FC2ブログ

セントポーリア:Lilian Jarrett  リリアン ジャレット(希少なモザイク斑入り品種)

日最高 31.6℃ (14:00)
日最低 8.6℃ (04:17)

*****************************

2020,4、バイオレットバーンより輸入
Lilian Jarrett  リリアン ジャレット
AVSA #1060
06/09/1961 (F. Tinari)
mosaic variegated モザイク斑入り葉種
花色はピンクのダブル咲

斑入り品種の中ではとても少ない希少品種になります。
歴史的にとても古く”ビンテージ”とか”オールディーズ””とか言われます。

***********************************************************
春の輸入時に運よく会えたものです。
以前も持っていた私の好きな品種です。

モザイク斑入り品種の数は、とっても少なくて、
バイオレットバーンでもっている品種は、2~3種だと思います。
そのぐらい少ないので、とても価値のある品種になります。

お値段も高額です。(-_-;)

輸入時にあることが少なくて、
最初に手に入れるのに随分年数がかかったのを覚えています。

でも随分明るい葉色でびっくりしました。
以前2回バイオレットバーンから輸入していますが、
このような明るい葉色で到着したことが無く、
別品種かと思うほど違う姿でした。

以前持っていたものがこちらです。
ririonn.jpg

DSC01023_20200530212735363.jpg



今回のものはこちらで、白い部分が明るいのです。
どちらが好きかというのは好みの問題ですが、
私は明るい方がいいなぁ・・・

DSC03510_20200530212141556.jpg

DSC03513_20200530212144aeb.jpg

DSC03512_20200530214422882.jpg

以前育てていたものは、
年間通して、このような明るい葉色にはなったことがありません。
ほとんど白い葉もありますよね…

モザイク斑入り種は、夏でも冬でもほとんど変わらなく、
葉の全体に広く広がる斑入り品種です。

幼苗時期から暗い葉色をしていましたので、
今回見てこんなきれいな色の同品種もあるんだと思って少々嬉しかったです。
明るい葉の方が綺麗ですよ…

こんな斑入り葉ですが、
結構光が欲しい品種で、
我が家では、棚間隔45cm 20WLED120cmタイプの真下に置いていますが、
以前棚間隔40cmで照射していた時も、全く嫌がらず、
今回45cmにしていますが、余裕で葉が展開してきています。

初めて手に入れた時は、フラコンケースに入れたりして湿気を高くしたり、
温度も高めにしたりしていたらヒョロヒョロになってしまい、
湿気も温度も特別扱いしなくていいんだと思って、以後普通の品種と同じように育てていましたので、
今回もそんな感じです。

斑入り品種は見かけによらない強健種が多いです。




◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



関連記事

《動画》セントポーリア:葉焼けを起こした株の対処法

日最高 30.4℃ (10:23)
日最低 7.3℃ (04:15)

凄い温度差!!

**************************


◆本日二度目の投稿は動画です。

*****************************
今日は照明の当て過ぎで障害を起こした株のお世話です。

中心がしまって開いてこなくて・・・
開けてきたと思ったら、中心の葉が伸びれないでいました。・・・







◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村



関連記事

セントポーリア:《ロシア産》AE Chimera of Destiny =AE キメラ オブ デスティニー


*****************************
2020.4月 
バイオレットバーンより輸入

Russian hybrids=ロシア産
AE Chimera of Destiny
AE Khimera Sud'by)
AE キメラ オブ デスティニー
非常に珍しい花


花はもう少し後になるので、購入先から借りてきました。
とはいっても、現在は1ヶ月以上在庫が無いので、画像も載っていなかったのですが、
ネットからバイオレットバーンの画像としてあったものを借りました。

DSC03508.jpg

5月10日に蕾を確認しているので、6月中旬頃初開花すると思われます。
初花であるため、
下の成株のような花が咲かないと思いますが、
初花を確認して置き、2回目、3回目と大人の花に変化するところも、
見ておきたいと思い初花の蕾は取らずに開花させる予定です。
株姿は約20cmで、とても素直な葉で、照明の当て方は、
45cm間隔の棚で、20WLED120cmタイプを照射中です。

