▲セントポーリア:普通種『EK Malachite Orchid EK』 マラカイト オーキッド

セントポーリアに使用できる
肥料 2種のオークションはいつでも出品中です。
30-10-10の肥料は2ヵ所のカテゴリーへ出品していて、
タイトル文字が違いますが、同じものですので、どちらを落札されても大丈夫です。


↓クリックで私のブースへ飛びます。


出品中の商品はこちら
◆肥料のオークションはいつでもしています。






花の咲き方が正規のものじゃないので、
2度目の開花見てから更新いたします。



◆2016.10 バイオレットバーンより個人輸入株

EK Malachite Orchid
EK マラカイト オーキッド

普通種
ロシア作出株


こちらも”ロシア作出株”です。

バイオレットバーンへ花確認に行ってみたら、在庫切れになっていて表示されませんでした。

ネット検索しても引っかかった花がありませんでしたので、
正規の花はどんな咲方をするか、確認できませんでした。

昨年から新しく取り扱いを始めてたばかりの”ニューフェース”だったのですが、
花画像がまだアップされていなかったので、
名前にある”オーキット”と言う色は、ライラック系ですから、
花色を想像していたのですが、
咲きだした時に、想像していた花よりはっきりした色合いでとても目立つので、
たまには、このような花色もいいかもぉ~♪と思いました。

セントポーリアの花色って、単純な花色のものはなく、
このようなハッキリした花色って、ありそうで無い色だと思いました。
黄緑色の葉の色との対比も鮮やかで気に入っています。


このようなビビットなピンク色のお花は、
我が家では他にはないので、とても目立つ花色です。

DSC004109.jpg

DSC00421.jpg

全体の姿をお見せできるほど綺麗な状態ではないのですが、記録として残しておきたいので、
載せました。

外側の葉に傷がまだ残っていますが、
到着時には、元気がなくて、
育たないのではないかと植え替えも様子を見て後でしないと。。。
と思いながら年を越してしまいました。

今でも勢いが感じられなくて、花数も1本のストークから1輪のみ・・・という寂しい初開花を迎えています。
撮影後に植え替えを行いましたが、根の状態が貧疎でした・・・。
わさび茎状態で根も少なかったです・・・。
なので、根を沢山増やしたいので、
今ある外葉も3枚取り去り、新たな根を出させる為には、
”わさび茎”が古くて硬い茶色の薄皮で覆われていたので、茶色の皮を剥いて、生身を出してやり、
緑色になった状態で、少々深く植え付けました。

やはり根がしっかりしていないと株は育ちませんので・・・。
セントポーリアは底部分の根も大事ですけど、最上部に新たに根を出させることによって、
更新していく植物ですので、葉を払うことは、とても大事なことです。
茎が長くなり、鉢に入りきらなくなったら、
最下部の根部分をバッサリ3cmほど切り落としてしまいます。
そのような育て方をしていくので、最下部より、最上部の根をいつも元気よく出させていく必要があるのです。



”わさび茎” にしてしまったら、そのまま放置していると、植物は葉を取り去った跡の傷を修復しようと、
表皮を硬くしようとします。その結果、茶色く薄皮を形成してしまうのですが、
それをそのまま地上から出していると、いつまで経っても、その場所からは新根が育たず、
株姿も悪くなり、植え替えても良い結果にはなりません。

わさび茎って何?
って思われる初心者様もおいでになると思うので、過去記事にも何度か載せていますが、
セントポーリアは、外周りの古くなってきた葉を徐々に取り払いながら何年でも育てて行ける
植物ですが、その要らなくなった葉を整理する作業はとても大切なもので、
いつまでも黄ばんだ葉を付けていては見栄えだけでなく株の成長にも影響が出てきます。
常に外周りの葉に気を配り、役目が終わった葉を取り除きながら盛土をして、
葉の取れた場所から新根が出るように、
その葉を取った茎部分を乾かさないように育てて行きます。
この一連の作業を怠らなければ、わさび茎にはならずにスムーズにいつも葉を取った場所からは新たに根が伸びて、
株をしっかりと支えてくれ、株の更新を手助けしてくれます。

