▲セントポーリアの底面給水マット栽培 経過報告

年中ヤフオクで出品中です。
セントポーリアに使用できる

肥料 2種 のオークションはいつでも出品中です。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。



セントポーリアのオークションは25日で終了となります。
出会った時がご縁と思ってください。



↓画面をクリックで飛びます。






今年の5月から栽培方法を底面給水トレーにマットを引いて吸い上げ栽培をしてきました。
その後報告をしていなかったので、経過報告をいたします。

この記事のカテゴリーは、下のカテゴリーに過去記事があります。
▲セントポーリア:我が家の栽培について



以前には、1株ずつ給水していたので、とても時間がかかり、
水枯れさせた株も多々あり、失敗も多かったのです。

セントポーリアは、湿度を好むお花ではありますが、過度になると根腐れを起こしやすいのです。

鉢を持ち上げ、重さをチェックして水遣りを丁寧にしていられるならば、
それが一番適していますよ。
その時に株のチェックも兼ねられて、早期に異変を感じ取れ対処も早くできますので、
少ない個数なら1株ずつ給水することが最適な栽培方法です。

しかし、200株以上になると、手が回らなくなってきます。




底面給水栽培に使っている資材は、2種あります。

底面給水方式で育てるには、鉢底が平らであることを確認しましょう。
1㎜~2㎜の足が付いている鉢には向かないです。
私は、スリット鉢を使っています。↓お安くて根がまっすぐ伸びます。
it0172_2.jpg
側面にまで切り込みが入っているところが、この鉢の特徴で、
植え替えする時にいつもびっくりすることは、
根がこの切込みめがけて真っ直ぐ絡まらずに伸びていることです。
1個 6cmサイズで 14円ほどです。 各サイズ揃っていて四角もあります。

このスリット鉢は中央部分には凹みがあり穴がありませんが、
マットの接地面に穴がある鉢なら使えます。



まず、1種の方を。

底面給水マットは市販されている下の画像のものを、
最初に購入して使用していました。

2枚セットになっており、¥1,200ほどです。↓
hokuetsunoji-shop_62908792.jpg

しかし、トレーが柔らかくフニャフニャで持ち運びしにくく、下手な持ち方をすると、壊れてしまうほど
きゃしゃな薄い素材のトレーでしたので、使いずらく、
緑色のマットも、非常に薄く、このマットに水を含ませても、夏なら3日と持たない状態で乾きました。
置く鉢数にもよると思うのですが、7.5cm鉢植の株なら10株ほど置けますが、

3日と持たない状態で水やりするのは、以前とほとんど変わりなく、手間がかかりました。
一株ずつ鉢中の水分を確認してみることは怠らないように注意していました。

同じトレーに入っていても、鉢のサイズがバラバラな時や、株の状態が皆違う為、
水分を欲しがる株、そうでない株があるので、一緒に水遣りをしてしまうことになるので、
チョッと気を遣いながら行いました。

3日もするとカラカラになるのでその前に水遣りをした方がマットの染み込み方がいいのです。

カラカラに乾かしてしまうと、水をやっても鉢底まで行き届かないことがあり、
水枯れさせてしまった株も出したのです。

置いたままの状態で、
ただマットへドボドボと水を注ぎこんでいるだけだとだめだわと思い、
きちんと隅々まで行き届かせるようにトレーを持ち上げてゆすりながら水をやるように気を遣いました。
最後に鉢を何個かどけて鉢の下まで行き届いているかを確認しました。

水の量はこの薄いマットが浮き上がるほど与えてはやり過ぎで、程よくしっかりマット面を
水分が行き渡るように入れるのです。
ほんの少しマット面に水分が照明で反射してキラキラと見えるくらいにです。

でも、一週間に2度は水をやっている気がしますので、
水遣り頻度を少なくしたいと思う栽培には向かないです。
水遣り回数を減らすというのではなく単に底から給水したいと思う栽培方法なので、
それなりの使い方をすれば問題なく栽培できると思います。



次に2種目の底面給水マット栽培について。

底面給水シート アクアサプライヤーマットは、
私が選んだものは、下の画像の真ん中。
シルバー色のものです。

redbobu9632589.jpg


トレーは硬くてしっかりしたものを使いました。

先の緑色のマットの厚みから比べると3倍ほどありますので、給水量も結構あります。
マット面が銀色なので、肥料水を与えていると、短期間で緑色のコケが発生してきます。

あまりひどくならない内に、外へもって行、強い水流で流すと簡単に取れますが、
室内で行なう時には、軽くモミ洗いすると簡単に綺麗に落ちます。

マットの表面だけでなく裏側まで綺麗に洗った方がいいです。

用土がこぼしたりすると、鉢底に用土が付いてマット面に接地しないので、
水分が充分に吸い上げられず水枯れさせてしまいますので、
マット表面は常に平らであるか鉢底は綺麗か確認しておきます。

このマットも、水分を含ませる量は、マットが浮き上がらない程度で、
手で触って、指が濡れるくらいまで入れます。

このマットの上に置いた鉢底から白い根が2cmも伸びているということがたびたびあります。
そんなに長く場所を移動していなかったのかと思うのですが、
そんなことないのに。。。