最初から、他の品種が照明がきつく当たり過ぎて支障をきたすという、
初歩的なハプニングもあったのですが、
この品種は、ビクっともせず、威風堂々って感じでした。
葉の色は、濃い目で、葉裏は少しピンクっぽいのですが、
表と裏の中間に何やら色が透けているような感じです。
透かして見ると結構暗く見えたので、裏を見て『赤くないんだ…』と思いました。
表が濃いので、もう少し葉裏が赤いかと思ったのですが・・・。
葉の色が濃い品種は照明に強いかというと、一概にそうも言えないんですよね…

成株の正規な花の様子です。↓
desutelini-.jpg
斑点模様もあり、輪郭が入り、中央部分は少し濃い色が入るような…
花の淵の白い部分が少し幅広く入ると、キメラのような縞に見えそうな模様です。
葉挿しで、親株と同じ花が咲くのでしょうか。…
こういう花は、結構無地で咲いたりするのよね…
夏の暑い時期に咲くと、無地花になったり…
大丈夫かなぁ・・・
斑点のある花は、微妙です・・・

照明のことで、堂々としていたこの株は、相当な強健種と思いました。…

この株は、名前に Chimera=キメラ とあるように、
キメラのお安い株のようなお値段でございました。(-_-;)

このように咲き方が ”非常に珍しい” とバイオレットバーン側が説明に出しているお花なので、
『きっと 育てにくくて、花も咲きにくいとか… 何らかの気難しさがあるだろう…』
と気構えていましたが、
すんなり我が家の環境に慣れてくれたようで、安心して、開花を待っているところです。

ロシア、ウクライナ産のセントポーリアは、
相当な派手な花を作っている真っ最中ですよね。…
騒々しいほどの派手さが売りのようで・・・

私はネットで
沢山の派手なセントポーリアを見ていますけど、目を引き付けるような派手さがあるのですが、
そこまで派手でなくてもいいなぁ・・・
何か、落ち着かないわ・・・  と・・・ 思うのは私だけかな・・・
花色が、チャラチャラして若い方には人気かも知れないけれど、
なんかセントポーリアらしくないというか、変わり咲なんでしょうけど、
変化も著しかったりして・・・

とか言っても、やはり流行には少しでも載っておかないとと思って、
何種か少なめですが、ロシア産のお花を輸入しています。


ロシア、ウクライナ種は、
変わった咲き方をするものが多くあって、複色で咲くものが多くあり、
そんな品種は、夏花と冬花の咲き方が全然違うのだろうな・・・と思ってしまいます。

単色の花は年中変化が無いので安心して見られますけど、
複色品種、特にこの花のように変わった咲き方をする品種は、変化しやすく、
綺麗に変化する場合は、本物のキメラのように縞花になり、ストークでなければその花を
継承しなくなる・・・
とか、春夏秋冬色々な咲き方をするとか・・・ね・・・・

花弁の淵に少しだけ入る色が、春夏秋冬で、
幅が全く違うように入る・・・ というのは、
良くありますよね・・・

北海道は、まだ春になったばかりで、土曜日は、急に30℃越えになる予想ですけど、
まだまだ初夏ではないのですが、来月中旬に初開花を迎えるこの株は、
夏花からスタートですね。
もし、無地で咲いたら、即撤去します。蕾を!