小さな小さな幼苗時期から、役目を終えた葉を取り払いながら盛土を繰り返して
新根を育てながら栽培を続けて行きます。


しかし、葉を取っても何もしないで放置すると、傷ついた場所は修復され、
段々茶色に変色して硬くなり、根が出ないただの裸の茎になるわけです。

葉茎を取り払う時は、きちんと取ります。
中途半端な場所でポキッと折らないで下さいね。
少しでも残っていると、根が出ないので、中央の茎はスベッとツルンとさせておきます。

わさび茎は文章にして説明するより、そのものを見ると、
”わさび” = お刺身などに使う”本わさび”そっくりな茎になるので、
”ほんとだ・・・わさびだわ・・・”って思うと思います。

切り口に、ハイフレッシュを塗るといいとか本に書かれていますけど、
私は何も塗りませんけど・・・。

葉挿しや、ストーク挿しもほとんど何も塗らずに作業してしまいますけど、
問題なく育ちますが気になる方は塗ってくださいね。




葉の色が黄緑色の品種なので、ちょっと育てにくいのかなと思ってしまいますよね。。。
私もまだお付き合い月数が3ヶ月なので、性格は把握できていません。


葉の表面に黒っぽい葉脈が見えていますが、裏側は赤くなく、
照明も、植物育成灯(蛍光灯タイプ)を弱めに当てていたのですが、
それでも中央部分は間延びしていないので、照明は弱めが好みなのでしょう・・・。

その結果花数が少ないという結果になったのだと思うのですが、
株幅20cmで初開花しているので、不充分な株姿なので、なおさらなのでしょうけど、
普通種でこのサイズでの開花は、早いと思います。
小さな不充分な株なのに、初開花しているのですから、
根さえ健康で立派に育ててやれれば、花数は多くなるのではと思います。

用土は、バットグアノ(リン酸肥料)を入れ他の粒肥料は無しで植え替えています。

用土が気に入ってくれたなら、もう少し綺麗な葉色になるといいなぁ。。。
葉裏が綺麗な黄緑色なので、クリアな黄緑色になれば、もっと花色が冴える開花株姿になりますよね。^m^

植え替えした時、
株を大きく育てるために葉を三枚取り、咲いている全ての花を取り去りました。


次回の開花を楽しみに栽培していきます。


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

テニちゃん  さんへ - red_bobu - 2017年01月29日 09:31:36

ほっこっりしたお話に日曜日の朝から笑ってしまいました。

^^

ありがとうございます。いつもコメント読むのが楽しいです。☆

そうなんですよね。
植物が好きな方は、そうなんですわ!
何も手をかけていないよ!っていう感じに育てていても、
きっと植物に対して、他から分からない何かを得ていて、
植物の性格とかを自然に対応できる環境を分かっていらっしゃるのかなと思いますね。
だから、私のグログでもよく書きますが、
私は育てられなくても、簡単に育てられる方がいらっしゃる・・・ そんな感じなんです。

私の母は、今や認知症で寝たきりで私のことなど全く分かっていませんが、
若いころは、子供のおやつを買うより、鉢花を買ってくる母でした。

育てられずに簡単に死なせる人で、めげずに何度も同じ花を買ってくるのですよ。
でも子供心に、『育てられないのに、良く買ってくるわ・・・』と思いましたわ。^^;

簡単に育てられる種を蒔いて育てる草花もダメな人でした。
母は育てるより見ているだけが似合う人でしたね。

しかし、私の花好きはその母から譲り受けているとは感じていません。

父方の兄嫁さんが、バラを庭一杯に育ててる叔母で、
小学生のころから年数回遊びに行くたびに、庭に植えてある大輪のバラの花を見るのが楽しみでした。

幾重にも重なる深紅のバラを育てる叔母に憧れて育った少女時代を過ごしていましたが、
植物の栽培に目覚めたのは、30歳後半からです。

セントポーリアの愛好家様には、男性が多くいらっしゃいますが、
私は2人の兄がいますが、花には全く興味がなく、父親もそうでした。

私の息子は2人いますが、40歳を過ぎている長男は、植物に非情に詳しく、
私の遺伝子を受け継いでいるなと感じていて、
セントポーリアは育てたことがありませんが、
的確なアドバイスをもらうことが良くあります。
専門用語が飛び交うので、ちょっとついていけないことがありますけどね^^;

