℃ (05:24)

***********************



昨日産まれたドイツイエロータキシードの稚魚の画像・・・
皆、底に沈んでいましたよね。

もう一度昨日の画像を・・・  ↓
DSC00242_201909181043247ba.jpg

この画像を撮った時に、あれ?!っと思ったのだけれど、
産まれたばかりならありうることか・・・と軽く見ていたのですが・・・
これは、やはり普通じゃなくて、
生まれるのが早かったんだと思います。
この画像を撮ってから、半日過ぎても、浮かんでこれなくて、
これはただ事じゃないな・・・と・・・

こんな全ての稚魚が底にジッとしているなんて、今まで経験したことが無く、
奇形で生まれたと思われる仔はなかなか浮かばれないということはありますけどね・・・



そして、何度か水槽内を覗いて心配していたのですが、昨日の夜まで、
3分の1ほどの稚魚が少し動いているけれど、普通じゃなかったですね・・・


今朝、起きてすぐ心配で、水槽を覗くと、みんなきちんと水平に泳いでいて、
”あぁーーーッ 良かった!奇形でなくて!!”

ほんとに心配しましたけど、単に、少し産まれてくるのが早かっただけだったようです。

一番早く産んだメスの稚魚は、産まれて間もなく全て浮いていましたので、
産む時期の問題なのかもしれないですね。

DSC00283_20190919204307212.jpg

1匹残らずみんな水平に泳いでいます。(^^)v
底には何も沈んでませんよ。

DSC00278_2019091920430649b.jpg

水槽内に粒粒がありますが、
ブラインシュリンプです。
まだたくさん食べられないため、飽和状態にしていつでも食べられるようにしているんです。
ブラインシュリンプは、水槽内に入れると、2時間ほどで死んでしまいます。
塩水で孵化させるので、淡水だと長生きしてくれません。

なので、2~3時間おきに、少量を入れています。
食べ残しも沢山あるので、底はカット綿などで、拭いて綺麗にしてブラインシュリンプを入れていますが、
直ぐ汚くなりますね・・・・。
1週間過ぎると、数も多いので、競って食べるようになり食欲が増して、
食べる量も多くなるので、みるみる大きく育つはずです。

サテライトMサイズの産卵箱です。

グレードアップ パーツの網目を排水溝に取り付けてあるので、
小さな稚魚が流れ出ないようにしています。
この網は、稚魚だけでなく、ブラインシュリンプやその他の人工餌も少量しか流れていかないので、
給餌にとても便利です。

これが無いと、全部メイン水槽に簡単に流れてしまうのです。

メイン水槽と言っても35cm水槽で、母親やコリドラスが同居していて、
稚魚に餌が当たると、自動的にサテライトから流れて来るようになっているので、
母親は、日に何度もお腹が満たされているはずです。



******************
****************************



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事

ドイツイエロータキシードの産仔(B)動画

日最高 18.7℃ (16:23)
日最低 8.6℃ (04:28)

***************************


本日、朝8時少し前から2匹目のドイツイエロータキシードのメスが、
産仔しました。

5匹目を産んだ時のお腹のふくらみです。↓
DSC00214.jpg

全て産み終わったお腹です。↓ スマートになりましたね。
DSC00243_2019091810432266b.jpg

随分お疲れのようで、身体の色が薄くなってしまいました。・・・
タキシードの黒が薄くなりましたねぇ・・・(-_-;)

産んでいた時間は2時間半ほどだったので、割と短いと思いました。
半日以上かかる仔も見ているので、この仔は、スムーズに産んだと思いますが、
先に産んでいる仔と比べると、産んだ匹数もほぼ同じですが、
体色が変化してしまっているので、疲れが見てとれます。

まだ、お腹に残っている可能性もあるため、
産卵箱で過ごしてもらい、稚魚が泳ぎだしたら、ブラインシュリンプを与えるので、
親魚にも食べてもらい、少し休養を取らせたいと考えています。


画像を撮って、匹数を見ました。
まだ生まれて3時間経っていませんし、最後に産まれた仔は、30分ほどでしょうか・・・。
まだ底に沈んであまり動いていません。

DSC00242_201909181043247ba.jpg

やはり体格がいいと、産む数も多かったです。
昨日のメスも同じくらい産んだのでしょうが、産仔が終わってから見つけたため、
親に食べられた仔も居たのではと思います。

今日の産仔は、5匹産まれている時に、気が付きました。
約2時間半かかり、落ち着いているので、これで終了と思ったので、
仔の数は37匹でした。



お疲れ様・・・。

栄養のある餌を与えて養生させます。





******************
****************************



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事

ドイツイエロータキシードの産仔(A)