この画像のお花のように咲いてくれるかなぁ・・・
夏の花は、特に綺麗に咲いてくれないというのが、常ですからね・・・

期待しないで待つことにしま~ス(^^)/




◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

関連記事

《動画》セントポーリア:ウイック式でトレイラーを育てる方法

◆本日二度目の投稿は動画です。

*****************************

ウイック式にした、トレイラーの育て方です。

トレイラーは生長点が沢山出来、こんもりと育つ品種のことです。

ちょっとだけ普通のセントポーリアと違います。

セミミニのトレイラーをウイック式で育てる事にしました。
ウイック式の注意点なども…
こんもりした株姿にする方法とは・・・



葉の色が濃淡で・・・
これ全部同じ品種です。
ザックリと 3株に分けて植えています。

購入してから1ヶ月少々、狭い鉢にぎゅうぎゅう詰めになって届き、
埃をかぶったかのような汚い姿でした・・・

水はけが悪く、泥土に植えられて、根腐れを起こしていて、
用土を綺麗に取り除き、根を洗い、薬浴もして、植え替えたのです…

そしたら、植え替えた時から明るい緑色の葉が出てきて、
以前の葉と、濃淡になってしまいました…

まだ植え替えから2週間少々なので、完全に活着していないのですが、
これから少し勢いがついて大きくなると思います。
こんもりして満開になったら、ご報告しますね。


DSC03509_20200529164606fd8.jpg




◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

関連記事

セントポーリア:キメラのストーク挿しの検証動画はもう一週間後に投稿します。


*****************************

キメラのストーク挿しは、YouTube動画で検証中ですが、
育ちが遅いので、もう一週間してから投稿しようと考えていますので、
あれから 一週間の育ち具合は、ブログでご覧いただきます。


ストークから出た新芽は、
まだ1㎜~3㎜ほどしかない双葉ですが、
このように、株に育つ新芽が花茎から出てくるって、凄いと思いませんか!

中央にあるストークについている2枚の葉は、少し大きいですよね。


そして、下にある写真のストークについている葉は細い…


品種によって、違いがある葉なのですが、
大きな葉が付いているストークの方が、育てやすいというのが私の経験上から思えることです。
細ければ細いほど難易度が上がり、不可能な品種もあります。。。。

その難しい、いやいや…
不可能と言っても過言じゃない代表格と思っている品種は、”コンコルド”かなぁ・・・。

成功例は何もありません…
何度もストーク挿しで失敗しました…
針のように尖って細い葉を持っているストークでした…

増殖するのが大変なキメラだからこそ、高額で、価値のあるものですね。

DSC03499_202005281945458ce.jpg





↓下画像のストークは、右側の葉の間にも新芽が出そうです。

1本から左右二個も新芽が出るというのは、勢いのある証拠ですけど、
1個の方が後々の作業は簡単にできるのですが、2個出てくると、
移植適期になる頃の1本のストークから出ている根の本数は、さほど多く出ないものなので、
植え付けが難しくなります。

2個の新芽を1本のストークで分けられる根の本数はとても少なく、
ストークごと、半分にしなけれなならないでしょう・・・

この1㎜前後しかない細いストークを切り口にめがけて根のある所まで、
真っすぐにカットするというのが大変です…
(>_<) (>_<) (-_-;)

だから、1本のストークに2個の新芽が出るのは、あまりありがたくないのですよ・・・。
1個の方が育ちも早いので・・・

植え付ける適期は、本葉が、3枚以上に育つこと・・・。
このストークのように、2個の新芽の育ち方に違いがあるものが多く、
そういう場合は、大きい方が本葉3枚以上に育つと、移植適期としています。
あまりにも2個のサイズが違い過ぎの場合は、もう少し待ってからということもあります。

そんな場合でも、ストークから出ている根の本数が少ないことが多く、
画像のように3㎜ほどの本葉が2枚出ていても、現在は根が1本も出ていないこともあるのです。・・・

これは、葉挿しのように3週間過ぎたら、抜いて根を確認してみようとはしません。

新芽の様子を見て、判断することになります。


この新芽が出ているストークの根部分の今後の状態は、

ストークの切り口から出ている根と、
新芽の葉が付いている底部分から根が出てくるものなのですが、

最初からストークについている葉の部分まで、
パーライトに埋めて置けばいいのではないかと思われるかも知れませんが、
葉挿しは、経過が早いものは、20日前後で根が出てきますjけど、
ストークを挿してから、早くても1ヶ月は動きが無い、、、それ以上経過する過程で、
ストークについている2枚の葉は、水分が多いパーライトに長期間浸かっていると、
腐れやすく、この葉が腐ってしまうと新芽が出てきません。