このマットも、水遣りの際は、マットが厚いので、染み込むまでに数分かかりますので、
平均して染み込んでいるか確認しています。
一ヵ所だけでなく何か所からも水を掛けて、均一に染み込ませておきます。

鉢もどけて、底まで濡れているか確かめます。

このマットは、完全に乾くまで放置せず、触って少し湿り気が残っているけど、
この湿り感じゃ鉢に行き届かないだろうという感じになったら水遣りをしています。

そのころに鉢を持ち上げると、鉢の中央部分当たりに水分が残っているような感じになっています。
結構軽いですけど、これ以上重たい時にやらないように気を付けてきたので、
葉が巻いてきたりしていないかを確認しながら行っています。

たまにカラっカラにしてしまったことがあって、そんな時は、
鉢ごとドボンの方が早いですからそうします。(-_-;)

鉢の場所は同じ位置でも、くるりと回転させてやる・・・ とか、間延びの状態があるものを移動させるとか、
水遣りの際には、ただ水を与えるだけでなく、色々観察することを心がけていますが、

雑用に忙しい時には、とりあえず水だけやって置こうとドボドボやるだけの時は、
とても楽にできますけど、その後、きちんと見てやらないと、部分的に水が行き届いていないことが
多々あったので、水遣りの際は、きちんと見ないといけません。

銀色なので、水がどこへ行き渡っているかがはっきり見えないので、
そこは気を付けなくてはいけないところです。
水遣りの頻度は、毎日マットを触り確認していますので、
何一も空けなければならない留守する場合のアドバイスはできないです。
緑色のマットよりは乾くのが遅いのは確かですが、大きな鉢を置くと早くに渇きますし、
苗ばかり置くと10日間以上乾きませんし、一概に何日間水遣りをしなくてもいいですという、
無責任な話はできません。


今日ご紹介した2種の底面給水マット栽培の使用実感は、どちらがいいかというと、
やはりトレーの柔らかさが嫌なのと、薄いマットがね・・・。
最初の緑色のマットの給水トレーは現在4個ありますが、
それ以上買い足す気になりません。

銀色のマットは、トレーとセットになって市販されている商品ではありません。
別々に買いました。
プロの園芸家の方が使っている物ですが、ネットショップで1mカット売りされています。

このマットは、どんなサイズのトレーにも自由にハサミで簡単にカットして使えます。

自由に水分を吸い取ることが出来ますが、水分が要らない時にも、
他の株と同じ状態で水分に浸かっている状態になりますので、
根腐れも起こすことがあるため、こまめに観察することは怠れません。


私の使い方の例としてご紹介すると、

水をやり過ぎてしまった株を乾き気味のマットへもって行、吸い取らせています。
給水マットですが、乾いたところでは、吸い取るという反対のこともできます。

マット栽培の複数のトレーを置いているので、水遣りの日も違いますので、
他のトレーの株で、軽くなったけれど、まだ他の株が水を欲しがっていないという場合には、
水やりしたばかりのマットへ水が必要な株を持っていき吸わせています。

乾燥気味の株だけを大量に、一気に水遣りが出来るので、
手間が省けて楽もできました。


少しでも手間を省いて沢山の株を育てて行きたいという、わたしの身勝手な望みを、
すべて満たしてくれる栽培方法ではなかったですが、

手間を掛けずに楽して美しい姿の花を見たいという
贅沢な望みはあまり持たないほうがよろしいのですよね。

手間を省けば、どこかに隙が出来、死なす株も出てくるという、
楽すると、その裏にはリスクもあるということを肝に銘じて栽培をしていこうと思います。


キメラの開花株などは、水分を多く必要とするので、昨年の今頃は水枯れに注意しながら栽培していたのですが、
マット面の湿り気に気を遣うだけで良かったので、今年の管理は楽でした。



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

リアルタイム訪問者数
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
管理人の日記 (189)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (54)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (25)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (16)
▲セントポーリア(全般) (1101)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (9)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (5)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (101)
★ 蘭 (19)
●多肉植物&サボテン (480)
●多肉植物:セダム属 (12)
●多肉植物:コチレドン属 (9)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (0)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (15)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (82)
ネックレス(トップ付) (1)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (55)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (59)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (194)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (4)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
●多肉植物グラプトペタルム属 (0)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
VERAL(ヴェルオール)の紹介

ブログ管理人が
制作販売をしています。

33333_20161019100014d92.jpg

ハンドメイドマーケット
『ミンネ』で販売しています。

『ミンネ』販売中の作品。

 出品情報

在庫一掃の為、
半額セール中!

画像にポイントを当てると
50個の作品が自由に見られます。

解析中
おすすめ
ご訪問ありがとうございます。
天気&気温
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。

おすすめサイト
同居のパートナー
IMGP61054.jpg (2016.9.12画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな仔です。
お迎え日:2012.8.20
2016.9月現在、5,100g!
手作りご飯にしてから
アレルギーが出なくなった。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い! IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。 IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い。 IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。 IMG_744911.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…

IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命3ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
ジステンパーにり患し、
4ヶ月で亡
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブログランキングドットネット

ページへ入るだけでカウントします。