日最高 21.6℃ (12:54)
日最低 14.7℃ (20:00)

*************************


待ちに待ったドイツイエロータキシードの仔が生まれました。



いやー良かったです。(^^)v

DSC00203.jpg

お母さんはこちら↓ メスだけの水槽で休養させています。

DSC00208_20190917153439241.jpg


タイトル名に、(A)としたのは、後、2匹のメスが居るものですから・・・。
区別できるようにしました。



2番目に大きな個体でしたが、最初に産みました。

食欲のある一番大きな個体は、いつ産むつもりなのかしら・・・


このメスは、初めての産仔なのかは不明ですが、
今回は半ば、あきらめていたので、嬉しかったなぁ~

昨日、夜11時頃、消灯している産卵箱に、30匹ほどの稚魚が沈んでいました。
画像は、朝撮ったもの。
みんな水平に泳いでいますが、個体差があるものが見てとれます。
そして、一匹が死んでいました。

動き回るので、何度も数えましたが、ハッキリわからず、
約30匹くらいですね。
初の産仔だとしたらメスのサイズからすると、こんなものではないかと思います。


我が家に来たのが、8月31日でしたので、16日目になりますが、
グッピーの産仔は約21日から28日周期だと聞いていますが、
オスと同居を始めてから、初めての産仔の場合でもこの日数なのでしょうか・・・。

やはり、ブリーダー宅で既に妊娠していたメスを送ってきたようで、
オス親が、一緒にいるオスとは思っていませんけどね・・・・。
ブリーダーさんは、
メス、オスは、隔離して育てているのかと思っていたのですが、そうじゃなかったのですね。

贅沢かも知れないけど、
一緒に送られてきたオスの子供を育てたいと思うのですが、今回も叶わない夢と消えました。・・・

ヤフオクで、ブリーダーさんが出品されているグッピーは、
隔離して育てていて、
送る時も、オスメス、別に梱包して送ると書かれていて、感心しました。
そういう方もいらっしゃるのですねぇ



朝からブラインシュリンプを与えると、食べています。
メスの身体が大きいので、もう少し稚魚も大きいかと思ったのですが、
そうじゃなかったですね・・・

稚魚の泳ぎ方は揃って、水平に泳いでいるので、
このメスの血統の良さを見た思いでした。

奇形だと、この段階で見えるのですよ。

ペットショップから向えたオールドファッションモザイクの稚魚は、6匹残っていて、
背骨が曲がっている仔が3匹も居て、ちょっと酷いな。。。(>_<)

黒い稚魚が2匹居たのですが、生後3日でいなくなりました。


ウィーンエメラルドグッピーは、10匹程水平に泳げていない稚魚が居ますので、

何らかの奇形だと思います。

3分の一以上奇形だなんて・・・






******************
****************************



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事
NEXT≫
リアルタイム訪問者数
フリーエリア
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
▲セントポーリア(全般) (1107)
管理人の日記 (237)
熱帯魚 (101)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (54)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (25)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (16)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (9)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (5)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (107)
ミニチュアローズ (29)
★ 蘭 (19)
●サボテン (69)
その他の植物 (17)
●多肉植物 ハオルチア属 (15)
●多肉植物 全般 (486)
●多肉植物:セダム属 (26)
●多肉植物:コチレドン属 (14)
●多肉植物:アエオニウム属 (3)
●多肉植物:パキフィツム属 (2)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (6)
すい臓癌 (112)
苔 (1)
膵頭十二指腸切除術をされた患者の食事 (7)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (16)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (99)
ネックレス(トップ付) (3)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (0)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (41)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (196)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (5)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア

当日&前日の訪問者数

総訪問者数は、右側バーに10年前より設置

VERAL(ヴェルオール)の紹介

ブログ管理人が
制作販売をしています。

33333_20161019100014d92.jpg

ハンドメイドマーケット
『ミンネ』で販売しています。
只今、少しづつ
新作を出品しています。

ご訪問ありがとうございます。
解析中
おすすめ
天気&気温
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。

おすすめサイト
同居のパートナー
DSC060084.jpg (2019.1.27画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな男の仔です。
お迎え日:2012.8.20
2019.10月現在、5,800g!
2017.11月より療法食開始!
アレルギーを持っている。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い! IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。 IMG_744911.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…
◆ブログ投稿がある見送った仔達◆

IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。
9歳2ヶ月 2018.1.24亡
IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ 
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い仔でした。 8歳2ヶ月 2017.7.28亡
IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命2ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
ジステンパーにり患し、
4ヶ月で亡
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示