FC2ブログ

失いたくないもの・・・

今日のタイトルは、
失いたくないもの。。。

ま、欲張りなもので、沢山あるのですが、
これから話すものは、もう二度としないだろうな・・・
二度としたくないことです。・・・でも大切にしたいもの。。。


それは、

ピアスの穴


これは若い時ではなく、中年過ぎになった18年前に外科で行ってもらいました。

その当時、まだ自分でアクセサリーを作成しようと思っていなかった時期です。

もともと、イヤリングが好きでしたが、耳が痛くなるので、フォーマルな席、特別な席に付けるくらいでした。

それから2年ほど経って、自分でアクセサリーを作ることになり、資格を取って
市内のカルチャーセンターで講師をして教える身になるのですが、
デザインを自分で考え、石を仕入れて、受講生に教えるという身になって、
ピアス穴を開けていて良かったなと思いましたね。

デザインを考える時は、
自分で身に付けたいと思えるのが一番なので・・・
どんなデザインでも、ピアスからイヤリングに変更は出来るのですが、
やはり、ピアスのデザインはピアスが一番似合うのです。


ピアスは、ストレスなしで着けていられるアクセサリーですし、
穴をあけてしまうと、1ヶ月以上何もしないでいると心配になるのですよ。
塞がるのではないかって・・・

それで、何もない普通の日にも、朝からピアスは忘れず着けています。

3週間入院していた時も、目立たないピアスを病院へ持ち込んでいて、
3日おきくらいで、寝ている時だけ、使用していました。


それが、昨年の春あたりから、ピアス穴に異常が出始め、
ピアスをよく落とすようになりました。
片方なくなっても、私が作っているので、石があれば同じものを作ることが出来ますが、
ワイヤーデザインであれば無理ですが・・・。
あれは自分で作っていても同じデザインは出来ませんので・・・
とか言っても、片方無くしたものは、いまだに作っていなくて、片方だけになったままですわ・・・


穴に入れているピアスが落ちるということは、ほとんど経験したことが無く、
何で?!と思っていましたが、続けて、落としてしまうことが起き、
これはおかしいなと思い始めていました。
左側だけがいつも落ちるのです。

家の中でも何度か落として気が付くということもありました。
必ず左側なのです。

そんなことを何度もしている時、
穴が赤くしこりが出来ていることが分かり、痛いと感じるようになりました。

穴が炎症を起こしていたのです。

それがピアスを落とす原因だったことを初めて知りました。

人間の身体って不思議ですよね。

ピアス穴が拒否反応を起こし、少しずつピアス金具を外そうと押し上げていたのでしょうね。・・・
私は、朝9時ころから、夜寝る間際の11時過ぎまでピアスを着けっぱなしにしています。

不思議なことに、落とすのはいつも左側だけなのですが、
左側だけがピアス金具の金属が合わなくなったようです。

金属アレルギーを起こしていたようです。
触ると5㎜以上もあるのではと思うほどのしこりが指先で確認できるほどひどい状態になっていました。

穴付近は、ジクジクしてきて、体液が出て固まってくる・・・ ゴワゴワ。。。

そんな状態でも、ピアスを通しておかないと、絶対穴は塞がってしまいます。!

穴が塞がらないように、病院へ行かなくてはだめかも・・・と思いながら、
何か自分でできる治療はないかとネットで検索を初めて、
刺激が無い、シリコンピアスを購入しました。

家にある化膿止めをシリコンピアスの軸に塗り、穴が塞がらないように、
寝る時もピアスホールにはめるようにしていました。
寝ている6時間ほどの間も、ピアスホールを保護していないと絶対穴が閉じてしまうと危機感がありました。

外して寝てしまうと、体液がジクジク出ている状態なので、何時間か外してしまうと
絶対塞がってしまうだろうと考えたのです。

治療は一日中しなければなりませんでした。
黙っていても、ジワジワ痒みと、痛みが感じられてとてもストレスでした。
小さな穴なのに、ここまで痛みが出るとは思っていませんでしたね。。。

日中は、そのシリコンのボタンキャッチ型の軸に薬を塗って治療をして、
右側だけ石のついたピアスをするといった、生活を2ヶ月以上していた時、
ふと、金属アレルギーなのかも?と思いだしたのです。
気が付いたのが遅いですけど、
片方だけだったので気が付くのが遅くなりましたね。

ピアスフックは、昨年新しいフックに取り換えていたのを思い出したのです。
どう見ても、金属が違うと感じられたフックでしたから・・・

それで、以前使っていたものにすると、嘘みたいに違和感なく過ごせたのです。


”エッ? フックを取り替えただけで、こんなにストレスがなくなるの?!”
『やっぱりこのピアスの金属アレルギーを起こしていたんだわ・・・』


本当に不思議なくらい何も感じなくなりました。

身体が拒絶している時って、
小さなピアス穴に、0.7㎜ほどのピアスフックが通って体に触れただけで、
炎症を起こしてしまうのですね。。。


かれこれ4ヶ月以上も、薬を塗って治療してきたピアス穴。。。
この穴はなくしたくないと思って治療してきました。

ピアスは、私にとって大事なアイティム。

毎日何を着けようかと楽しみにして暮らしている身なので、今後もなくしたくない!