その為に、新芽を出させるためには、
このストークにある葉を地上に出しておく必要があるのです。


ストークにある葉を気にせずに、用土へ埋めることが出来るのは、
新芽が充分育ち、植え付ける適期が来た時です。

新芽が大きくなって、鉢上げする時は、
新芽の底部分(ストークにある2枚の葉のある位置)まで用土で盛りますが、
その際、ストークが長い状態だと、鉢の深さに合わず、
作業が面倒になります。

私の場合は、15mmほどで短めにカットして挿していますので、
この次の段階は、4㎝×4㎝×深さ4㎝のセルトレーへ植え付ける予定でいますが、
ストークは短いと言っても根が少しでも伸びていると思うので、
4㎝の深さで足りないと判断した時は、5㎝×5㎝×深さ5㎝のセルトレーに変更します。

葉挿しも、ストーク挿しも、基本は同じで、

”広すぎる場所には植え付けない”

ということです。
面倒ですが、育ち具合を見ながら、何度でも移植します。
その方が苗は育ちますから。
苗の時期は少し隣同士の葉が触れ合うくらいの方が育ちが良くなる気がします。

DSC03498.jpg

肥料を与えるようになると、育ちも早く見えます。
肥料は、窒素が多い、30-10-10を1000倍で与えています。

昨日、観察していて、画像の葉が細いモノでまだ新芽が極々小さいストークをひっかけてしまい、
抜けてしまって・・・

根を見たら、0.2mmほど出てました…
そぉ~っと元に戻しておきました…

1ヶ月経ってもそんな根ですからね…
とっても日数がかかるストーク挿しです。…

ストーク挿しは、日数かかる為、
その間、水分の多いパーライトに浸かっているので、腐れやすく、
新しい未熟なストークは10日もしないうちに腐ってしまうことが多いのです。

茎は腐らなくても、ストークについている2枚の葉が枯れてしまうことも起こります。


ストークにある2枚の葉の1枚でも元気なうちはあきらめないことです。


片方しかない葉でも、その葉が元気な場合はチャンスはあります。
葉が大きな場合は、葉が半分枯れて、カットしたのに、新芽が出ましたよ。

下の画像の左端のストークは、
挿す前から2枚の葉のどちらも枯れこんできていたのです。
ダメで元々・・・と思って、枯れこんで黄ばんだところを鋏でカットして挿したものです。
葉が大きかったから助かったのかと思いますが・・・
この葉の大きさが、


ストーク挿しを成功させるか、失敗しやすいかのバロメーターだと私は思っています。


ストークから育つキメラは、正規の花が咲く確率が高いので、
クラウンカットで得る苗よりも期待度が大きいのです。
ストーク挿しは、5本挿して3本成功すればラッキー!と思うことにしています。

育てるのは、クラウンカットの方が楽ですけどね。
楽だと言っても、本体から苗を取り外すのがちょっと嫌ですけど…
昨日の動画でクラウンカットから大きな新芽を外した投稿してますけど、
ストーク挿しではあんな大きな苗は取れませんよ。(-_-;)


ストーク挿しは、キメラしか行えないのではありません。
普通種でもできますが、葉挿しの方が沢山の新芽が得られますので、
普通種の場合はストーク挿しはほとんどしませんよね。
葉挿しが楽ですから。

DSC03496_20200528194542a6e.jpg





◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

関連記事

《動画》セントポーリア:凍傷に当てたキメラをクラウンカットで増殖!(2)

◆今日の2度目の投稿も動画です。

*****************************

1週間で、予想以上に大きく育った新芽!
キメラ株を刃ものを使ってカットしますので、緊張します。
切り取って、パーライトに植え付けることにしました。

大きな葉は4㎝越えです。
新芽とは思えないほどのサイズになりました。



DSC03504.jpg

DSC03505.jpg



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

関連記事

《動画》セントポーリア日々の世話(13)茎の整理


*****************************

今日の日々の世話はこちらです。






◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

関連記事

《動画》セントポーリアの葉挿し(5)


*****************************

葉挿しの5回目。
葉挿し中でも、薬浴(消毒)を行います。
そして、育ち具合を見て、何度か移植も行います。

大きくたくさんの新芽が出てきたスタンダード品種。・・・






◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

関連記事

《動画》セントポーリアの”蒸れ”障害を起こした黄花品種の再生(4)頂点がぁーーッ!