実は、底面給水栽培に変更を決めたのも、
長男のアドバイスからでした。

急に私に育てられない何かが起こっても、
今ある花たちの行く末を任せられるのではとチョッピリ安心しているこの頃です。


素敵です〜(≧∇≦) - テニちゃん - 2017年01月29日 06:38:35

なんて、艶やかなセントポーリアさんなんでしょう〜(*^▽^*)♪♪

キラキラ光る、明るいグリーンの葉っぱと、
ビビットカラーの花びら。

目を引きますね〜(≧∇≦)


今日のブログを読んで、私…

私が小さい時に、母が、2鉢育てて?いた、
あの、茎がビョ〜ンって、長くなって、

その先端に葉っぱがあって、
2、3本の茎から、咲いていた紫色のお花は、
「セントポーリア」だったんだな〜(^◇^;)

って、思いました。

確かに、茎が(葉っぱが取れた跡が)イボイボっぽくて、本ワサビみたいでした〜(^_^;)


私は、ごーるでん☆さんのような、
先生に出会えたので、
大切なセントポーリアさん達を
「ワサビ茎」にはしなくて、すみそうです〜。


しかし、うちの母…。

あんなに、ほっぽりぱなしだったのに、

あのセントポーリアさん達は、よく咲いていたな〜と、少し感心してしまいました(笑)


偶然、窓辺に、置いてあったから、良かったんでしょうね〜(笑)

今、偶然か必然か⁉︎ 娘の私は、セントポーリアさんに、夢中です〜(≧∇≦)


でも、私は、シンメトリーの
ツヤツヤした葉っぱの、「あるべき姿」のセントポーリアさんの育成を目指して、
頑張りたいと思っています〜(o^^o)♪♪


母と、性格が違ってて、良かった⁈(笑)

でも、うちの母は、挿し木の名人でもありました。

ポキンと折って、挿して、ほっぽっておくだけなのに…、ぐんぐん育って、花や実をつけちゃうので、いつの間にかジャングル状態 (笑)。

でも、愛すべき母であります(^_^)♪♪


「お花好き」なところだけは、

母似だったのかな?


コメント、今日は、なんだか、
脱線してすみませんでした〜(>人<;)





リアルタイム訪問者数
ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
管理人の日記 (191)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (54)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (25)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (16)
▲セントポーリア(全般) (1101)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (9)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (5)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (8)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (7)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (101)
★ 蘭 (19)
●多肉植物&サボテン (480)
●多肉植物:セダム属 (12)
●多肉植物:コチレドン属 (9)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (0)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (15)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (82)
ネックレス(トップ付) (1)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (55)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (59)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (194)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (4)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
●多肉植物グラプトペタルム属 (0)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
VERAL(ヴェルオール)の紹介

ブログ管理人が
制作販売をしています。

33333_20161019100014d92.jpg

ハンドメイドマーケット
『ミンネ』で販売しています。

『ミンネ』販売中の作品。

 出品情報

在庫一掃の為、
半額セール中!

画像にポイントを当てると
50個の作品が自由に見られます。

解析中
おすすめ
ご訪問ありがとうございます。
天気&気温
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。

おすすめサイト
同居のパートナー
IMGP61054.jpg (2016.9.12画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな仔です。
お迎え日:2012.8.20
2016.9月現在、5,100g!
手作りご飯にしてから
アレルギーが出なくなった。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い! IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。 IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い。 IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。 IMG_744911.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…

IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命3ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
ジステンパーにり患し、
4ヶ月で亡
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブログランキングドットネット

ページへ入るだけでカウントします。