やっと、この頃、寝る時に外しても大丈夫と思えるように治ってきました。

しこりもほとんどなくなり、穴付近の赤味も取れてきましたので、大丈夫でしょう。

良かったぁ~

またピアスが楽しめるぅ~

酷く腫れている時もあり、二度とピアスが出来なくなるかもと思った時期もあったのですが、
あきらめずに、シリコンピアスをはめて化膿止めを塗って治療してきたかいがありました。

ホッと一安心です。

もし、塞がってしまっても、この歳になっては二度と穴をあけることはしないだろうと思っていますので、
大事にケアをしていこうと思います。
穴をあける時、私の耳たぶはとても厚くてとっても痛かったんですよ!
穴が安定する時間も随分かけましたしね・・・

もう二度とあの痛さを経験したくはありません。


ミンネで出品しているピアス金具は、すべて取り替えています。
写真はまだそのままですが、お知らせ文を載せてピアス金具の変更をご案内しております。
私がアレルギーを起こしたものは、
使いたくないので、違うものにしていますのでご安心くださいね。





******************

****************************




◆励みになりますので、ポチッとお願いしますね。^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

ランキング

全て別窓で開きます。

クリックして頂けると
励みになります。

カレンダー

日付をクリックすると読めます。

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
セントポーリアライフ(YouTube動画) (147)
2021年春出品品種のご紹介(キメラ) (2)
2021年春出品品種のご紹介(普通種) (8)
2021年春出品品種のご紹介(セミミニ種) (11)
2020年 出品予定品種のご紹介 (32)
セントポーリア:開花株のアルバム (1)
セントポーリア:ガール葉品種 (28)
▲セントポーリア(全般) (1259)
管理人の日記 (255)
熱帯魚 (119)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(キメラ) (30)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(普通種) (53)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(ミニ&セミミニ) (24)
◆◆2017年5月より出品予定品種のご紹介(トレイラー) (15)
▲セントポーリア:我が家の栽培について (16)
▲セントポーリア:植え替え&世話 (15)
▲セントポーリア(トレイラー種) (3)
▲▲セントポーリア リスト(ミニ・セミミニ種) (10)
▲▲セントポーリア リスト(普通種) (13)
▲▲セントポーリア リスト(キメラ種) (9)
▲▲セントポーリア リスト(トレイラー種) (2)
▲▲セントポーリア リスト(原種) (3)
◆チワワ (109)
ミニチュアローズ (29)
★ 蘭 (19)
●サボテン (80)
その他の植物 (17)
●多肉植物 ハオルチア属 (15)
●多肉植物 全般 (487)
●多肉植物:セダム属 (26)
●多肉植物:コチレドン属 (14)
●多肉植物:アエオニウム属 (3)
●多肉植物:パキフィツム属 (2)
●多肉植物:グラプトペタルム属 (6)
すい臓癌 (115)
苔 (1)
膵頭十二指腸切除術をされた患者の食事 (9)
◎レース編み (5)
■ミニダックス (98)
大型アレンジ (20)
プリザーブドフラワー・キット (4)
額縁アレンジ (11)
ミニアレンジ (14)
季節アレンジ (10)
母の日アレンジ (7)
ブーケ (20)
赤葉のアレンジ (3)
安上がりの壁掛けアレンジ (3)
リングピロー (8)
クリスマス (6)
茎が長いアレンジ (1)
ブルーアレンジ (6)
ピンク系アレンジ (13)
コサージュ (14)
手作りプリザーブドフラワー (16)
2,000以内で売れるアレンジ (1)
グリーン系アレンジ (1)
3,000以内で売れるアレンジ (1)
5,000で売れるアレンジ (5)
お知らせ (45)
イエロー系アレンジ (2)
様々なアレンジ (10)
メモリアルフラワー (2)
バレーシューズ・アレンジ (4)
黒いローズ (1)
その他アクセサリー (1)
バッグチャーム (8)
純銀クロッシェ (18)
ピアス (103)
ネックレス(トップ付) (3)
イヤリング (13)
キーホルダー (15)
ブレスレット(ゴム) (38)
シルバー925製品 (6)
ストラップ (0)
ブックマーカー(G) (1)
ペンダントトップ (4)
ブレスレット (10)
ネックレス (41)
ブローチ (2)
眼鏡ホルダー (8)
☆パートナー特集 (3)
★インコ用野菜栽培 (57)
★インコさんのつぶやき (43)
★インコさんの日常生活 (199)
★【動画】インコの生活 (21)
★【オシャベリ動画】 (2)
★ボタンインコの生活 (5)
★産卵 (143)
★手作りインコ用おもちゃ (30)
★パティのダイエット日記 (8)
彫刻 (3)
育雛日記(2011&2012) (43)
グローブホルダー (2)
14KGF (23)
カトレアのアレンジ (1)
その他のアクセサリー (4)
ゴム仕様リング (1)
食道がん (12)
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア

当日&前日の訪問者数

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
プロフィール

red_bobu

Author:red_bobu
北海道在住。私のブログは、2つのブログを合併しているためたくさんのジャンルがあります。お引越ししたブログの画像が消えている場合もありますので、ご了承くださいませ。
◆YouTubeで『セントポーリアライフ』を投稿中です。
ブログのカテゴリのトップに置いています。

ご訪問ありがとうございます。
解析中
おすすめ
おすすめサイト
同居のパートナー
IMG_20200114_065359_20200620185032790.jpg (2020.4月 画像更新) ちくわ(♂)チワワ
2012,4.22生まれ
”ハイオンタイプ”で、
とても大きな男の仔です。
お迎え日:2012.8.20
◆我が家の6頭目
2021.3月現在5,800g!
太っている訳ではないのです。
2017.11月より療法食開始!
アレルギーを持っている。
臆病で大人しく、優しい性格
得意技 : 超早食い!
弱点 : 硬いものが苦手
犬用ガムが噛めません。…

DSC026260.jpg シェリー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え
我が家の9羽目で最後のインコ。
そばにいると覚えている言葉で
話しかけられます!
いつも、YouTube動画の
”セントポーリアライフ”で
お騒がせしております。<(_ _)>
検索フォーム
☆天使になった仔達

ありがとう!
忘れないよ。いつまでも…
◆ブログ投稿がある見送った仔達◆

IMG_01940.jpg エディ(♀)2011.10月生まれ
飛ぶことが苦手…
毛引きが治りつつあります。
8歳2ヶ月 2019.12.30亡
IMG_646300.jpg ルリコシボタンインコ
ルリ(♀) 2008.11月生まれ
鳴き声が大きくお転婆
一日中ケージ内のおもちゃで遊ぶ。
9歳2ヶ月 2018.1.24亡
IMG_77980.jpg ピット(♀)2009.5月生まれ 
オスと同居経験がないのに
115個の産卵経験あり。
換羽期に体調を壊すことが多い仔でした。 8歳2ヶ月 2017.7.28亡
IMG_82890.jpg クッキー(♂) 2012.10月生まれ 2012.11.16 お迎え、トレードマークは、頭の逆毛! おしゃべりは、発音が良くないが少ししゃべりました。 2歳4ヶ月、2015.2.28亡 IMG_775200.jpg ホビー(♀)2009.5月生まれ
一度も産卵しなかった。
5歳5ヶ月、2014.10.30亡
IMG_600801.jpg ソフィ(♀)2009.4月生まれ
気が強く、ナルシスト
5歳2ヶ月で2014.5.31亡
12345.jpg ロン(♂)ミニダックス
1998.11.3生まれ
15歳16日で亡(2013.11.19亡) 
11100.jpg ボブ(♂)ミニダックス
1998.5.28生まれ
13歳5ヶ月死去(2011.10.29亡) 
IMG_996200.jpg パティ(♂)セキセイインコ
おしゃべり上手で
長いお話でもすぐ覚えて
くれる仔でした。
2009.3月生まれ 2歳6ヶ月で亡
2011.10.28亡

IMG_1324_201311221010520e7.jpg なな(♂)セキセイインコ
2009.3生まれ、2009.5亡

7800.jpg ラリー ♂ シェルティー
1989.7.8生まれ、2005.6.7亡
5歳で癌の手術後、100%転移、余命2ヶ月と言われるも15歳11ヶ月で亡
------------------------------★
チャッピ ♀ ポメラニアン
2006.5.20亡(推定18歳で亡)
警察の拾得物で保健所送りになり
殺処分二日前に引き取り
14年間育てる。
ジステンパーに罹って捨てられた
ようで発作が多発し薬を飲んでい
ました。

IMG_611800.jpg パピ (♂)パピヨン
1998.5生まれ 1998.9.20亡
極小さく生まれ片手に乗る程小さく
チャッピのジステンパーが移り、
4ヶ月で亡
治っても、移るようですね。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示