◆本日3回目の投稿も動画です。

*****************************

やっと順調に育ってきたなと安心していたら、とんでもないことになりました。
頂点が止まってしまいました!!
アメリカから到着した時に葉の淵が巻いているのを気にしていたのですが、
その原因がこれだったのかと思いました…。

黄花品種は、それでなくても気難し性格で育てづらいものなのに、、、
なんでこんなにアクシデントばかり起きるのだろうか…
不運だと、あきらめるしかないのでしょうか…
今日の動画は2つとも、めったに起きない症状で、
ガッカリです・・・





◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

関連記事

《動画》セントポーリアの日々の世話(12)『奇形株』頂点の異常!


◆本日2度目の投稿は動画です。

*****************************

奇形株に運悪く出会ってしまいました… めったに出合うことが無い状態を
公開できるのは、反対に運がいいのかもしれないですが、やはり残念です…

生長点にその異常があり、このままでは成長できないと判断しました。




奇形株の経験は、過去に何回かあります。

葉挿しをして継承してきたと記憶しているのですが、
その行く末は記憶にないのです…
何度も頻繁に奇形株を見た記憶が無いので、
普通に葉挿し株から開花株を得ていると思っていますので、
この株の葉挿しで、花が見られたらいいなと思っています。



◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 花・園芸ブログ セントポーリアへ
にほんブログ村

関連記事
NEXT≫
リアルタイム訪問者数
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
セントポーリアライフ(YouTube動画) (108)
セントポーリア:開花株のアルバム (1)
セントポーリア:ガール葉品種 (28)
▲セントポーリア(全般) (1140)
管理人の日記 (251)
熱帯魚 (119)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (53)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (24)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (15)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (16)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (3)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (9)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (11)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (108)
ミニチュアローズ (29)
★ 蘭 (19)
●サボテン (80)
その他の植物 (17)
●多肉植物 ハオルチア属 (15)
●多肉植物 全般 (487)
●多肉植物:セダム属 (26)
●多肉植物:コチレドン属 (14)
●多肉植物:アエオニウム属 (3)
●多肉植物:パキフィツム属 (2)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (6)
すい臓癌 (114)
苔 (1)
膵頭十二指腸切除術をされた患者の食事 (9)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (16)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
その他アクセサリー (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (103)
ネックレス(トップ付) (3)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (0)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (41)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (199)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (5)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア

当日&前日の訪問者数

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。
◆YouTubeで『セントポーリアライフ』を投稿中です。
ブログのカテゴリのトップに置いています。

ご訪問ありがとうございます。
解析中
おすすめ
天気&気温
おすすめサイト
同居のパートナー
IMG_20200114_065359_20200620185032790.jpg (2020.4月 画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな男の仔です。
お迎え日:2012.8.20
◆我が家の6頭目
2020.4月現在、5,900g!
2017.11月より療法食開始!
アレルギーを持っている。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い!
弱点 : 硬いものが苦手

DSC026260.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
我が家の9羽目で最後のインコ。
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
いつも、YouTube動画の
”セントポーリアライフ”で
お騒がせしております。<(_ _)>
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…
◆ブログ投稿がある見送った仔達◆

IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。
8歳2ヶ月 2019.12.30亡
IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。
9歳2ヶ月 2018.1.24亡
IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ 
オスと同居経験がないのに
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い仔でした。 8歳2ヶ月 2017.7.28亡
IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
おしゃべり上手で
長いお話でもすぐ覚えて
くれる仔でした。
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命2ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる。
ジステンパーに罹って捨てられた
ようで発作が多発し薬を飲んでい
ました。

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
チャッピのジステンパーが移り、
4ヶ月で亡
治っても、移るようですね。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示